先日、目に異常があったことを記事として書いたが、その後いろいろ対策を講じた結果ある程度回復しているので整理しておこう。
 私の場合、かなり以前から加齢黄斑変性症という持病を持っていて、右目視界の中心部が歪むという異常があったが、症状は比較的固定していた。この病気はこれまでのところ回復のための有効な手段はあまりなく、例のIPS細胞活技術の進歩くらいしか期待できないので、だましだまし付き合うという感じで対応せざるを得ないのである。

0819ひどい眼鏡
  最近はこんなになるのは珍しい/眼鏡屋さん

 幸いなことに娘が眼科医で、2016年1月に開業した際に診てもらったことがあったのだが、最近になってメガネを作り替える必要が生じて再度診断を受けたところ、少し進行しているのではないかということが判明した。実は、私自身も見え方が悪くなっていることには気づいていたのだが、ドクターさんからは一度注射を打ってみようという話があり、そうすることにした。その注射というのは、病期の進行を抑えるものであり根本的な治癒には至らないのだが、状況により効果には差があるので様子を見ようということらしい。
 翌日、眼科に行って術後チェックしてもらった。その時点で自分自身としては効果を感じていなかったのだが、網膜の断面から見る限り効果がありそうというので、帰ってから異常のないメガネ(老眼鏡)を使ってみたところ、ちょっと前の状態には復帰しており、画面の文字などもはっきり見えていることがわかった。今回の異常発見のきっかけとなった眼鏡の不具合(コーティングの剥がれは更に進んでいたのである。

0819前掛けサングラス
    前掛けサングラス、意外に効果あり


0819洗浄機
    


0819眼のサプリ

 そしてその後、新しいメガネが出来てきて状況は大きく変化した。眼鏡だけでなくいろいろな対策をとったことも奏功していると思われる。まず、メガネについては超音波洗浄器を買った。今まではダイソーの洗浄液を使ってマイクロファイバーで掃除していたが、もしかすると洗浄液が強力すぎるのか、農作業で汚れる頻度が多すぎるのかはわからないが、コーティングのハゲ(剥げ)という事態になったのだった。次は生活パターンの変化である。ディスプレイを長時間見たあと、ぼやけたり歪みが増えるという自覚はあったので、1年間続けていたゲーム(township)を引退した。それからPCもタブレットもすべて夜間モード(ブルーライトカット)にした。それから車に乗るときや屋外作業の際に使うサングラス(前掛け型)を購入して使うようにしている(ブルーライト+紫外線カット+偏光)。それに加えて眼のサプリをのみ始めた。今使っているのはボシュロムのプリザービジョン2(試供品)だが、何だか効くような気もしている(?)。
 以上の相乗効果で、だいぶ目の状態は良くなったように実感している。ただ、前に書いたように加齢黄斑変性症自体は、現時点で回復は難しいから当分様子見は必要だ。しかし、眼に異常はあっても体(脳?)が自動的に修正しているので、視ている画像が歪んだりすることを実際に感じることは殆どない。脳が劣化してくるとそうも行かないだろう。一番困るのは運転ができなくなることで、現在の生活の基盤が崩れることになってしまう。改めて眼を大事にしていたわるということを実践していくことにした。
 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。