やればやるほど訳がわからなくなり、相当に手強いことがわかってきている。今日は祝日で犬姫を預かるという仕事から開放されたし、午後は配達もなかったので、伊勢佐木町の有隣堂に出かけていった。この、横浜では名門の書店に出かけていったのは20年ぶりとか30年ぶりという感じだ。西口のダイヤモンド地下街の店(近況はどうなっているのだろう)には通勤帰りに寄ったことはあるけれど、それも10年以上前になってしまっている。

0212参考書0

 しかし、さすがは名門店だ。探しに行ったCentOS関連の本は7~8冊はあった。「この分厚さは伊達じゃない、圧倒的情報量」という帯の釣り言葉に引っかかり一番厚いやつを購入。まあ、本気でLINUXの基本から学ばないと駄目だろうと痛感したわけだ。やっぱりセキュリティの関係が半端じゃなく複雑になっている。

0212参考書1

 そんな具合だから、先週はインターネットに開放していたテストサイトも現在は閉じている。この先、LINUXが分かったらWEBサーバーを立て、WEB。ページを作れるようになったら次にXoopsに移り、というプロセスで進めていく。大抵の場合、工程表的なものを書いてからそれに沿って進めるのだが、今回はそうはいかないだろうな。

0212伝統的な袋

 ところで、有隣堂では巫女さんのような店員さんが、昔から続く紙袋に(二重)本を入れてくれた。カバーも丁寧にしてくれた。こんな買い方は久しぶりだったな。Amazonよりずっといいぞ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。