横浜から旅行に出かけている間に新しいスマホ(Huawei nova 5T)が届き、農場に帰る日を指定して配達してもらった。トランプに止められたハイエンドではなく、ミドルレベルのモデルだから箱などもシンプルなものだ。同じHuaweiのMate 10 pro の中身を移すので、アプリ1つで簡単にコピーができた。
 その次はカミさんのスマホの中身を移すのだが、こちらも同様に huawei 同士だから基本的に簡単なんだが、 line を含むので、ちょっと厄介ではないかと思われた。最近のカミさんの利用はすっかり line に集中しているので、友だちやトークデータなどが消滅すると大事である。確か、別のスマホでログインすると古いスマホでは使えなくなるということもあったように思うので一層慎重になった。ところが、最近は相当改善されており、トークデータをクラウドに一時保存し、新端末で line を起動して、電話番号、(送られてくる)認証番号をいれ、クラウドからトーク履歴データを読み込むとほぼ完全に環境を移すことができた。{LINE公式引き継ぎガイド利用}
 ということで、私のスマホは pixel 3 XL と Huawei nova 5T の2台体制になった。使い方としては、pixel が電話やline などの端末が特定されるコミュニケーション関係、nova 5T は普段の検索、車の中でのナビ・音楽などの範囲が中心という役割分担。写真については pixel 主体だが、nova 5T の能力を確認して使い分けることになる。この nova 5Tだが、huaweiの新機種がgoogleのアプリセットを入れられないというなかで、唯一滑り込みセーフになった機種で、価格的には中級レベル(6万円)だが、カメラを含むスペック的にはほぼハイエンド並みとなっているもので、googeとhuaweiのハイエンドを交代で買うという私の考え方から選んでみたのだった。次は、かなり評判の悪いpixel 4 をスキップして次の pixel 5 だろうか。

1207NOVA5T

替えても殆ど変わったという印象はない。それにしてもhuaweiのデーター移管アプリは強力で、背景写真まで移してくれる。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。