0506犬姫たち

 月曜と火曜に犬姫様を預かり爺やを務めるようになってから1年半が経過した。いまも相変わらずだが、子犬の頃から比べると知恵が付いて結構人間臭く、やり取りや駆け引きがずいぶん面白くなっている。飼い主(娘)の仕事が休みの祝日で来なかったりすると、ほっとする反面物足りない一日になってしまうほどだ。私に対してはいつも偉そうだが、外に出るととても臆病でおとなしい性格だ。GW中も農場にやってきたが、今回は大きさも歳も小さいもう一人の犬姫がいて、ずっと追いかけられて困っていたのだった。



 昨日の散歩の途中、犬姫は道端にいる蝶を見つけた。アリでもクモでも、ダンゴムシでも怖がるのだが、初めて見る蝶々も当然怖がっている様子。こわごわ手を出すが、さわれない。こんなことを約10分続けたあと、ついに動きがあった。少し弱り気味だった蝶が飛び立ったのだ。犬姫はあとを追い、その勢いでついに足で叩いた。そうなると勝負は簡単についてしまう。致命傷を与える前に引き離したが、手遅れだったかもしれない。



 そのあとはなんだか得意そうにしていたが、怖がりはなおりそうにないなあ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。