田んぼには、下の川からポンプで揚げた水を入れている。10年の間には何度も問題が発生して、ポンプや配管も何度も替えている。現在はVU40とVU65の2系統で水を配っているのだが、大雑把に言うと6割ほどがVU65で一番上の1号に入っている。残りはVU40からだが、これは出し口を1号2号3号に用意して、田んぼの状態で選べるようにしてある。ただ、4号用の出し口がなく3号から落ちてきた水のみが入るようになっている。

0323緊急配管

 普段というか落ち着いてからはこれで問題はないのだが、困るのは最初の注水のときである。起こした田んぼは団子状の泥が転がっており、水は吸われてなかなか溜まらない。かき混ぜ細かくしてトロトロにしたらようやく溜まってくるのである。このときだけは広い4号に一気に水を入れる必要が出てくる。毎年、余っているパイプをかき集めてつなぎ、1号のVU65から4号まで水を降ろしてくる。今年は余っているパイプが少なかったので、竹藪から使っていない古いライト管(75)を切ってきて使った。ただ、20mを超えるパイプを上まで引っ張り上げた際に腰に痛みが走った。当分機械作業に特化しないとダメそうだ。今シーズンが終わったら、4号への出し口を作るようにしよう。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。