定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

2010年07月

ジャガイモ畑も草ボウボウ

428f3a05.jpg


 7/3に掘り起こしてから1ヶ月弱経過した元ジャガイモ畑は、当然草だらけになっている。次のキャベツ・ブロッコリーまでは時間があるが、草がタネをつけると厄介なので、とりあえず刈払い機で倒しておいた。お盆休み中にはトラクターで一度耕耘する予定。
 それにしても草の勢いはすごいが、中でもイネ科の雑草は勢いがすごい。根は、毛のように細いものがたっぷりついており、タネができる前に刈れば結構よく耕してくれることになる。

9d32bb05.jpg

猛暑の中の草取り

ad4e3bb1.jpg


 今年はすっかり後手に回った感じで、「小さいうちなら楽なんだよ」といわれたなあ、と思いながら草取りに追われている。今日は第2農場の落花生の草取り。7月11日に草を刈ったのだが、やっぱりちょっと手抜きだったためか、3週間でまた草刈りが必要になってしまった。カミサンと二人がかりでやったが、午前中では終わらず、午後までかかった。そのあと、肥料(魚粉+コウモリの糞+蠣殻石灰)をやった。明日は第1農場の落花生畑の草取りである。

c0f6a5b0.jpg

2週目のプールの様子

6e8c416d.jpg


水を張ってから2週間目のプールだが、水はちょっと色がつきそうな感じ。まだ緑というよりは若干黄色っぽい。やはり2週間が限界のようである。涼しいので入ってはいないけれど、手を突っ込んで探ってみた。底のぬめりはそれほどひどくはないようだ。明後日に水を抜き、1週間干して8月7日に再度水を張る予定である。夏期休暇中はプールを活用しよう。

今日の会所

a225f9da.jpg


先週は、草取り作業に追われて写真が少なかったようだ。苦労してきれいにした畑の写真も撮りそびれていた。そんなわけでサトイモ畑とサツマイモ畑。霧も出ていて涼しいのだが、やらねばならぬ草取りには残念ながら不適当。

8b3b6c9a.jpg


雨が降っているからか、それとも先週酵素を撒いたからか、サトイモもサツマイモも元気がいい。収穫時期が楽しみである。こんな天気なので、今日はこのまま休養日となった。

午後から会所へ

先週に続き、今週も金曜日午後半休にして会所にやってきた。雨は午前中で終わるはずだったが、こちらに近づくにつれ雨が降り始め、現地はシトシトで作業はちょっと難しい状況。霧も出ている。

2ba1c8f4.jpg


雨の合間を縫いながら収穫。キュウリはまだドンドンという感じではない。先週少なめだったピーマンは今週はまあまあ。

bb4d1595.jpg


イネを見ると、先週一部の穂が出ていた黒米はだいぶ出そろっている。コシヒカリも一部が穂を出している。こちらは来週末からの夏期休暇中に出揃うと思う。

c7d68531.jpg


水源地からの水はちょっと少ないので明日朝チェックにいってみよう。しかし、田んぼに降った雨の影響もあり、全体的に水はかなり多い。

c26055c4.jpg

日焼け

bcd0e55c.jpg


今年の日焼けは半端ではない。ゴルフやっていた頃、釣りをやっていた頃、屋根がない車に乗っていた頃、元々黒い上に日焼けの機会は多かったのだが、今度が一番だ。これだけ焼けると蚊やブヨに刺されたところなど、全くわからない。街中でも、いよいよ正体不明になってきていると思われる。そろそろ、本職は農業と言えそうだ。しかし、こうやってみると、二の腕なんかけっこう白いじゃないか。

勝浦の山田跡

cce132a1.jpg


 前に「鳥獣被害を何とかしないと農家は疲弊するばかり」という項で触れた耕作をやめてしまった田んぼである。去年の秋にサルにやられたことが理由だろうと思っていたが、nakakaneさん情報では、老夫婦のどちらかが亡くなったことも原因ということだ。ずっと昔に大変な苦労を重ねて、谷戸を埋めたり開いたりして開墾したのだと思うが、このままススキの原となり、雑木林になっていくのはとても残念である。誰か跡を継ぐ人は現れないだろうか。

気になるお店

小湊鉄道「養老渓谷」駅のそばにパン屋の看板があり、ずっと気になっていた。先日、自身のBLOGに「パンが好き」と書いてある(前は書いてあった)娘が現在の居住地ワシントンから一時帰国して会所に来たときに、ちょうどいいということでよってみたらお休み(金曜日だった)。
先週の金曜日、半休を取って会所に向かう途中、今度はやっているんじゃないかと寄ってみたら、またまた休み。HPでは月火が休みと書いてあるが、もしかしたら土日だけなのかもしれない。今度行ってみたら、夏休みなんじゃないかな。駐車場にはこんな動く看板があった。直売所で儲けたら(あり得ない)、会所農場の動く看板車を手当てするか。それとも、軽トラにペンキを塗る?

85e7345e.jpg


パン屋さんのBLOGらしい

今日明日雨模様

 一昨日・昨日と現地入りしていた水奉行は昨日撤退したようだが、彼の読みどおり今日は雨になった。これは明日まで続き、合計では50ミリくらいは降りそうだ。今週もずっと日照りが続くと川水を揚げなければいけないと考えていたが、これでどうも一安心というところだ。しかし、雨は明日までで、土日はまた酷暑というパターンのようである。
 ついでに、今週末の仕事の予定を考えておこう。第2農場の落花生が、前回の草刈りからあまり経っていないのにもう草だらけ。これは何とかしなければならない。それと、ずっと先延ばしにしていた電気柵の通電(その前に高圧ワイヤーの引きなおし)も、どうやらやっておいた方がいいだろう。こないだのナスの被害は、サルではなくハクビシンではないかという指摘が複数あったが、サルへの備えも怠ってはならない。
 今週、カミサンがブロッコリーなどのタネを播いていたが、秋冬の野菜の播種も準備をする時期に来ている。まあ、来週は9連休+αだから先に送れるものはそこで片付けよう。

業拡2-品揃え

 直売所を単独でやっていくのは楽ではない。できることなら毎週必ず店を出したいが、買っていただけるようなものを安定的に確保できるかどうかが割合に難しい。作物の収穫時期は、たとえ播く時期をずらしたりしても同じようになりやすい。また、端境期を完全に回避して埋めることもかなり難しいところだ。カミサンは、少量でもいいから多品種を栽培することでこのあたりを解決したいと考えているようだが、私は米・イモ類などの保存が効くものをある程度作り、これを生鮮品と並行して毎週販売していくような解決策を考えている。まあ、どちらも必要でうまく組み合わせていくように考えなければならないのだろう。ただ、今回のジャガイモの反省としては、大量の収穫を一気にやる必要があったため、他の農作業にいろいろな影響が出たこと、単価を安く設定しすぎた嫌いがあり、労力などに見合うような売り上げとならないところに反省すべき点があった。

 そんなことを考えながら、品揃えの大枠を考えることにする。
 第1は生鮮野菜である。葉物や夏野菜がこれに該当するが、どんどん採れて
   直ぐに売らねばならないものである。
 第2番目は、保存可能野菜である。次と区別するため、収穫時期に余裕があるもの、
   ダイコンやハクサイなどをこれに入れておこう。ネギもここでいいだろう。
 第3番目、保存可能なもの。穀類、豆類、イモ類など、収穫後ある程度の保管が
   可能なものをここに入れる。今作っている落花生や3種のイモが入るが、
   他にショウガ、にんにく、タマネギなどがある。米も当然ここである。
 第4番目は、採取品としておこう、ワラビやシイタケなど、あまり手のかからない
   野草類など、本当は手はかかるが。

 このような4種類に含まれるものを常にある程度バランスをとりながら確保していくことがこの問題の解決につながると思われる。

>>>>>> 続く
livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    • ライブドアブログ