0523いちごの収穫

 昨年秋からカミさんがじっくり育てていたイチゴは、ゴールデンウィーク前から採れ始めていた。昨年はGWに集まった親戚にはほとんど行き渡らなかったから、他のいろいろと同様例年より10日位は早かったのではないかと思う。今年は茎葉の成長よりも花が早く、採れ初めの頃はちょっと心配したが、それは杞憂に終わってどんどん採れていた。ピークは先週だっただろうか、1週間の収穫量は10Kgを超え15Kgほどにはなったと思う。今週になって、実が減っている割には葉が増えたため、とても大きな実になっているものがある。
 
0523巨大イチゴ

この写真は、昨年追加したドルチェベリー(サントリー)の実で、とても立派である。重さは53gと、通常のイチゴの3倍位はありそう。カミさんはこれを増やしたいらしいが、ランナー(別れた枝で先に移植用分身がつく)が出ないらしい。

0523イチゴ

 かすかな記憶では、いちごの栽培は5年目に入っている。最初は4~5株を植えたのだが、それがどんどん増えた。無農薬でも病気は出ないし、実が地面についているとアリとナメクジがつくくらいで、大きな問題はない。と思っていたが、今年は最初にハクビシンが食べに来た。しかし、電気柵で撃退した上に箱ワナで捕まえた。という具合で、うちの初夏の名物となりつつある。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。