先日キャリイ(軽トラ:DA63T)のオイル交換のことを書いたときに、この1年間の平均では月に150Kmしか走っていないことを認識した。仕事にとって結構重要な役目は負っているが、ハイブリッドの効率に負けているのである。もうちょっと有効活用したいと思う中で、そうだキャンピングカー化はどうだろうと思い始めている。
 ググると様々な先人たちの工夫に出会えるが、1.4m×1.9m(高さ1.8m)という空間を荷台の上で確保できるので、漂泊の旅用には十分使える。百姓がどれほど漂泊の旅を行えるかには疑問があるが。しかし、最近はなんでも自分で作るようにしているから、軽トラに載せる小さな家を作るというプロジェクトはかなり面白そうである。もちろん、本来のトラックとして使う際には外しておくのだ。計画設計期間も考えると、今度のシーズンオフに間に合うかどうかはわからないが、早速検討を開始した。カタチから入るという私の面倒な性分のせいで、以前から時々使っていたsketchupというgoogle謹製の3Dソフトを使って計画するので、それ自体の理解と勉強から入るから結構時間は掛かりそうだ。
 ちょっと残念だったのは、少し前から考えていたにもかかわらず、先日のキャンピングカーショーに出向かなかったことだ。行っていれば色々ヒントはあったはずだが、それはネットで情報収集して補うことにしよう。

0209軽トラキャンパー見本

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。