前の(7)コメ作りは、節目の時期や収量などをまとめたものだが、今回はその続編だ。もっともっといろいろなことがあったので、その辺をまとめてみよう。

0408田んぼ造成中

0408工程表

 
2009年(始まり)
 この年の2月に現在の農場に入居した。前年末で定年を迎えて会社に再雇用してもらいながら、半田舎暮らし&農的生活を始めたのである。このあたりは戦後の開拓地で、当初入植した方は高齢となってこの農地と田舎家を手放し、次に7年ほど所有した方は農地を使わずに草を刈る程度だったから、次の私が入ったときには田んぼも畑も既に姿を消しており、最初からの出直しという感じであった。3月末に12日ほど休みが取れたので、その間重機を借りて草原となっていた緩斜面に一気に棚田を作った。はじめての田植えは、本当に手探りで手植えだった。でも、米がちゃんとできた。この年の暮れに、再度ユンボを借りて田んぼを拡張した。(1320平米→1923平米)

2010年~2013年(ケモノ対策)
 最初の年は、周りもろくに囲わず出入り自由でやっていたので、植える前や植えたばかりの苗を鹿に食われるという被害があった。しかし、それはほんの始まりであって、イネ刈りの時期にはイノシシが入り、1割ほどだったが被害にあってしまった。このケモノ対策は2012年まで続くのである。翌2011年には山側(西側)に電気柵を設置したが、イノシシはそれでも自由に入ってきて、この年の被害は結構酷いことになってしまった。2年目にしては結構穫れた2010年の600Kgの2割ほど、130Kgしか穫れなかった。ロケット花火で追い払うという対策も始めたが、柵をガサゴソするような音を頼りにぶっ放すので効果は大したことはなかった。こちらが眠ってしまえばそれもできない。

0408フェンス
 
 2012年は、ケモノ対策が一定の効果を顕すようになった年である。一番大きな要素はパレットによるフェンスの構築だ。パレットとは、荷物を載せてフォークリフトで運ぶためのパネルである。横浜の家のご近所さん(お客さんでもある)の勤め先で不要になったパレットを分けてもらえることになり、200本ほど使ってケモノの侵入口となる西側(山とヤブ)と北側(隣地境界)に柵を作った。この段階では侵入を完全に防げず、他の対策も講じていくが、このパレットフェンスが防衛の柱となっていくのだった。8月頃からリモートセンサーを各所に取り付けて、柵に近づくケモノ(ほぼイノシシ)を見つけられるようにして、反応があった場合にはロケット花火を発射するということを始めたところ、ようやく何とかなりそうになってきた。ただ、パレットを押し上げるようにしてイノシシが入ってきており、2割ほどの米が被害にあってしまった。しかし、ケモノ対策についての手応えは感じられたのである。

2013年(ケモノ対策は奏功、次の敵は・・・)
 2012年も2013年も、イネ刈りの直前は横浜に帰らず泊まり込んで不寝番を続けることになったが、ようやくイノシシも諦めたようで、押し上げたりして侵入することがなくなった。鼻が強力でプラスチックのパレットなど簡単に押し上げる。こちらも負けておらず、パレットの内側足元に土を盛ったりパイプを這わせたりして対抗手段をとったのだ。

0408コナギ退治
 
 ところが、今度は次の問題が発生する。それは田の草だ。最初のうちは草もあまり生えなかったのだが、年ごとに増えてきて目立つようになってきた。主にはコナギという草になるが、田植えを終えた5月の後半から7月の中頃までの2ヶ月ほど、田んぼに入って這いずり回りながら草を取るという作業が必要になってきた。2014年には、747Kgという収穫量の最高記録を出しているが、実はこの年も草の勢いは半端ではなく、アイガモンという刈払機のアタッチメントを使ったりして何とか収穫を確保したのだった。しかし、翌2015年にはついにコナギに負け、収量半減という事態となる。いよいよ草の勢いが大きくなってきたのだった。2016年には、ついに田んぼ用の除草剤を1回使うことにせざるを得なかった。

0408台風養生
 
2017年~20178年(天気も敵となる)
 うちのコメは天日干しだ。だからうまいといってもいいだろう。そのかわり手間はかかるし、天気に大きく左右される。2017年の場合は、イネ刈りの時期に雨が続き、台風も2回来たりしてかなり苦労した。それよりもひどかったのが2018年で、イネ刈りを済ませたあとに雨が多くなり、乾きそうになると降るという繰り返しで、早ければ1週間もかからない天日干し期間が2ヶ月近くに伸びてしまった。このせいで、くず米や割れ米が多く発生し、収量も1割以上減った感じだ。ただ、幸いなことに食味などは変わらず、美味しい米になってくれた。2017年は、台風などに強そうだということでミルキークイーンの姉妹種であるミルキープリンセスにしたが、背丈が低い分収量が少なかったようで、2018年からはミルキークイーンに戻している。
 
 ということで、10年間いろいろな問題にぶつかって対処してきた。まだまだ各材料はいろいろあるが、このくらいにしておこう。10年で10回しか作れないからまだ新米だが、それでもいろいろなことがわかってきたようで、実に楽しい。第3の定年まで頑張ろう。
 

定年後の10年間を振り返る(1)

定年後の10年間を振り返る(2)

定年後の10年間を振り返る(3)

定年後の10年間を振り返る(4)

定年後の10年間を振り返る(5)

定年後の10年間を振り返る(6)

定年後の10年間を振り返る(7)米作り

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。