先日、huawei media Pad M3 のSDカードエラー頻発で修理を依頼したが、これについては戻ってきてからも一度同じエラーが発生したため、新しいSDカードに交換して様子を見ようと注文したところだ。このようにちょっとグレーな状況だが、同じメーカー(huawei)製のnexus 6Pの電池交換を依頼してみた。
 感覚的には、持続時間も充電時間も新品のときの半分近く(はちょっと大袈裟か)まで落ちていたものだった。その主原因は ingress というスマホ片手に街をうろつきまわるゲームで酷使したからだった。
 サービスセンターに送って3日目くらいに見積が届いた。大体7000円、電池だけでなく表のカバーは交換らしい。それにしても、ちゃんとした純正の電池に間違いはないからすぐに交換依頼。その翌々日には戻ってきた。現在再チューニング中だが、100%にして眠ると翌朝90%台を保持という以前の状態に戻ったように思う。これで寿命は少し伸びることになった。3台のandroid常用端末のうちnexus 6P以外の2台で1週間弱やっていたが、どうもnexus 6Pが一番肌にあっているような印象を確認した。サイズ感かなあ。

0522消費電力調整中


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。