換気扇を取り付けた水曜日はカンカン照りで、ハウス内の温度も40℃以上に上昇したが、その後天気が悪かったり小旅行に行ったりで、テストができない状況が続いていた。本日は快晴で一応テスト日和。朝から計測を始めた。ただ、外の気温が10度位からなかなか上がらず、ハウス内の温度も午前中は30℃以下をウロウロしていた。
 14時に37.2℃に上がったのでファンを回したが、効果は顕著で
   開始時  37.2℃
   5分後  34.1℃
  10分後  31.1℃
  15分後  29.6℃
  20分後  29.2℃
  というペースで低下した。
しかし、そこでファンを止めてもまだ下がり、30分後に28.2℃、40分後に27.6℃と更に下がった。どうやら午後2時以降になると温度上昇はないのかもしれない。
 ソーラーを使うつもりだったが、これであれば30度を越したらスイッチを入れて、2時頃には止めるという運用で大丈夫だろう。手動管理になるけれど。少なくとも苗を作る4月前半くらいはそれでよし。ハウス2棟にソーラーを導入すると、100Wのパネルが4枚で5万円、コントローラー(1.2万円購入済み)、バッテリー(1.5万円)、架台用単管パイプ(1.5万円)、9万円強のコストがかかるが、この状況ではそこまでする必要はないようだ。

0324温度計測


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。