2棟あるハウスは、次第に1号が私で2号がカミさんという分担になりつつある。1号のメインであるプリンスメロンが私の担当、2号のメインのトマトがカミさんの担当だから、ハウスの分担もそれに倣っているわけだ。当初は連作障害を気にして入れ替えていたが、大して問題がないので、用途は固定化してきている。

0624メロン

 1号ハウスは、地植えのプリンスメロン(棚で空中栽培)は棚の最上部に届き始め、実も付き始めている。今回、下の方はできる限り絞って整枝したのだが、上の方は早くも混乱をきたし始めている。ああ、今年も自然のままだろうか。

0624プリンスメロン4台連結

0624プリンスメロン3株

06241号のトマト


 養液栽培の方は、3組の装置を溶液を入れて稼働させ、メロン棚からとった脇芽などを挿して発根待ちだが、メネデール+GS酵素溶液よりも培養液に挿した方が根の出具合がいいようだ。最初のうちは脇芽を挿していたのだが、ここへ来て親づるの上を切り始めたので、太い立派な挿し芽の根が出るのを待っているところだ。

0624ハウス1号の棚

 この中に先々週棚を作ったのだが、これがとても具合がいい。実はこの棚、もう使わなくなった田植え定規を置いて、それに棚板を打ち付けた簡易なものだ。しかし、もとの定規がしっかりしていたので十分使えるものになった。陽が当たると暑くなるのでそれでも大丈夫なものに限られるが、納屋や玄関まで取りに行かなくて済むのはありがたい。

0624ハウス2号内部
 
 2号ハウス内の様子だ。さすがにトマトは生育が早く、すでにジャングル化しそうな雰囲気が見える。ここへ来て天候不順となり、なかなか赤くならないけれどすでに結構な数のミニトマトは出来ている。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。