BS TBSでほぼ毎週(現在は火曜の23時から、ちょっと前までは日曜の23時から)放映されている「SONG TO SOUL」という音楽番組は、いつだったかコニー・フランシスの「VACATION」の時から録画対象にしているお気に入りだ。昔のコニー・フランシスと全く違う人になっていて、度肝を向かれたが。

海中電柱

 番組のHPはここにあるのでちょっとみてほしいのだが、古今東西の名曲といわれる曲を、作った人・歌っている人・関係者などへのインタビューを集め、生まれた背景などをまとめた番組だ。スタートは、木更津の海中電柱の海の夕景から始まり、回転するレコードに針が落ちるとその日の曲が流れるところから始まる。ごく一部を除いて基本は洋楽、ポピュラー・ロック系がメインだが、自宅やスタジオで嬉々としてインタビューに応じる人たちの話がなかなか素晴らしい。最初は海外の番組をベースにしたのかと思ったが、これが驚くことに日本のTBSが制作しているのだ。
 先週火曜日の放送は #18 「やさしく歌って」ロバータ・フラック #18とあるように、割合初期に作られたものだが、何度も繰り返し放映されるらしいので、そのうちまた見ることができるだろう。この歌は、ロリ・リーバーマンという西海岸のフォーク歌手が作ったものだが、その作られたときのエピソード・ロバータ・フラックが発掘したときのエピソードなど、あと色々。なかなか興味深いものだった。
 私は、録画しておいて時々前の放送分を見るというパターンだが、あまり興味のなかった曲の意外な一面も知ることができてとても面白い。試してみてください。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。