これまで、電源についてはG&Yu M31MFを積み、ソーラーパネルで充電、走行時には車の発電機からの充電を併用する方式を採ってきた。ただ、このバッテリーから直接出力するとなるとなかな管理がし辛いので、実際の出力(AC/12V/USB)は充電量を%表示してくれる Anker Powerhouse をつなぎ、それを利用していた。Powerhouseの充電は、減ったときにアイソレーター(実質はM31MF)からマニュアルで行う。
 ただ、2人宿泊が多くなりそうなので、夜間の電気毛布使用も2セットとなることから、先日のブラックマンデーで1万円引きになるpowerhouseを狙っていた。しかし幕が開けると、同時に SmartTAP の PowerArQが48,600円(25%引き)となり、何しろ公称容量は PowerHouseの5割増しだからこちらの方に飛びついた。
 ただ、購入後満充電にしようとアイソレータ経由でG&Yu M31MFにつないでしばらくしたら、なんとM31MF の電圧が10V台に下がっていた。なので、そちらのバッテリーがだめになった可能性もある。まあ、2泊程度の使用パターンでは、M31MF に頼らずとも PowerhouseとPowerAQの2台あれば十分なようにも思う。次の利用時によく確認してみよう。

1223PowerPack

生活感がにじむ写真だが、キャビン上のスペースに電気関係を並べている。左からアイソレーター、インバータ2台、ACアダプタ、Powerhouse 、 PowerArQ。 ソーラーのアダプターは左側の壁(撮影範囲外)

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。