0520猪の掘り跡

 ちょっと前のタケノコ・ラッシュはイチゴ・ラッシュに変化しており、竹やぶに降りることもなくなってしまった。写真は撮っていないが、田んぼの奥にタケノコの皮が散乱しており、どうも柵の中にイノシシが入った形跡があった。そこで、柵の向こうの竹やぶの様子を見に行くことにしたのだ。
おそらく当分行くこともないと思うのでカミさんにも声をかけて二人で降りていった。

0520皮散乱

 我々が掘っていた時期にもイノシシの痕跡はあったが、今日はかなり多かった。自然薯でも掘ったんじゃないかという深い穴もあって、皮がいっぱい落ちていた。どうやら我々が掘るのをやめたあとイノシシが本格的に掘り出したらしい。ただ、竹になってしまったものも例年より多かったから、今年は結構タケノコが多かったのではないかと思う。うちの竹やぶはかなり荒れているので、新しい竹が増えるのはいいことだ。しかし、竹やぶと田んぼの境界領域に新しい竹が増えているので、竹の侵入を防ぐということも考えていく必要がある。

 ところで侵入箇所だが、金網の下を掘って穴を開けたものだ。大きさからみて中型よりも小さいイノシシが入ったようだ。トタン板とプラスチックパレットで穴を塞いで様子を見ることにした。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。