どこまで役に立つかはわからないが、農作業の合間を縫って準備をしていた第2種電気工事士学科試験が昨日終わった。50問のマークシート方式で、オームの法則などの基礎から電設材料や工事の知識、法律などの、あまり馴染みのない問題をなんとか答えてきた。今朝になって正答が公開されたので早速確認したら、45問正解で90点と合格基準60点を大きく上回った。ずっと「記憶できない」という老人ゆえの限界を感じながらやっていたので、とても嬉しい。

0603練習材料

 この次は7月20日または21日に技能試験が待っている。すでに公開済みの13種の典型的な回路を実際のケーブルや電材を使って組み立てるのが試験内容。30分しか時間がないらしいので、次も容易ではないみたい。試験が終わったら品不足になるということで見切り発車で頼んであった練習用材料を農場に持っていって、これからの夜間作業は実技の練習だ。
 ところで、試験は明治学院横浜キャンパスで行われた。戸塚駅からバスで10分強のところにあるのだが、私は横浜市の敬老特別乗車証というものを持っているので、乗り継いだ市営バス・市営地下鉄・江ノ電バスが全て無料になってしまう。70歳から貰えるこのパスは、ただではなく一定の金額は払うのだが、あまり横浜市内にはいない私は有効活用できない嫌いがある。しかし昨日だけでもずいぶん活用できた。昼間のお客さんはほとんどこのパス所有者みたいだが、それでも市バスは黒字らしい。せいぜい活用しよう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。