定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

2009年06月

水中ポンプ購入

 いろいろ問題がある川からの揚水ポンプだが、ヤフーオークションに手頃なもの(ツルミKTZ21.5-50)が出ていたため購入。2ちゃんねる語としてはポチるというらしい。いまのポンプに合わせてベルトを買ったりフートバルブなどの追加購入を検討していたが、手をかけても自動タイマー運転は無理だし、何より未使用品が安く買えるということで踏み切った。1.5KWと今のモーター2.2KWよりは小さいが、全揚程15mで0.3立米だから今のポンプより数倍出るだろう。1週間タイマーもようやく陽の目を見ることになる。
 
 水奉行と相談する必要もあるだが、川のポンプの能力が上がり、短時間である程度の水を揚げられるということになると、1号手前の溜め池をもっと大きくすることもできる。なので、生き物の関係もいろいろ幅が広がりそうである。
 

携帯電話修理完了

 記念すべき大多喜町会所携帯開通のときに代替機に役目を譲り、用に足りなかった携帯電話が修理を終えて戻ってきた。レポートでは、基板・筺体部・ICカード部不良で交換となっている。症状は液晶表示不良だが、液晶以外は全部交換ということで、ちょっと不思議な内容である。外装についてもそれほど痛んではいなかったが、電池と電池の蓋は持っていて下さいと修理に出さなかったので、蓋だけ古くあとは更新されるというちぐはぐな結果になった。
 修理前は、画面が見えなかったから中身の色々な情報を取り出すのに厄介で時間がかかった。修理完了後はいくらかましだったが、それでも1時間くらいはかかった。なるべく壊れないで欲しいと思う。
 保証は1年間だと思ったから修理費用が必要と思っていたが、Docomoプレミアクラブに加入しているので3年間は一般の故障については無料です、といわれた。これはちょっとありがたい。ちなみに電池についてもプレミアクラブに加入しており、同一機種を2年以上利用していれば無料で交換できるはず。
 
 今の契約はバリュープランというもので、12月までで本体の2年間分割支払い期間が終了し、基本料金が980円ということになるのだが、一応防水携帯の値段を聞いたら5万3000円前後とのこと。防水デジカメの倍以上であり、高いと思う。昔の携帯は安かったな。農業をやっていると防水は必要な気もするが、そんな値段では買い換えには踏み切れない。2階建てで支払えますよ、といっていたが12月までとはいえ、基本料金の他に毎月5000円も出すほど利用しているわけではない。濡らさず気をつけて使うことにしよう。

生き物シリーズ「猿」

 落花生畑をメンテしていたら、道路の反対側の山で猿の声がした。言い争うような叫び声である。ロケット花火やスリングショットを取って戻り柵から外を見ると、水源地の方に20mほど行った町道のど真ん中を悠然と歩く猿を発見した。カメラで狙うのも忘れ、ロケット弾を一発。ということで、写真はない。それにしても、このあたりは人間というよりは動物の方がのさばっている感じである。今週末は、動物・生き物の話が多かった。

ネジバナが咲き始めた

830e13d0.jpg



 刈払い機で雑草を刈っていると、何か見つけたときには既に遅く刈り飛ばしたあとになる。落花生畑の周りの雑草を整理したときも、このパターンで何本か切ってしまった。カミサンから「ネジバナが咲いている」といわれ、あああれがそうかとあとで思ったものが、このネジバナだった。あらためてじっくり見てみるとなかなか可憐な花である。調べてみると、野生のランの一種であり、どこにでもある割には栽培は難しいというものらしい。野生というものはそんなものだろう。

ブヨの害

 季節のせいか、最近この虫が活躍している。私にも寄ってはくるが、顔を横に振るくらいで諦めてヨソにいってしまうから、実際には被害がない。甚大な被害を受けているのは、勘定奉行ことカミサンである。なにしろ、虫除けスプレーをかけ、腰には蚊取り線香を下げ、帽子には虫除けの薬をぶら下げ、更に首より上はネットで覆っているが、それでも毎週刺されている。刺されたあとも大変で、大体24時間後には大きく腫れ上がり、数日間はそれが続いているようだ。
 調べてみると、やはり一般的な虫除けは効かないようだ。蚊などを想定したものが多いからだろう。ブヨ専用のものもあるらしいが、ハッカ油でハッカ水を作り吹付けると効くという情報があった。どれほど効果があるかは来週確認したい。

落花生畑の復旧

 前のレポートの通り、草に覆われた落花生の苗たちを救出中である。昨日は予報が早まり昼前から本降りの雨になったが、中断したらそこで最後になりそうだったから、昼食も遅らせて全ての苗について周囲の草を刈って顔を出させた。
 刈る前には相当消えていると思われたが、実際にチェックしてみると欠けているところは1割以下で、大体発芽していた。ただし食害を受けている苗も多く、2割位は草をかき分けてようやく姿を発見できるという状況だった。場所によっては、背の高いイネ科の雑草が蔓延っているが、そんなところでは消えてしまったところもあるものの、かえって負けずに大きくなっている苗が多い。囲まれているところでは食害を受けにくいということもあるのだろう。
 もちろん、まっすぐほぼ一定間隔で植えたはずなのだが、草がのさばっているために次の株は一体どこにあるんだろうと探すことが非常に多かった。来週の後半戦ではちゃんと草を始末するが、早く落花生たちに頑張って草を抑えてもらわないと、収穫までにまた草取りが必要かもしれない。

4a5a652b.jpg

   これでも一応処置済みなんです 


 横の道路を歩くご近所さんたちからは、色々な反応がある。まず何が植わっているかを聞かれる。おそらく播いているときに説明はしているのだが、なかなか出ずに草に覆われてしまったから忘れ去られたのだと思う。ただ、カラス除けのテグスを張り巡らせてあるから、何かは植わっているが一体何だろうね、というのがこのところのご近所さんたちの会話の内容だったと見える。
 苦労して雑草取りをやっている様子を見て、半分はかわいそうに、半分は無茶なことをしているという反応である。播く前に除草剤を撒けばよかったといわれた。いやうちは無農薬だからと返したが、どうやらこれからも相当大変らしい。来年はマルチを検討してみよう。人によっては、花のあと下に降りていく茎(この先に実がなる)はマルチを突き抜けるからそのままで大丈夫といっていたが、私は花のあとマルチだけ取らねばならないのが面倒で今年の採用を見送った経緯がある。本当はどちらだろう。
 
 

RookieFrogがいた

 2号田んぼを覗き込んでいたら,なんだかぎこちない動きの物体に気づいた。小指の先ほど小さいカエルである。ただし、まだしっぽがついている。一応平泳ぎのように泳ぎ回っているが、しっぽが邪魔なのかまだ慣れていないせいか、どうも泳ぎ方がぎこちない。幼稚園児のお遊戯のような感じかな。
 
06edc225.jpg


 
 
 ずっと見ていたら、カエルの方も手近のイネにつかまり,こちらを注目している。あまり警戒心などはないらしい。ヘビやアオサギにやられるなよ。

bc73b790.jpg

3号田んぼの畦に問題発生

 今朝の見回りをやっていたら、3号と4号の間の通路に水が漏れていた。ちょうど3号の畦が崩壊し修復した箇所である。昨夜3号の水位を少し上げたが、どうやらそれが原因で水の道がつながってしまったのではないかと思う。一応、そのあたりの内外を踏んだあと水位を下げてみた。

d8e231e3.jpg


 
 一旦は水が止まったかにみえたが、昼からは雨が降り始めた。それも次第に強まり、半端ではなく豪雨といってもいいほどになってきた。畦の状態はというと、もう足で踏むとズボッと入りそうになるくらい。堅いアゼシートがあったので大槌で思いっきり打ち込んだが、それでも畦からにじむ水が流れてくる。

27a72bce.jpg

     この大槌は、農作業の周辺では役に立つ 

3d52cc22.jpg


 
 前回の崩壊後、通常のパイプによる配水の他に、オーバーフロー水路を造ってあったが、それもかなりの流れになっていた。どうしても済ませたい買い物があったので早めに現地を引き払ったが、無事かどうかは気になるところである。水奉行の見回り結果によっては平日でも駆けつけなければならないかもしれない。

b28ff8d8.jpg

    40ミリの細めのパイプが本来の配水経路、今はこちら側の水路に溢れてきている 

携帯電話がつながった

 今朝、電話をかける必要があって携帯で番号を調べた時に「圏外」ではないことに気づいた。アンテナが3本立っていて全く問題がない。約半年前の購入検討時、携帯がつながらないということは躊躇の一つの要素だった。携帯がつながらないこと自体よりもそれほど僻地であるということがちょっと問題と思われた。結局、総合的な判断で手に入れたが、ここへ来てFOMAのエリアに入るという情報があり、心待ちにしていたものだ。
 ここに入植して以来、状況が好転したものがこれで二つ目だ。一つ目はアクアラインの料金が下がったことである。いずれも購入前には全く気配もなかったことだ。特にアクアラインが安くなったことは、毎週末通う身にとってとても大きい。さっき木更津料金所でみたら、料金は1100円。アクアラインの他に圏央道を走るから、これまでの休日なら1300円だったはず。また安くなったのだろうか。千葉県が800円にするというのは確かまだ先のはず。

落花生畑の惨状

 予定通り、畑の外の草を刈り払機で切ってから落花生畑に入った。それにしてもすごい草である。落花生の葉は特徴的だが、普通に眼に入るのは3割くらいだろうか。あとは目をこらすともう3割くらい見えてくる。しゃがみ込んで草をかき分けたりするとようやく見えるものもある。そんな感じで、見えない割には結構芽は出ている。なくなっていたり、芽をかなりひどく食べられたものもあるから、やはりウサギや鹿の害を受けていると思う。
 
ebb8aca7.jpg

 
c4a26c83.jpg



 
 一応、草に隠れている状態から周囲を刈って浮かび上がるようにしている。今日の午後、二人がかりで3分の1くらいできただろうか。ちゃんとした状態にするのに、明日1日では無理という感じがする。来週まで引きずりそうだ。


ac3a1698.jpg

 
livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    • ライブドアブログ