前にもちょっと書いたが、第2種電気工事士の受験勉強をはじめている。農業というのは、基本的に環境整備の要素が大きい。そう、植物が生活していくための環境整備だ。田んぼなんて言うものは、究極のイネのための環境と言っていいんじゃないかな。建築の世界の片隅にいたから、10年前に初めてこんなこと始めたときも、ほとんど違和感なく環境作りに飛び込めたような気がする。
 ただ、大きなブラックボックスがあった。それが電気の世界である。一応、ソーラーシステム的なものは見様見真似で作って運用しているが、それは24∨の世界だからできること。AC100∨では法律的にもいろいろ制約があるし、常識がないものだからまったくもって手を出せない分野である。
 そんなことから冒頭の挑戦に踏み切ったのだが、70歳という年齢がずいぶん邪魔をする。何かを覚えるということがこんなに困難になってしまったとは、やってみるまで気が付かなかった。学科試験は6月初めだから1ヶ月ほどしか時間がない。幸いにして合格しても、次には実技試験が待っている。今は、過去10年分の学科試験問題を解いて、解説をじっくり読むということをやっている。
 それにしても、こんなことやっていると眼の衰えに気付かされる。本の字もタブレットの画面も、見ているとすぐに疲れてしまう。幸か不幸か、昼の間は屋外作業が沢山あるので、目が疲れたらそちらに移動する。山の緑などを見ていると治るようだから。脳みそも劣化しているし、なかなかハードルは高いが、頑張ることがあるのはいいことだろう。

0430工具セット

 実技試験用の工具セットはもう購入済み。練習用の材料セットもそろそろ買う時期だ。学科の発表が終わると一斉に売り切れになるらしいから。まあ、学科に落ちたらいらなくなるのだが。こうやってBLOGに書いたりすると、落ちるわけにはいかないので勉強に拍車もかかろうというものだ。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。