今頃の仕事は殆どが草取りで、どこをやるかが変わるだけ。今日はサトイモ畑(借り畑)だった。うちの方のサトイモ畑は水曜日に終わっているので、サトイモ関係は一段落だ。しかし、畑の中は酷いものだが、2週間ほど前に刈払いした電気柵の足元の草も驚くほど伸びていた。

0714satoimobatake 1
   まず管理機で畝間を耕耘し、そこの草を取って土を柔らかくする。あとは手作業

 借り畑の方はタネ芋を植える場所にモミガラを入れてあるが、畑の4分の1ほどはモミガラを敷き詰めたようになっている。その場所は草が少なく、その上に軽く抜ける。根も張っていないらしい。肝心の里芋の穫れ具合にもよるが、モミガラをどんどん畑に入れるのはいいかもしれない。ジャガイモ畑でもモミガラ散布は有効だったし。この前のシーズンオフは、軽トラ20台分くらいはモミガラを取ってきたが、次の冬はさらにそれを増やすことにしよう。

0714サトイモ畑2
  株間の草は手で取り土を寄せる、二人がかりで4時間ほど
  シャワーを浴びたように汗が出たな


(追記)
サトイモ植え付け時のモミガラ利用については、当BLOGへの啄木鳥さんのコメントで教えていただいたものです。次の記事のコメント欄をご覧ください。

サトイモの保存 

モミガラ取り:今シーズン最後かも 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。