定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、配達もやっていたが、古希を迎えたこともあり、2019年春に毎週の直売をやめた。不定期の直売と宅配便利用のコメやイモ類の販売に移行している。

2010年09月

落花生に問題発生

 就寝前の見回りで一つの、しかし重要な問題に気がついた。落花生が何ものかに食われているのである。うちの畑の落花生は非常に順調に推移していて、昨年の残念な結果を跳ね返せると思っていたのだが、そうは問屋が卸さないようだ。まだ壊滅的というわけではないので、網でも張って防衛しないとならない。

dc6f2afe.jpg

会所の様子

 昼頃まで水奉行がいてくれたから心配はしていなかったが、私なりにチェックしてみた。イネの状態だが、倒伏まではいっていないが傾いているものがちょっと、特に4号田んぼに目立った。バインダーで刈れないようなものはなさそうだ。
 
d1849fdf.jpg

 
 田んぼの状態だが、全てを見たわけではないが、一応水は引いており割合と固い。明日は無理かもしれないが日曜まで待てばバインダーは入れられそうだ。明日は田んぼを見回して緩いところも刈るようにしよう。
 
 沢水は外で止めて敷地に入らないように水奉行に頼んであり、その通りにしてくれていたが、きてみると魚の避難場所が乾き始めており、沢水の量もそれほど多くはなかったことから、平常状態に戻した。池の水位が下がっているためすぐには田んぼに流れてはこないが、明日朝にはいい状態になっているだろう。
 水奉行が田んぼの脇にLEDの常夜灯をつけてくれたらしい。これもケモノよけには有効かもしれない。

相当ひどい雨

 今日の昼ごろは都心部で20mm/時くらいの雨だった。雨雲レーダーの画像では南に行くほど雨量は減っていたが、大多喜町会所でもこれからがピークで、明日までに60~70ミリくらいの雨は降るんじゃないかな。この調子だと、金曜・土曜は田んぼにバインダーを入れるのは無理ではないかと思われる。定規なしで植えてバインダーでは刈れそうにない古代米と、各田んぼの周辺部など、バインダーでは苦労しそうなところを手で刈ることにしようと思う。
 手で刈るときの能率だが、なかなかそういうデータは見当たらない。やっと調べたものが1反歩を1日で刈るには2~3人必要というものだった。これでいくと、全体2反歩を刈るのに2人がかりで3日あればよさそうである。3日間は続きそうにないが。もう一つ別のデータで、1条刈りのバインダーは5.2~9.2アール/時くらいの能率ということだから、6時間くらいで19アールの田んぼは刈れてしまう。金曜と土曜日に手で刈ってあとは日曜日の午後くらいにバインダーを持ち出して全体の半分程度(干せるだけ)を刈るという予定にしておく。

 ところで、ウエザーニュースをみていたら、神奈川県山北町あたりで本日の午後500ミリ程度の雨が降った模様。ずっと70~80ミリ/時という雨量だから、水もはけないだろうし地山でも崩れるんじゃないかと思う。私が整理している大多喜町松尾地区の実績情報(2006~)でも、一日の雨量が100ミリを越えたのは確か1日だけだったし、年間雨量だって1800とか2000ミリ程度だから、大変な量である。
 

ついに雨が降った

 予報では午後からということだったが、横浜では今朝から降り出した。傘をさすほどでもなかったので、土ぼこりが濡れる独特の匂いが漂う道を駅まで歩いた。会所も追って降り出してサトイモたちが息を吹き返すと思う。明日になったら30日累計雨量が3.5ミリに下がってしまうところだった。暑さもあって長い日照りだった。私の場合、稲刈り直前なので、雨を歓迎する気持ちだけではなくちょっと複雑だが、どちらかというとうれしい気持ちの方が大きい。これで天気は秋に向かって舵取りをするに違いない。イネ刈りの時に暑さが緩むといいんだが。

エンドファイトという生物のこと

 最新の「現代農業」に茨城大学農学部の先生が書いていた記事を読んだが、ちょっと気になっていたことと関係がありそうだ。まず、エンドファイトというものは何かを受け売り的に書いてみよう。これは植物の体内で生活する微生物(細菌類など)のことらしい。ちょっと前にTVで同じような話を聞いたが、そのときは確か根粒菌を例として挙げていたと思う。インターネットで確か早稲田の先生が書いていた記事も読んだ覚えがある。細菌と植物が互いに相手を呼んだりするコミュニケーションを行うなんていうことも書いてあった。
 さてこのエンドファイトだが、植物の中に棲付いてアミノ酸などの窒素源から植物が吸収できる窒素に変換してその生育を後押しするらしい。反対に、植物の光合成でできる炭素類はエンドファイトに取り込まれるという共生関係があるようだ。植物が直接吸収できる化成肥料などではこうした相互協力関係は成り立たないらしい。

 さて、私がずっと疑問に思っていたことは、玄米アミノ酸やGS酵素という不思議な資材がなぜ植物の生長に役立つのかということだったが(実際に役立っていると感じている)、このエンドファイトを活性化させ、ひいては植物の生育にも役立つものということではないかと思いついた。この酵素系の効果については、冬野菜で比較テストをしてみようと考えている。圃場を4分割して、GS酵素・玄米アミノ酸・中国産黒酢、この3種類をそれぞれ撒きながら育ててみようと思う。

台風が近づいている

 イネ刈りの前に台風が来る可能性が出てきてしまった。夕方の予報では明日の夕方から明後日にかけて20ミリ以上の雨が降るらしい。本降りである。予想では久しぶりに1.5立米/時を超える沢水が流れてきそうだが、こういう状況になってそれは困ったことである。生き物対応中の沢水からの配管経路は、急な増水があった場合には田んぼの方に水を流し込んでしまうし、田んぼ自体に降る雨もあるから、雨が降ると金曜日からのイネ刈りにはかなり影響が出てくる。ぬかるんでしまったら、畔際などをできる限り手で刈って乾くのを待つしかないだろう。なんだか熱い週末になりそうな気がする。そうやっておいて日曜日に一気に刈るという感じかな。獣害の心配もあり、延ばしたくはないところである。

 と思っていたら、救世主登場。水奉行(弟)が今晩から現地に入ってくれることになった。イノシシ除けにもなるとおもうが、雨で増えた沢水を田んぼに入れないようにしてもらうことがありがたい。納屋の外右側か入ってすぐの右側に、VU40ミリのエルボーをいくつか組み合わせたものがあるが、敷地反対側のパイプを外し、その仕掛けをつけて側溝に水が流れるようにしてもらえるとありがたい。

安物サーバーを何とか使う計画

 HPのML110 G5というサーバーマシンを買ったという話は書いたが、手こずっていた。いや、手こずっているという方が正しい。これの前に使っていたML115という機械が、比較的容易に普通のデスクトップに化けたから、調子が悪くなったことをきっかけに買ったのだが、中身はちょっと特殊なようで windowsXP をいれてもなかなか使えるようにならない。使えない理由というのは普通には遭遇しないこと、たとえばドライバーをインストールしようとするとC++のランタイムがないとか、それをインストールしようとするとMSのインストーラーが必要というようなメッセージが出てくる。それぞれを片付けようとするが何かの障害で止まるといった具合。結局、windowsXPのCDにSP3を組み込んでインストールした。
 その後もドライバーがなかなか入らず、昨日ようやくNICのドライバーを組み込めて、インターネットへの接続が可能になった。まだディスプレーのドライバーがちゃんと入っていないが、アダプターを組み込む可能性もあり、その時にいたずらされるのも嫌なので、まだ放置している状態である。そんなことをしている間に、もっと性能がいいノートを買ってしまったものだから、うまく動くようになっても微妙な立場に置かれることになりそうだ。
 ところで古い方のマシンだが、どう考えても熱暴走と思われる状態が続いており、異常も頻発するようになった。CPUには巨大なファンをつけているから、恐らくビデオカードのファン周りを掃除すれば問題がなくなるんじゃないかとも思うが、次が来てしまったし、その次も来ることになったから、もう居場所がなくなってしまう。ということで、またゴミが増えることになってしまった。

イネ刈り実施計画

 イネ刈りの計画である。どうも計画することが多いんだが、すべてにおいて計画的なわけではない。やはり農業という未経験の分野については、いろいろな情報を集めて自分なりに考えて計画として整理しておかないと、どうも心配である。必ずしも計画通りにことが進むわけではなく、想定外の出来事によって混乱してしまうこともないではないが、そういうときも計画があれば修正はそれだけやりやすくなると考えている。
 さてイネ刈りは金曜と土曜に決めたが、干し場の関係でおおむね半分程度を刈ることになる。予定では1号と3号を今週、2号と4号を来週としているが、生育状態と田んぼの状態をチェックして最終的に判断する。今のところ台風10号が発生しているが、影響については現時点では不明。週末の予報次第では半分といわずできるだけ刈っておこうといった状況が今後の台風などの動向によっては考えられるところだ。
 実際の作業だが、まず畔際や東西両端部を手で刈って、バインダーの移動を容易にしておくことから始める。1号から着手するつもりだが、刈ったイネはネットフェンスに干して行く。1号田んぼ分は干せるはずだ。終了後、1号田んぼにオダを設置する。先日切ってきた竹で22mのオダが3本できるはずだ。これは、無理すれば2号と3号を干せる程度の長さだと考えているので、最大限1~3号のイネも刈って干せる。そこまでいけば残りは4号田んぼ(約800㎡)だけになる。乾燥機もあることだから、台風や天気の状況次第では4号まで刈ってしまうことも考えに入れてあるが、はてさてバインダーでどのくらい作業がはかどるかは去年のデータでもひっくり返さないとちょっとわからない。
 大詰めになってきた。結局昨日は稲刈りまでできなかったが、一体全体今年のコメの出来はどうなんだろう。去年は、量的には相当貧弱だったけれど、その代わりうまかった。今年は、去年から堆肥やワラをまき、薬も化成肥料にも頼らずじっくり育ててきたが、もうすぐ結果がわかる。

ノートPCを購入した

 といってもまだ申し込んだだけだ。ネットブックが(私にとって)実用にならないことを確認して以来、実はいろいろ検討し適当なものを物色していた。ネットブックよりも少し規格が上がるCULVも検討対象にした。しかし、どうも中途半端な感じは否定できない。そんな中で候補に挙がってきたのは ThinkPad だった。ノートPCの初期(98系を除く)は DEC Hinote その次は Let's Note 、次は Vaio の UltraMobile 2台ときて、そのあとはあまりこだわらなくなっていたんだが(直前は Dell Latitude X1)、もう何台も買い換えないだろうし、昔からの伝統がまだかろうじて残っていそうな ThinkPad にしてみようと思ったのだった。
 重量は持ち歩ける程度(max1.5キロ)、マルチコア、5時間以上ということで選んだのはX201、BTOでメモリを4G(2G増設)、+タッチパッド、6セル電池。うれしいことにウルトラベースというドックがつくので、さして高機能でもない手持ちのデスクトップ(最新の1台はまだちゃんと動いていない)に代わってメインマシンとなる可能性も高い。通勤時も持ち歩く予定なので、今のところBLOG原稿を担っている pomera と交代できるかどうかが興味深いところだ。何しろ重量はAC込みで1.8キロ程度はあると思うので、余分な荷物(pomeraと単4電池)は減らしたい。 ThinkPad の方が余分だったりして。

サカナたちの待避所について

 田んぼを乾しはじめたが、ドジョウやメダカたちは何とか生き延びている。

67d0e979.jpg

 
1号田んぼはこんな具合である。沢水が一時止まったせいか、池の水がちょっと赤みを帯びていたが、1号の水出口も泡が立っている、ちょっと変だ。しかし、ドジョウはかなり集まっているらしい。昼でも近づくと泥を巻き上げて潜っている姿が見られるし、埋めてあるバケツを網で探るとドジョウが何匹も入ってくる。

e502951f.jpg


2号も、1号とほぼ同じ状況だ。

54be3a6e.jpg


3号は、田んぼの水位が低くて作っておいた待避場所にドジョウが上れたかどうかは不明である。1匹のかなり太ったドジョウが田んぼ側で死んでいたから、ここのドジョウたちは逃げきれていない可能性もある。


7a4ec456.jpg


4号はもっともうまくいっていると思う。シロメダカの群れはいくつもあって、合計ではかなりの数になる。また、目立たないけれどクロメダカも群れを作って泳ぎ回っている。ドジョウの姿はあまり見えないが、4号の待避場所はかなりの広さがあるので、色々なところに隠れているんじゃないかと思う。

1caf5f7e.jpg


 という具合で、沢水が切れて干上がったりしない限りはサカナたちは生き延びると思う。冬をどうやって越させるかについては追々に考えたい。
 

稲刈りは今度の金曜土曜

0d9eafc2.jpg


 イネはかなり黄色くなっていた。穂もかなり重くなっているようだ。9月10日の金曜日は休暇を取って稲刈りを行うことにした。3連休になるので、ネットフェンスと竹のオダの容量いっぱい分、刈ることにした。延長100m程度は穫れるはずだから、全体(1反9畝)の6割程度は刈れるんじゃないかと思う。雨が降ったり、田んぼの乾燥具合が不十分なときは予定変更もあり得るが。

baa66e26.jpg


 ところで今日、第2農場に行って地主さんと話をしていたら、知り合いの農家の田んぼ(4反)が全滅になったという話を聞いた。「へーっ、電気柵はやってなかったんだね」といったら、「いやあ、電気柵はつけていたらしいよ」
 これはまずい、ここまできてやられたら悔しいなんていうもんじゃない。それで、田んぼ側の部屋の電気をつけっぱなしで帰ってきた。ケモノが侵入するであろう竹藪側から家の様子を見てみたが、まるで人がいるように電気の光が漏れている。皆さん、これはヤツらには黙っててくださいよ。

本日の仕事

 暑い一日だった。木陰はちょっと涼しかったり、時折吹く風がヒヤッと冷たいときもあるが、炎天の下では流れるように汗が出る。冷たいお茶などはいくらでも飲めてしまう。
 
「午前中」
 第2農場にオクラをとりにいったが、こっちのサトイモにも虫がついていた。第1のような大きなイモムシは少なく、小さなヤツがたくさんついている葉があった。一応目につくものを取ったが、本当に今年のサトイモは散々である。普通の年ならサトイモにつかないような虫も、水分が比較的多いサトイモの葉につくのではないかと思われる。昨日ポチで耕耘した畑に、モミガラ燻炭とボカシを撒いて午前中の仕事は終了した。

5694242b.jpg

 
「午後」
 畑の続き、ついでに石灰も撒いてもう一度耕耘したあと、畝をたてた。暑さのせいかどうかはわからないが、畝は随分クネクネ曲がってしまった。書くと簡単だが、本日はこれで終了。

0be1e785.jpg


 ダイコン畑の方はそれほど曲がらなかった。

db5a11da.jpg

冬野菜の準備・耕耘

11ed00d4.jpg


 割れていたポチのマフラーを交換した。

eae0c323.jpg



多少は静かになったポチで、久しぶりに耕耘した。ジャガイモのあととソラマメのあとだ。いずれも冬野菜の予定地である。

0a3a56f0.jpg


 土は乾燥しきっている。耕耘作業中は土埃が舞い上がる。このあたりは去年ダイコンを植えたところだ。連作障害はあまり心配要らないので、今年もダイコンの予定。

fb69914d.jpg

サトイモがひどい状態になっていた

b27f9023.jpg


 サトイモが危機である。枯れている葉も結構ある。水が絶対的に足りないようだ。ご近所でもみんな同様らしい。田んぼの水が不要になったため、沢水の一部をサトイモの方に回してみることにした。

e0d1050c.jpg


 ドジョウたちもいるので全部サトイモに回すわけにはいかない。40㎜VU管と黒ポリ管の隙間からいい具合に漏れて、田んぼにもサトイモにも水はいっているが、残念ながら総量が少ない。どちらも中途半端になってしまうので、田んぼに水を回すことにした。ドジョウ対策である。

c5fe3545.jpg

 
 夕方暗くなってから見回りに行った勘定奉行が叫んでいた。サトイモの傷みは日照りだけじゃなく虫がいっぱいいるというのである。いってみるとなるほどその通りで、大きなイモムシが面白いほど穫れる。洗面器に貯めていたのだが、残念ながら写真は撮り忘れた。まあ、見ない方がよさそうなものだった。

今日の作業・田んぼ関連

1144a48c.jpg


 朝到着して田んぼを一回りした。イネは順調に育っている。

1e3b68a2.jpg



水を止めようと池に行くと水が出ておらず、池の水面も出口のパイプから15cmほど下がっている。そのまま水源地に行くと取水装置から出ているパイプが外れていた。これはつなげばすぐ直る。

f231bf82.jpg

 
 
 戻ってからそれぞれの田んぼの出口パイプを下げていく。それでしばらく様子を見る。1~3号では水の出口のあたりにドジョウは集まり始める。4号にはメダカもいるが、上の入口のあたりに群れがいてなかなか降りていかない。メダカやドジョウは4号全体に広がっているようなので、前に掘った溝をもう一度浚っておくことにした。
 また、もともと水が通過していた4号を干すためにはバイパス水路が必要ですでに掘ってあったのだが、途中で水を吸い込んでしまうため、パイプをつないで敷設してみた。こうしておけば4号の下側の池も干上がることがない。

6223c0be.jpg


b028bf8f.jpg


 
 夜になってから観察にいってみたが、ドジョウたちは水の出口あたりの深いところに集まり始めている。水が少ないため泥で濁っているが、かなりの数だ。田んぼの中に残っている連中もいるかもしれないが、そこまで面倒を見きれない。小さいサイズが多いため、越冬させて来年大きくすることになる。方法を考えておく必要がある。

今週末の作業予定

 イネ刈りも近づいており、今週の平日は少し長く感じた。今晩は横浜の家で片づけ作業などを行うため、会所には明日行く予定。ちょっと難航気味の冬野菜の種まきについては、水撒きなどの面倒を見ることができる横浜の家でもやり始めているので、突発事態が発生していなければそれほどやることはない。今のうちに堆肥を撒いたりして畑の準備をしておくこと、田んぼを干し始めることから、それなりにやることはあると思うが、田んぼ内の溝切りやバイパス水路を掘ることなどは済んでいるため、大きな仕事はないと考えている。

ecc9641b.jpg

 
 イネ刈り後の田んぼの計画も考え始めており、3号については刈ったらすぐに畑に転換させ、去年10月中ごろに播いて遅かった冬の作物(ホウレンソウ、タアサイ、大根、カブなど)をシルバーウィーク中に撒く予定である。白菜やキャベツ、ブロッコリなどはすでにタネをまいていてそれを植え替えることになるが、数を増やすように畑奉行には頼んである。なにしろ、3号だけでも400㎡以上あるので、かなりの株数が必要になる。2号については1週間遅れで空いてくるが、そこまで広げるかどうかは考えどころである。とりあえずタネをまいて放っておくという考え方もある。

 横浜の家でもイネが育っている。会所より少し遅いくらいか。生育状態(分けつ数など)は、少し劣っているかもしれない。
b9bf6222.jpg

iPod を整理する

 iPod については、最近収録曲数が増加してジャンルも増えたので、中身の整理をすることにした。別に減らすわけではなく、iPod の基本機能を活用して、5段階の評価をつけようというものだ。トータルで1万8000曲のうち、半分ぐらいは評価ずみだったが、ばらつきをなくすためにはもう一度同一基準で見直す必要がある。なんていう馬鹿なことを始めたもんだから、電車の中では結構忙しい。
 iPod では、5段階の評価をつけられることを前に書いたが、そのうちの★★★★★と★★★★はトップレートの曲ということでピックアップできるのだが、私の場合、大体収録曲の10%強がこのランクになる。また、容量が少なめの iPod Touch(32G) には★★★までをコピーすることにしているが、ここまでで全体の20%強になる。

 しかし、結構大変な仕事である。たとえば Elvis Presley については 1,679 曲も入っており、おまけにいろいろなベストアルバムを入れているため、重複がはなはだしい。最初は重複は考えずに決めていたが、あまりにもダブル曲が多いため、最後には iTunes で整理することにした。そのほかで多いものというと、 The Beatles(860) The Beach Boys(898) The Allman Brothers Band(514) Michael Jackson(483) というところ。日本代表は Southern All Stars(375)

 なお、何らかの原因で アーティスト名やアルバム名が消えてしまったものもある。MP3のタグ修正ソフトまで使って直しているので、一体いつになったら終わるやら、という仕事になってきた。

電車の中吊りが少ない

83ed835a.jpg


 東京駅で東海道の始発に乗って辺りを見回したら、何か物足りない。いや、すっきりしているという感じかもしれない。中吊り広告が明らかに少ないのである。ざっと見回したところでは、10枚程度は空いていた。車両の半分くらいは視界に入っていると思う。
 張られているものの中には、身内のスイカのものもあったから、広告主が減っているんじゃないだろうか。明日の木曜になれば週刊誌がいくつか出てくるはずだが、それでも不足である。不景気ということだろうか。

黒酢の効用

 世の中ではダイエットなどに効果があるとして黒酢が人気らしいが、実は当家でも流行し始めた。このところ、朝にかけての睡眠中に出る蕁麻疹に悩まされていたカミサンが、これを試して良好な結果を見ていることがきっかけ。ウィキペディアでは、黒酢のダイエット効果については、「ただしそのような効果を示すデータは不十分で、逆に過剰摂取は健康に被害をもたらす恐れがある。」と素っ気ないし、もちろん蕁麻疹に効くという記述はどこにもないが、実際に蕁麻疹には効果があったようだ。
 ついでに私にも飲んでみたらということになったが、あまり深くも考えずに出されたものは飲んでいる。まだ1週間くらいだから効果が出るには早いのだが、さっき測った体脂肪率は以前から1割以上下がり、20%を切っている。きっと、この暑い中で汗をかいて野良仕事をした結果だと思うが、それに黒酢の効果が加わったら、と思うとなんだか楽しみである。

e9e50cd5.jpg

さっき買い物に行って3種類の黒酢を買ってきた。一番面白いのは左の背の高いビンである。中国産のものだが、740ccで、なんと195円。 もう一度書く、195円(3桁)である。ハコもついて見た目は一番立派だが、この価格は一体何だろう。右の2本は単位両あたりでいうと5倍くらいになるようだ。

私は帰宅困難者?

親切な会社というべきなのか、こんなメールが届きました。
----------------------------------------------------------------------
東京湾北部地震(M7.3 最大震度6強)が発生した場合の
あなたの徒歩帰宅距離・時間をお知らせします。

勤務地:赤坂見附
自宅住所:横浜市中区
距離:36.2km
時間:560分  ※下記の【帰宅困難者とは…。】を参照。

【帰宅困難者とは…。】
東京都の報告書では、「自宅が遠隔なため帰宅をあきらめる人々や、一旦徒歩で帰宅を開始したものの
途中で帰宅が困難となり、保護が必要になる人々」を帰宅困難者と定義しています。
自宅までの距離が、
 10km(約2.5時間)を超えると1km増すごとに1割が挫折、
 20km(約5時間)を超える距離では全員が帰り着けない
とし、区部直下型地震(M7.2)が起きた場合、約371万人が帰宅困難になると推定しています。
----------------------------------------------------------------------

 これでみると、どうやら帰宅困難者に該当するらしい。実は、そうした状況は想定していないわけではない。靴はウオーキングシューズ的なもの(ROCKPORT)を履いているし、カバンの中にはLEDライトも入れている。京浜間の道については全く心配はないが、臨海工業地帯を避けて第2京浜を歩くルートが距離の面でもいいんじゃないか、といったくらいは頭でシミュレーションしていた。農業にかかわる前は街道(東海道+日光街道+中山道途中まで)歩きをやっていたから、暑くても寒くても30キロ/日くらいは歩いたことがある。だが、36.2キロというのは確かにまだ経験したことのない距離だ。確かに、帰宅困難者といわれても跳ね返すのは難しそうである。
 そうなると、大混乱の中を歩くよりは仕事場に籠城して落ち着いてから帰ることも選択肢になってくるだろう。本当は会所の家に行けば、ジャガイモやコメなどは売るほどあるしいいんだが。
 
 ということで、会所までの徒歩距離を確認してみた。そうすると、98.4キロということが判明。これは3から4日はかかる距離であり非現実的だ。横浜というのは意外に近いということを認識した。続いて、横浜の家までの距離を確認してみた。会社の調査結果よりも GoogleMap は少なめの33.0キロをはじき出した。ベイブリッジを渡ると近いんじゃないかと思ったが、こちらは33.2キロ。ベイブリッジは首都高速湾岸線以外に一般道もあるから渡ることは可能だが、問題が発生して渡れないこともありうる。横浜桜木町周りの方が距離が近いことを確認したから、わざわざ橋経由にすることもなさそうだ。
 
 余計なことかもしれないとは思ったが、こういうものが届くと自分でもいろいろ考えることになり、悪いことではなさそうだ。結構重要なのは靴だろう。特に気になるのは女性の方々の履物だ。ハイヒールは問題外、サンダルでもずっと歩くのは大変だ。運動靴で通勤するわけにはいかないだろうが、対策は考えておくべきじゃないかとひとごとながら気になっている。
プロフィール

房総で百姓やってる...

アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    月別アーカイブ
    • ライブドアブログ