本格的な冬になってきたので、3号田んぼのほうれん草に防寒対策を施した。3号田んぼは、2号田んぼからだいぶ遅れてタネを播いたので、聖護院カブ・小松菜・チンゲンサイ・タアサイのいずれもやっと発芽したという感じだったが、一番寒さに強いほうれん草は、まだ大きさはさほどでもないが、ほぼ完全に発芽しており、これからの寒さに打ち勝って育つことを期待している。

0110ほうれん草防寒

 防寒対策にも色々なやり方があるが、3号田んぼ内にはイナワラを積んであったので、これを畝間に敷き並べてさらに燻炭を根元にまくことにした。その前に間引きもして肥料やGS酵素も撒いたので、午前中いっぱいの作業となった。

0110藁を干す

 イナワラは、単に土の上に並べただけだたので、乾いているのは一番上のワラだけ、下の方はかなり湿っていた。現在作っているトラクターゲートは、これから屋根・壁・床を装備してワラや燻炭を入れる予定なので、ワラを積んで乾かすことにした。一応、2つの方法で積んであるが、うまく乾くだろうか。

ワラの中で冬眠していたらしいカナヘビ、堆肥置き場の落ち葉の中に放した。
0110冬眠中断


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。