定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

2008年12月

アクアライン

 横浜から房総半島への時間距離はかなり近い。アクアラインを使えばである。木更津の料金所を越えるまで30分程度しかかからない。だから、大多喜町の南端でも2時間程度でついてしまう。

 ところで、最近のアクアラインは通勤割引があり、元々の3000円の半分で渡ることができる。渋滞とも無縁だし1500円はかなり値打ちがあると思う。ただ、この割引は木更津料金所を通過する時間によるから、5時の少し前は入り口手前の側道に時間待ちの車が並んでいる。

 それにしても、高速道路の割引ほどわかりにくいものはない。一応ホームページには説明があるが、よく読まないとなかなか理解できない。一カ所を読んで安心してはいけない。全く違うところに得する情報が書いてあったりすることもよくあるようにみえる。特に距離100キロ以上で50%オフが消えるのは要注意だ。



 ところで、大多喜通いが始まる2月からは高速代が大幅増である。軽自動車導入も要検討事項だ。

参考資料

 いちいち紹介しないが、読もうと思う本が溜まり始めている。農業関係では「自然農」関連が3冊、農業機械関係が1冊、雑木林・炭焼き2冊、田舎暮らし関連3冊。昨日図書館には2冊返したんだが。ここ数年、読む本というと車・PC関係が多く、ごく最近になって音楽関係が多かったんだが、180度方向転換というところである。

 いろいろ本も増えてきたため、本棚の大掃除をした。いらない本は有無をいわさず処分しないと限られた本棚に余裕もできない。ということで、PC(古くなると役に立たない)、くるま、釣りなど 以前の趣味に関係したものは処分ということになった。

 ただ、創刊の頃からずっととり続けている「カーグラフィック」は捨てるわけにいかず、いまだに定期的に増え続けているから、幅3m、高さ=天井までのスティール本棚の7割はCGに占領されている。

竹藪退治

 当面の作業(里山編)でもちょっと触れたが、竹は結構厄介者のようだ。タケノコ嫌いの私は知らなかったが、大多喜町というとタケノコの名産地らしい。しかし、昔はそのために作った竹藪も、面倒をみないとはびこって大変なことになる。当家の渓谷沿いのの竹藪もそんな感じだ。1974年頃の航空写真で見ると、特徴的な丸い形状の集まった竹林がまだ存在しなかったことが見て取れる。

 ということから、竹藪を退治するHPをいろいろ探してみたが、これも危ないから気をつけろの大合唱。素人は脅かされるばかりである。ただ、竹用ののこぎりが便利らしいことは判明した。あんなツルツルしたものをエンジンのチェーンソーで切るのは、やらなくても怖かったんだ。傘を差して歩けるくらいの間隔、上を見上げると青空が見える位の密度、相当がんばる必要がある。
続きを読む

井戸水

 大多喜町会所というエリアは、人家もまばらでインフラ的には決して十分ではない。携帯が全滅ということはどこかに書いたが、当然上下水も全くない。井戸に頼ることになる。カミサンは、契約がすんだあとで「井戸だなんて知らなかった」と絶句していたが、それまで房総地区で検討していた物件のうち3分の1くらいは井戸しかなかったことに気付いていなかったようだ。

 売り主さんに確認したら井戸は50m位の深さだといっていたが、いくら何でもそんなに深くはないんじゃないかと思うが、もしかしたらうまい水かもしれない。まあ、まず最初に水質検査はやってみようと思う。保健所などでもやってくれるらしいが、簡単に自分でできるキットがインターネット経由で売られており、これでやってみるつもりだ。

 また、使っていない井戸がもう一本あり、田んぼをやるときには川の水をくみ上げたりもするようだから、水についてはいろいろ研究の余地があるらしい。

房総の地名

 房総エリアを走っていると、読みにくい地名にしばしば行き当たる。夷隅郡の夷隅も難しいと思うし、匝瑳市も知らなければ読めないような字である。それにどちらも普段使うような文字ではなく、漢字の意味も想像できない。不思議である。



下の地名は、夷隅郡大多喜町の難読地名だが、新しい住処の会所も含まれている。

宇筒原、小土呂、面白、会所、紙敷、葛藤、猿稲、田丁、総元、部田、百鉾、弥喜用、八声



ちなみに、読みは次の通り。

(うとうばら)(おどろ)(おもじろ)(かいしょ)(かみしき)(くずふじ)(さるいね)(たまち)(ふさもと)(へた)(もふく)(やきよ)(やこえ)



千葉情報館 というサイトからいただきました。

当面の作業(里山編)

 これの前にまとめた農業関係の作業予定はちょっと手抜きにしているが、それは山に手間がかかると考えているからだ。実は、一度だけ敷地内に入ったときも、山や谷のエリアはあまりじっくり見ていない。ただ、樹木も竹も多くて暗いという感じのみ残っている。このエリアの一部を農地(果樹園)にしようという思惑もあるが、山蛭防御の観点からも比較的すぐに(5月のGW頃までに)明るく風通しのよい環境にして、人工的な里山に近づけたいと思っているので、早速草払いや伐採をやるつもりだ。

 ただ、エンジンの刈払い機やチェーンソーなどを素人が簡単に取り扱えるのかという疑問は厳然として存在する。エンジンチェーンソーを、足元の悪い斜面で操り、樹木を切り倒すなどというのは、眠っていてうなされるんじゃないかと思うくらい心配なことである。

 そのあたりを無事通過しても、樹木や竹は炭にするし、落ち葉は堆肥にするという後工程が控えている。ということで、当面のヤマは山造りといってよいだろう。

当面の作業(農)

 福岡正信さんの自然農法を読んだ結果、毎年の循環の初めは10月ごろの緑肥(クローバー等)、麦、稲の種まきを順次行うところと受け止めている。今回は2月から入ることになり、これまでの畑の経歴も不明という状況から、とりあえずクローバーの種まきから始めて稲モミをまく形で入る予定だが、その前に耕運すべきかどうかが悩ましい。耕運機が動くのかどうかも未確認ということもあるが、土もなるべく自然のままでやってみようと思うから、そのままやろうと考えている。だが、果たして草はどのくらいはびこるかが見えない。秋からクローバーを蒔けば雑草は多少抑えられるんだろうけれど。

 穀類を考えている畑Cと畑Dについてはそんな感じで始めることになる。普通の野菜と落花生を一年交代で栽培していく畑Aと畑Bは、耕運機を入れて畝たてくらいまでは機械でやろうと思う。その前に機械整備が必要だが、内燃機関としてはずいぶんとシンプルなはずだ、焼き玉エンジンとはいわないが。セブンで色々やったから大丈夫というのは甘いだろうか。

土地の様子を調べる

 今回は遠隔地ということもあり、一回みただけで購入を決めた。建物については図面と写真があるのである程度は想像がつくが、3000坪を超える敷地ということになると、なかなか実態は判りづらい。特に山のエリアは植生の様子や傾斜など、ほとんど把握できていないのが実態だ。

 ただ、インターネットで公開されている航空写真が役に立った。現在の写真は、Google提供のものとGoo提供のNTT-MEの2種類があり、2つを見比べることでかなりの情報を把握することができた。また、1974年当時の航空写真も国が提供するものを入手することができ、現在の畑の状態ではなく、当時の田圃の様子が判明した。また、日が傾きかけた時間帯の写真だったから、分割された田圃のレベルもある程度は掴むことができた。

 契約直前の週末に現地を訪ね、敷地内には入らなかったけれど、土地のレベルや傾斜の確認ができ、色々な計画のヒントにはなるような気がする。ただ、2月からの色々錯綜する作業工程の中で、田圃を整備することはなかなか難しそうだ。川から水を揚げる仕組みも間に合うかどうかというところだし、初年度の米は陸稲になるかもしれない。

害獣・害虫編

 どこかにちょっと書いたはずだが、この大多喜町会所のあたりは山蛭の名所でもあるらしい。そこからちょっと先は紫陽花で有名な麻綿原高原につながっていくのだが、そちらの案内にも半分名物のように触れられている。まあ、ちょっと気にはなったが物件の魅力がその懸念を上回り、購入してしまったわけだ。

 この動物はご承知のように大型動物に吸い付いて血液を吸い出す。人間も餌食にはなるが、どうやら鹿の生息地域とかなり重なっているようである。足にくっついて血液を吸うと、ぽとりと落ちて卵を産むという習性らしいから、鹿のフンを観測した当家の畑にも蛭はいるに違いない。西側を流れる養老渓谷源流にはハヤなどの魚が結構いるらしいが、そんなものを獲りに行くとこちらが餌食になってしまうという危険もある。

 という具合で、彼等が動き出す5月頃までが予防期間である。天敵はないそうだから、こちらが天敵的に活動するしか方法はない。とりあえず検討しているのは、山の草を刈り落ち葉を集めて、樹木と竹を少し払い、おそらく大勢で冬越しをしているはずの山のエリアに光と風が届くようにしようということくらい。落ち葉などには殺虫剤をかけたいところだが、無農薬で行こうというのにそれはないだろう。周りに塩をまいて連中が外に出ないようにすることくらいだろうか。

ちょっとしたシミュレーション

 今後の拠点となるのは大多喜町会所というところ。大多喜町の中でももっとも外れに位置しており、トンネルを越えると鴨川とか勝浦の海沿いエリアとなる。最寄り駅としては外房線の上総興津駅(10.1km)、次いで小湊鐵道養老渓谷駅(13.2km)、久留里線亀山駅(20.0km)となる。一番近い駅でも徒歩2時間以上になるし、過疎地域ということでバスもないから、車に頼るしかない場所である。



 あまり現実的ではないが、勤め先のある赤坂見附に朝の勤務時間帯に到着できるかどうかを調べてみた。



会所(28分/車)上総興津(5:31-7:54 ) 赤坂見附

会所(34分/車)養老渓谷(7:03-9:46 ) 赤坂見附

会所(44分/車)上総亀山(5:08-7:49 ) 赤坂見附



という具合で、5時に飛出せば普通に到着することはわかったが、毎日これではたまらない。帰りはどうなるかというシミュレーションは、とてもじゃないが気が進まずやらなかった。それにしても、養老渓谷ルートは悲惨である。1日9本しかない五井行きの始発がこの時間、仕事場には、午前中の半分をすぎたころにのんびり到着となってしまうわけだ。

このほかに、アクアライン経由のバスなども検討対象にはなると思うが、いずれにしても通常の通勤には無理があることにかわりはないだろう、きっと。

ただ、このくらいの距離になると青春18切符が役に立ってくる。JRが4割引になると思うと、春休み(3/1~4/10)・夏休み(7/20~9/10)だったら、農作業もありそうだし使ってみるのもいいだろう。でも往復6時間だ!!!
livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    • ライブドアブログ