定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、配達もやっていたが、古希を迎えたこともあり、2019年春に毎週の直売をやめた。不定期の直売と宅配便利用のコメやイモ類の販売に移行している。

2011年01月

竹の伐採

 そろそろ竹を切る時期だと思う。別にすぐに燃やそうという訳じゃない、春のタケノコの出方に活を入れるための方が目的としては大きい。それと、近所のおばあちゃんから、竹にしても木にしても、夏に切ったものは使えねえ、冬に切っておかなくっちゃ、と教えてもらったからでもある。落葉樹を切ったと思ったら、今度は竹である。何とも色々あるもんだ。
 前にも書いたが、竹藪の密度は「傘をさして歩ける程度」らしいが、当家の藪はとてもこんなもんじゃなく密集している。タケノコも出たくなくなっているわけだ。まあ、竹藪をいじりだすとキリがなくなるけれど。

パン窯プロジェクト

 頼んでおいた「ピザ窯・パン窯の作り方」という本が届いた。意識的だとは思うが、表紙に載っている写真はとても簡単そうな作りである。石をふつうに積んで板をおいただけ。ちょっとやっかいそうだと思う煉瓦のアーチなどにはなっていない。これならできそうだ。
 計画はすでに頭の中で動いていて、10~15平米くらいの屋根付きウッドデッキ(あずまや)に隣接する窯と五右衛門風呂を配置するので、それを収める場所を検討している。1年前の田んぼ拡張までは結構余地もあったのだが、今はなかなか難しい。田んぼと屋敷の間の一角に注目しているが、足下にはかなりレベル差がある状態なので、ウッドデッキ構築にはそれが一つの難点、もう一点はそのあたりにある数本の茶の樹、イワツツジ、それにエビネなどが邪魔になり、移植する必要があることかな。
 五右衛門風呂については、さびてはいるが釜は転がっているのに、カミサンは猛反対。夏になったら山蛭の餌食になるというのである。誰も入れといっているわけじゃないんだが。夏の夕方、農作業を終えて田んぼをみながら風呂にはいるということの気持ちよさ(?)は、どうやら理解されていないが、私としてはこれもやってみたい。パン焼き窯の火で風呂を沸かすというのは一石二鳥っていうもんじゃないか。

カラスが集合

e0703fc0.jpg


 年末に一時横浜にかえって直売所を開店した時のこと、うちの前の墓地に異常な数のカラスが集まって騒いでいた。ピーク時には30羽を超えていたんじゃないかな。人でも死んだんじゃないかなどと話をしていたのだが、あとで考えてみると直売所に並べている野菜類を狙っていたというところではないだろうか、と思われた。確かに、ごみの集積場所への彼らの攻勢にはかなりひどいものがある。幸い被害はなかったが、目をつけられると厄介そうだ。会所の農場での獣害防止は当たり前だが、横浜まで必要とは。

 新年の直売所開店は、1月11~12日の予定です。

燃料としての竹について

 ラーメンのスープを炊く時に、その辺に転がっていた竹を使用してみたが、火力がかなり強く火も着きやすいので、燃料として結構使えるのではないかと思われた。ただ、火力は強いけれど長くもつものではないため、どんどん燃えぐさを追加する必要がある。あと、今回使ったかまどとお釜の組み合わせでは、竹を入れすぎると火の勢いが強くなるせいか、吹きこぼれることが何度もあった。放りっぱなしというわけにはいかないようだ。春のタケノコをゆでるときにはアクもこぼれてちょうどいいかもしれない。

29188590.jpg


 当農場には孟宗竹が無尽蔵にあって、何とか始末をしていきたいところである。燃やして灰にするのはなかなかいい方法だと思うが、タケノコを茹でるだけではちょっと使いきれない。もうちょっと前なら、給湯器を交換するときに灯油と薪併用のものにする手はあったんじゃないかと思うけれど、いまさらいってもしょうがない。やはり、屋外に五右衛門風呂を作るしかないかもしれない。
 この前兄弟で集まったときに、ピザ窯・パン窯を作ったらどうかという話が出た。さっそく作り方の本は注文したのだが、窯場には屋根をかける必要もあるだろうし、どうせなら風呂場と窯場を一緒に計画してみるのもいいんじゃないかと考えている。そこは当然BBQの場にもなるわけだ。どこまでできるかわからないが、ヒノキがかなりの本数でてくるはずなので、屋根をかけるときの構造材くらいは何とかなりそうだ。ただ、広いようでもなかなかそれだけのスペースを確保するのは難しい。庭木の移植などをやって融通する必要が出てくるだろう。
 ちょっとずれて広がってしまった話題を竹に戻すと、竹炭を作ったらどうかという提案が弟からあった。これについては前から考えており、20Lのオイル缶を使う方法も調べていたところである。竹炭というと、燃料というよりはもっと幅広い用途もあり得るので、竹の処分方法としては興味があるところだ。

フリーウエーは西へ

69edc08e.jpg


 長丁場のあとだったから、今日は早めに引き上げてきた。アクアラインから湾岸線はちょうど夕暮れ時になった。いつもは真っ暗だし、朝会所に行くときは東向きで見ることができない富士山もよく見えた。
 
c91877cd.jpg

巣箱探し

3b2a07c7.jpg


 フクロウ山の写真である。この中に巣箱が二つ映っているのだが、おわかりだろうか。去年の2月末に作ったはずだが、その時期だとフクロウの巣探しは終わっているということで取り付けを見送っていたのだが、今回の休みに巣箱をつけることができてとてもよかったと思っている。

 一応のヒント、
    地上3~4mの高さに設置
    入り口は北向き(写真の向こう側は南西)

ホダ木作り

 昨日はカミサンだけでなく私も少しバテていた。朝はバナナだけ、昼はお餅一個と食べるのを控えてみた。そんな具合だから、最終日は片付け主体。農場中に散らばっている道具や剪定滓などを片付けた。
 しかし、昨日のコナラもちょっと片付けておきたい、ということで一番邪魔な場所に横たわっているヤツを玉切りしてみた。調べてみると、春に切って菌を植えると書いてあるが、どのくらい録れるかも判らないので1本だけ解体してみたのである。
 
c89517a2.jpg

 
 玉切りしたのは4本のうち一番太いと思われるもの、年輪では30歳程度と判明した。幹の下の方はかなり太い、枝の方になってもホダ木として使える太さのものも多く、とりあえず16本のホダ木を作ってみた。まだ数本は作れると思うので、切る前に見当をつけていた10本よりかなり多そうである。
 ということで、今年はこれくらいで間伐をやめておこうと思う。もっとも、林の中でもっと本数の多い常緑樹(種別:今のところ不明)を数本切って、シイタケができるかどうかを試してみることも考えている。

今日はキコリのまねごと

 今日はカミサンがダウン、○○の霍乱という感じだが、年末から連続で作業・正月の支度・直売所をいろいろやったので疲労だろう。かくいう私も快調ではない。

d0591477.jpg

        真ん中の樹を最初に切った

 やはり今日はホダ木用の樹を切った。スタートは遅めの11時、終了が16時だから正味は4時間。その間にコナラらしき樹を4本切ったので、1本/1時間という歩がかりはちょっとかかりすぎの感がある。

e9f302f2.jpg


しかし、それには理由があった。4本とも簡単には倒れてくれなかったのである。雑木林の密度もやはり高いため、絶対に周囲の樹にもたれかかるのである。ロープをくくりつけて引っ張ったりするが大抵駄目。

3f1f3845.jpg


もう一個所切れ目を入れたりしながら何とか倒したが、容易ではない。2個所も切れ目が入ると、どう折れていくかも予測しづらいので、チェーンソーではなく手引きの鋸を使うので余計時間もかかる。

0f934177.jpg

        ヒノキ林に行く道をふさいだ

 かなり太いコナラを4本切ったので、今年はこのくらいでOKだと思う。しかし、倒しただけでほかの樹にもたれているものが2本あり、それはちょっと手をつけられない。ちゃんとホダ木にするのは春の乾燥後になる。

d4e41186.jpg

        樹齢は30年前後らしい

正月から燻炭を作っている

a6693f0a.jpg


 昨日の午前中に着火したモミガラ(自家の9袋)は、昨夜がピークで燃え盛っていた。ただ、霜が降りているし、低温と湿気でなかなか表面まで黒くなってこない。午前零時頃に携帯のアラームをセットして就寝。

 2時半頃目が覚めたので見に行くと、表面が半分くらい黒くなっていた。かき回すと中は赤く燃えている。LEDライトの明かりを頼りに水を引き込み、全体をかき回した。そのまま二度目の就寝。

aa43a527.jpg


朝になって見に行くと完全に火は消えていた。昨日の未明の仕事がうまくいったようだ。水を引き込んだあとにかき回す必要はあるが、この水を引き込んで消火する方式はなかなかいいようだ。

朝の冷え込み

 時々書いているが、会所の冬は寒い。毎回、横浜に帰るときに車の外気温計で比較するけれど、おおむね5℃くらいは違う。農場は、西仁山を背負っているから、今の時期だと16時頃には日が陰り急激に寒くなるが、暗くなったらすぐに霜が降り始める。そういえば、温度計のボタン電池が切れていて温度が測れないのだったが、決して温かくはない沢水も気温のあまりの低さに水蒸気をあげていたりする。

df240b4c.jpg


 朝一番は、キャリイもこんな感じで霜に包まれている。ガラスはすっかり磨りガラス。

ac10e1f7.jpg


 それでも、日が当たり始めると一気に霜は溶けて暖かくなってくる。こういう寒暖の差が野菜を美味くさせるらしい。

2ca636d1.jpg

正月二日の作業

 今日は、遊びに来ている弟たちに手伝ってもらい。燻炭の袋詰めと、うちで出たモミガラを燻炭にする仕事をやった。そのあとは暖かい陽ざしのなかで、今日はキンモクセイを2本剪定したが、明らかな失敗。そのほかはイワツツジを片っ端から剪定。
 しかし、このあたりで庭木から山の仕事に戻らないと正月休みが終わってしまう。ということで、明日は山に入ろう。

正月元旦の作業

 元旦といっても365日のうちの1日、週末農家としてはじっとはしていられない。ということで、去年の続きで剪定をやった。

0ca32a2c.jpg

        剪定前

 今日のメインは、下の畑周りの樹木。最初は、納屋の裏の柘植と思っていたが、やっている途中で柘植ではない別の種類らしいと気づいた。でも、もともと柘植のように剪定していた形跡があったので、それを継続していたからいまさら換えようもない。そのまま続ける。
 途中、古い鳥の巣を見つけたりしたが、無事完了。しかし、柘植とはどことなく違う感じ。
 
ed080620.jpg

 

ce233884.jpg

 
 続いて、そのそばにある柘植、これは本物。最初のうち、カミサンがやっていたが、途中から引き継いで脚立を使用しながら剪定。この柘植はブランクが長かったようで、近い玉がくっついている個所があり、2個所は大きな枝を切った。
 
fdca9994.jpg

 
 元旦ということで、このくらいの軽い仕事にした。
プロフィール

房総で百姓やってる...

アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    月別アーカイブ
    • ライブドアブログ