0509タケノコ

 今シーズンはタケノコの出始めがかなり遅かった。いつもだと3月の後半には出てくるのだが、今年は4月中頃からようやく採れ始めた。そして、例年とは違いイノシシにはあまり食べられていない。シカなどは食べているようだが、イノシシと違い壊滅的な状況にはならない。絶対量としては減ったようにも思うが、イノシシにやられないのでとても豊作と感じるのである。今年のタケノコは外れだという話がいろいろなところで出ていたが、うちの状況を見るとスタートが遅かったということのように見える。そして、遅れるうちにイノシシは他に獲物を探しそちらに移ったというのが今年の好調の背景にあると考えている。
 タケノコは、うちの他に木更津の提携農家さんのうち一軒が出したが、安めにしていることや毎年の評判の積み重ねで、実によく売れる。2軒のピークが重なったときは流石に売れ残りが出たが、あとは完売。他の野菜もタケノコに引っ張られて完売である。考えてみると、うちの直売所の発端は採れすぎたタケノコをなんとかしようというところにあった。それが2009年、8年経ってもまだ続いているわけだ。
 まだ出るかもしれないが、気温が上がってくると伸び具合が甚だしいため、1日掘らないと竹になるという感じだ。まあ、来年の竹やぶの充実も考えなければならないし、田んぼの方に迫ってくるもの以外は終了とした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。