今年は田植えの直後にクスリを使ったので、例年に比べると草の勢いは強くはない。それでもしぶとくコナギが芽を出しており、これまでも目につくと自作草取り道具を手にして田んぼに入っていた。そろそろイネのそばを踏むと根を切る感触が出てきたので、今週が最後という気持ちで後半は田んぼに入って草を取っている。

0701田んぼ

 4枚の田んぼのそれぞれで草の出方は異なっていて、2号はほとんどなくて3号は結構出ている。1号と4号は場所により出具合は色々だ。草退治といっても取り漏らしはあるし、これから先大きくなることもあるだろう。まあ、これまでの状況を思い出せば圧倒的に楽である。田植えのあとに早く活着させようと肥料をやったので、イネはこれまでにないほど元気に育っており、草取りも楽だった。。道具がイネにあたっても固くて折れにくく、折れてもすぐに立ち上がる感じだ。

0629草とり道具1

 一応道具も使い納めとなるので、来年の使用に備えて最後に一部改良を施した。基本は以前記事にしたとおりで、アルミのパイプに針金を取り付けているのだが、最近はノコギリの刃をつけたりしていたけれど、クスリの効果でコナギも少なめなので、シンプルな針金バージョンに戻して作り直した。最終的には3mのパイプに、片側は2本の針金、もう片方は1本の針金で金具を作っている。今しがたテストしてみたが、なかなか良好だ。このあと、コナギがあまり大きく育ってきたら、手で退治することになるだろう。

0701草とり道具改良

0629草とり道具2


参考:昨年同時期の田んぼは草ぼうぼう
0701去年の田んぼ


0701去年の田んぼ2



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。