定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

2009年04月

ポンプ復活

 ようやくモーターが付き、年代物のポンプが回って水が揚がった。「水の出入り」で書いたように、大まかな計測では60L/分程度となっている。ちょっと物足りないような気もする。ピーク時にはフル回転になるかもしれない。崖を上り山を走っている配管はライト管というかなり薄いもので、時間も経っていることからちょっと心配だったが今のところ大丈夫。
 モーターを取り付けた農協の人の話では、始動時には呼び水がいるということだったが、一晩おいての再始動ではなにもしなくても水が揚がってきた。おそらく、50m位はありそうな長い管の中に溜まっている水が抜け出るまでは呼び水不要ということだろう。明日行って1日半でどうかを確認してみるが、例えば毎日数分でも動かして配管の中に水を入れてさえおけば、当初考えていた週単位でのコントロールも可能だと思う。

水の出入り

 日曜日の朝に、大雑把な計測をしてみた。
    沢水            4秒/4L
    1号→2号         5秒/4L
    2号→3号        15秒/4L
  沢水は雨で増水していて、以前計測したときの3倍ほど出ていた。
  1号ではあまり水が減らず、2号では漏れその他でかなり吸い込まれていることがわかる。
  3号は吸い込むだけで水が出ていかない状態。
 日曜と月曜でかなり色々やったので、明日の朝量ればかなり違った数字になると思う。

 このあと、ポンプを動かして計測してみたら、
    川水(ポンプによる揚水)  4秒/4L
 なんと、沢水と同じだ。まあ、雨で増えているから、普段の沢水の3倍くらいと考えておけば良さそうだ。
 

4枚の田んぼ

462ca10b.jpg



 昨日から稼働したポンプの助けを借りて、4枚の田んぼがほぼ姿を現した。土曜日の豪雨で田んぼに水が溜まっており、沢水も多いという条件に助けられたような気もする。ともあれ、本日夕方最後の4号田んぼもほぼ均したので、ポンプをとめて沢水を1号から4号まで回してみている。1日おいて水曜日に現地に行くが、そのときに一体どうなっているかで、今年の田んぼのやり方を考えることにしている。

晴天のイワツツジ

0723b572.jpg


 今日は晴天に恵まれた。昨日に続いてもう一度、イワツツジの山です。

ポンプアップした川の水

 昨日のすごい雨のおかげで、沢水の勢いがすごい。普段の倍ぐらいだろうか。水源地に行ってみると、パイプのキャパシティ以上の流れで、堰をあふれた水が沢に流れていた。ようやく出た川の水は、そんな沢の水よりも5割り増しぐらいの感じである。普段の沢水に比べればかなり多いと思う。だが、週末の2日くらいで4枚の田んぼに水を張るとなると、沢水と川の水を両方入れなければいけないかもしれない。

 今日は、1号と2号に水が溜まってから田んぼをやり出したが、どうも3号の水保ちが悪いことが気になる。4号はおおむね良好だ。3号をどう作るかというのが明日のテーマだ。

昨日と今日

 昨日は雨にたたられたが、今日は朝から快晴である。とりあえず道具一式を持って川に降り、パイプの接続と竹のサポートを打ち込んだ。そのあと上に上がって、頼りなかった1号田んぼへの配管も、竹杭でしっかり支持した。

77022b09.jpg


76ae254e.jpg



 そうこうしているうちに、昨日雨の中をがんばって来た仕事仲間の一家がタケノコ掘りで登場、雨のあとだけにそこら中で頭を出しているタケノコを掘り始めた。こちらは横でスイッチを入れたが、モーターは回らない。藪から上ってスイッチボックスをあけて操作をすること何度か、ようやく水が出てきた。

cca04ba9.jpg



85473a32.jpg

イワツツジ

ae159c5b.jpg



 前の山のイワツツジである。かなり咲いてきてこれから見頃になる。 今日は雨で家に缶詰だから見物にはいいが、寒いので障子を閉めてヒーターをつけたくなる。
 子細に見ると、花は満開になる前に古いものが枯れて汚くなる。それがちょっと残念だが、ツツジの種類は一般的にそうらしい。

かなり強い雨

 なぜか、昨日かいたこの記事が公開されていなかった。あらためて公開します。

 24時間雨が降るという予報の中をやってきたが、かなりの雨が降っている。傘をさしてポンプを見に行ったが、なんとパイプが外れている。このままでは通水は無理で、納屋で支持用の竹杭を作る。しかし、崖は滑りやすく本日の作業と通水はあきらめた。どうも、いい加減な仕事と思わざるを得ない。

76d55c26.jpg



 ただ降雨量が多いため、川水をあげなくても田んぼの水は一杯になりそうで、明日の好天に期待し、田んぼの均しも見送ることにした。

今週末の作業予定(4/24~)

仕事の予定の具合によっては長期滞在も可能かもしれない。
川からの揚水ポンプは動いたという第一報が入ったから、一通り水を張ってどのくらいの時間がかかるかを確認したい。雨もかなり降りそうだが。それと雨の中、4号田んぼの均しをやってみよう。
そのほかは、ハーベスターの脱穀機部分を降ろして、ミニブル・運搬車仕様に換えることもやりたいが、ジャッキが車に載るかな、イネの苗6箱がかなり場所をとる。
苗は10センチ程度に育っているから、田植えもできそうだ。

ビオトープ用資材(遮水シート)を購入

 現在4号田んぼに沢水を入れており、次の週末はここの均しに入る予定。川水も揚がるはずなので、全面的に田んぼに水が入り始める。一方ではカエルの卵も見つかり、そろそろビオトープや池の準備が急がれる状況だ。水奉行は、池を掘るのが大変だと引き気味だが、専門店から遮水シートを購入した。4m角である。二重に張ることを薦められたが、果たして必要があるかどうか。今度の土曜日には到着するのではないかな。
プロフィール

房総で百姓やってる...

アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    月別アーカイブ
    • ライブドアブログ