今朝の冷え込みが厳しいというので、昨夜はハウスに行っている用水の水を抜いたり、度々破裂した外便所の配管の水抜きをしたり、対策は色々やっておいたのだが、やはり霜が降りてあたり一面が白い世界となった。
 今日は農作業優先日なので、カミさんのイチゴ移植を手伝っていたのだが、表の道を歩くご近所さんから、「サトイモはなんとかした方がいい」とのアドバイス。まだ大丈夫という気もするが、心配してくれた上でのアドバイスだからここは応えておこう、ということで午後から借り畑に出かけてサトイモ掘りを行った。

1122借り畑のサトイモ
  霜が降りると葉は一気にしぼんでしまう

 とはいうものの、色々立て込んでいるので掘っても後処理ができない、なので掘るのは3分の1程度に留め、残りは土をかけておいた。これで年内くらいは大丈夫だろう。今日は120Kgくらい掘ったと思う。

1122サトイモモミガラ栽培

 ところで、今年の借り畑のサトイモは、モミガラにくるむようにして栽培をした。経緯はここに書いてあるが、このBLOGを訪ねてくださる啄木鳥さんに教わった方法だ。前回、借り畑の里芋をほったときにはあまりメリットなどを感じなかったのだが、今日掘ったイモはきれいで掘ったあとの手間もあまりかからない感じだった。どうやらモミガラが少ないと普通と変わらない結果になるらしい。教えていただいた際には洗面器1杯くらいとのことだったが、うちの粘土質の畑ではバケツ一杯くらいは必要なのかもしれない。来年も引き続きトライしてみるつもりだ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。