今朝起きてみると、夜中ずっと水を出していたが4号の3分の1程度しか水が溜まっていなかった。水量はかなり多いはずで、田んぼ全体で平均しても6cm、4号の半分の面積で割ると30cmにはなるはずだから、すごい勢いで水を吸っているわけだ。

04074号完了

 とにかく泥をこねないことには水をどんどん吸うから、1~3号に溜まっている水を落とし、川からの水を直接4号に入れて様子を見た。しかし、一番広い田んぼなのでなかなか水は優勢にならない。溜まっているところを終わらせたあとは境界領域を狙って作業を進めていく。結局3時間位かけてようやく殆どが水没した。後半は代掻き用具を使って走ったので均平作業もかなり進んだ。

0407継ぎ手破損0

0407継ぎ手破損


 しかし、そのときにトラブルが発生した。本来の持ち場から外して4号に直接入れたホースをつなぎ戻すためにポンプを一度止め、再起動したら水が出てこない。電気的な故障かと思ったが、メーターの回転盤は回っている。川の方に降りてみるとパイプの継手部分が外れていた。傍に行ってよく見ると、外れたのではなく継ぎ手が破損していることがわかった。そのあたりは、塩ビ管が崖を駆け上がるところで、ONOFFの際のショックで疲労骨折したものと思われる。一応継ぎ手を1個増やして無理なく接続した上でロープで緊結しておいたが、1シーズンは持たないかもしれない。古いポンプについていたサクションホースを使ってやり直そうと考えている。
 今日は一日合羽を着て作業した。代掻き作業に雨は問題ないのだが、その後の配管修復作業は雨はかなり困る。崖の上下・中腹での作業だったので何度も滑りかけた。それに、長靴の中に今年はじめて山蛭が入ってきていた。雨が降って気温が上がったので出るだろうとは思っていたのだが。秋の彼岸頃までヤツらとの戦いが始まる。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。