度重なる病気ネタすみません。爺さんの集まり(同期会など)では、主要な話題は病気です。病気持ちでないといられないくらい、これで盛り上がります。もう少し歳取ると、誰が死んだといった話題も増えそうです。そんな爺の話なんでお許しを。いやあ、実はまだ続くんです。
 
 最近は、横浜に来ると大体お医者さん・歯医者さんの世話になっている。今日は、先週かかりつけのクリニックで紹介してもらったペインクリニック訪問が最重要イベントだ。紹介してもらったのは、中華街そばの老舗の病院。総合受付で手続きのあと、麻酔科に行って問診票などを記入、さらに待つ。
 診察は、これまでの痛みの様子や経過など、ほぼ問診である。結局、頚椎の6・7番目辺りから出ている神経が傷んでるとの診断となり、神経ブロックをやるかどうかを提案された。とにかく、夜中も起きるくらい痛むので即お願いをした。
 事前に血液検査をやって、問題のないことを(先生が)確認し、実際の神経ブロックという処置になる。ベッドに横たわり、先生が首に超音波の器具を当てて画面に映る断面を見ながら頚椎の6・7番目辺りを探り、注射をしているらしい。注射器のメモリを読む看護師さんの声が聞こえてくる。処置の時間は20分程度だろうか。そのあと様子を見るために30分ほど安静にしていた。
 さて、治療の効果だが、先生が言っていたとおり、治療後しばらくは右腕は上がりにくく、ちょっと制御しづらい感じもあったが、1~2時間で治った。痛みは、ベッドに横になっているときから収まり始めて、今(半日後)はかなり良くなっている。痺れは少し遅れて良くなってきている。痛覚過敏も弱まってはいるが時々強く痛むことがある、まだもう少しだな。しかし、今日のところは寝られないほどの痛みからは逃れられるように思うので今後期待したい。次の神経ブロック療法は1週間後だ。












1111手袋

右手先は、羽根が触っても痛いくらい。なので、こんなものが重宝する。いくらかマシになるしスマホも反応してくれる。ポケットの中のものを取るのが非常に厳しい。財布を取るのやだから無駄使いはしないが、病院の会計やコインパーキングではそういうわけ行かない。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。