(1)と(2)では、思わず撮った写真の中から選んでアップしたが、いろいろ下調べで想像していたとおりの立派さだった。立派さ・綺麗さもさることながら、1000年も生きた1本の樹が毎年花を咲かせて人を引き寄せること、これは理屈ではなくこころにひびいいてくるものだった。毎年毎年、一粒のモミが3000粒のモミを作るイネも素晴らしいが、滝桜もまた素晴らしい。タイミングが丁度だったこともあり、行ってよかったなあ、としみじみ思う、カミさんも同意見。
 往きは、磐越道田村のスマートICで降りたのだが、そうするとあちらこちらに枝垂れ桜が見える。その中には滝桜の子孫も混じっていると思われるが、まさに枝垂れ桜の里である。ソメイヨシノや山桜などもあって、それも綺麗だが、ちょっと色の濃い枝垂れ桜は遠目にも鮮やかで、気に入ってしまった。うちにも植えたくなったが、生きている間にどれほど育つかはわからない。まあ、見に行くのがいいのかもしれない。
 滝桜の周りでも、いろいろなところにいろいろな桜が咲いている。見てみると、いずれもがなかなかの個性を発揮していて味わい深いものがある。ということで、滝桜だけでなくいろいろなことで堪能できた。周辺の桜などもアップしておこう。

0418滝桜周辺6

0418滝桜周辺2

0418滝桜周辺1

0418滝桜周辺3

0418滝桜周辺5

0418滝桜周辺4

       
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。