raspberry PI(ワンボードPC)から古いサーバーマシン(core2duo)に変更してトライし続けたが、なかなか準備段階から抜け出ない迷路に入りこんだような状態に陥った。インストール後の設定途中でおかしくなる状況が発生して、ラズパイ2回とサーバーPC3回、合計5回インストールし直した。これは長期戦だ。どちらかに置いたままま毎週の移動をすると空白の時間が生まれるので、結局手持ちのintel スティックPCをLINUXマシンにして、その中にサーバー環境を作ることにした。小さなPCだから横浜にも持っていける。常にいじることができるわけだ。これは一応出来上がり、サーバーインストール中である。
 もう一つ、インテルスティックPCのUBUNTU版も買ってみた。ところが、昨日到着して初期設定をやったら、何か異常があったらしく、いわゆる初期不良で返品、買い替え分が本日到着した。これも先ほど初期設定してみたが、一応動いてはいるものの少しバージョンが低い。また、サーバー用のアプリケーションもインストール出来ない。これについては、CENTOS版が仕上がったあと、新しいUBUNTUかCENTOSに入れ替えることにした。
 それにしてもLINUXの複雑さは半端ではない。ようやくコマンドもわかってきたし付き合い方も前よりはわかってきたが、それでもメモに書いておかないと忘れてしまう。そのあたりが昔との違いだな。まあ、毎晩やっているので少しは様子がわかってきたんだが。

0220IntelスティックPC
右はcore m3 メモリ4GのまあまあのレベルのPC、左はスペックはちょっと貧弱でLINUXでしかつかえないかなあというやつ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。