水曜日に疱疹が出始めたところで最初の記事を書いたが、その後の経過を記しておこう。帯状疱疹の薬(抗ウイルス薬)は、ウイルスを直ちに退治するわけではなく、増殖を防ぐという機能らしい。なので、劇的に効くわけではないようだが、疱疹は最初に出てからほとんど増えていない。これは薬の効果だろう。ただ、痛みはかなり独特のものが出てきた。最初の肩甲骨裏側から右腕の方に広がって、ちょっとピリピリするような疼痛となっている。それから頭皮だ、髪の毛を触るだけで頭の右半分の皮の裏側がチクチク痛む。そこで、木曜日に再び医者を訪れた。
 前回(火曜日)は、まだ疱疹も顔を出しておらず、疑わしいという段階だったので、疱疹を見せて痛みの具合を報告した。今度は、神経系の痛み止めと非ステロイドの消炎軟膏を出してくれた。これまで服用していたロキソニンは、効かなくはないが少し和らぐという程度だったので、痛み止めはありがたい。早速新しい痛み止めを服用したが、効果はありそうだけれど、眠くなるので朝からずっとゴロゴロしている。犬たちも付き合ってくれて横でゴロゴロしている。これで快方に向かうといいのだが。

1011犬たち
                 
                        続く

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。