0719上の水栓2

 大多喜町会所のヒメハルゼミさんたちの判断よりも10日ほど遅く梅雨明け宣言が出た。梅雨後半の乾燥状態で野菜はカラカラ、特に水が好きなサトイモはかわいそうである。何年か前の渇水の夏には、サトイモ自体も弱った上にイモムシが着いて大変なことになったことがあった。昨夜の(東京や横浜の)大雨には期待したのだが、農場のエリアでは残念ながらお湿り未満で、状態の改善には至らなかった。普段は露地野菜に水はやらないのだが、今年は特別に野菜に水をやることにした。
 ナス・キュウリ・ピーマンなどの夏野菜は、水が行っているハウスの周りにあり数も知れているので、現状で水やりに問題はない。困るのは上の畑のサトイモだ。上の畑の端には池を作ってあり、ここにはソーラーポンプが水を汲み上げているが、地面より下の池からは汲み上げにくい上に藻が繁茂していているのでこのままでは汲みにくい。このため、水の出口のパイプに細工をしてみた。

0719上の水栓1

 出口にチーズを取付け、その先には点検口を取付けた。そして上向きのパイプを取り付けてみた。平常時は点検口を開けておくのだが、これを閉じると上のパイプから水が出てバケツに貯まるというわけである。今日の夕方は、ここから300L程度の水を取り、サトイモにやってみた。この畑の横では水が大事な人参の種を蒔いてあり、そこにも沢山やっておいた。一株あたり2~3Lだから十分とはいえないが、今週はこのように何度か水撒きをすることにした。

元の水出口はこうなっていた
0719元の水出口


0719サトイモ害虫

 ところで、1匹だがイモムシを発見した。このまま乾燥状態が続くとこいつが増えるはずだ。このほかに、玉虫色の甲虫も何匹かいて葉っぱを食べていた。まあ、見つけて手で取るしかない。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。