1126格納状態

 作業は内部の造作に移りつつある。軽トラキャビン上部の収納スペースや、そのあたりの外壁、軽トラのリアガラスと見合う窓などが残っていたので、軽トラから降ろした。降ろす作業の時間を測ったら、なんと50分。慣れればその半分くらいにはなりそうだ。さすがに仕上げが進んだので重くなったようで、仮受けするジャッキの高さが3cmほど下がってずれていた。軽トラキャリイくんは、来週は残っているサトイモ掘りやモミガラ運搬にあたるので、残りの内装工事は降ろした状態で行うことになる。

1126キャリイくん次はモミガラだ


1126クランプ取付部

 ところで、台に移す際に仮受けする単管パイプ+ジャッキだが、エスカル号側は2×4の柱に取付けた垂木クランプを使っている。この取付がかなりヤバイ。色々な制約から柱の端ギリギリに穴を開けてボルトで取り付けた。ここがアキレス腱だと思っていたので、鉄のプレートを買ってきてその部分をカバーした。これで一安心。ただ、取り付け後の写真を撮り忘れてしまった。羽目板の裏側なんだよね。


1126車内の造作はまだだよ

 モミガラ取りや燻炭作りの合間に作業は続けるが、やはりアマゾンで買ったアクリル板が中国から届くのがクリティカルになるようだ。amazon+china post は、苦労している人も多いようで、探すといろいろな経験が書かれている。Time is money.と書いてあるところもあった。まあ、そうだよね。今回、400×400 2mm厚のアクリル板を8枚頼んだが、普通に国内で買うと倍はするんじゃないかな。窓はどれも30数センチ角なので、サイズがぴったりだった。大きいサイズでも2枚しか穫れない、という具合にロスが多いんだな。来週中にはとどくというので、信じて待つしかない。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。