定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

2011年04月

不耕起栽培について、見直すか

 腰痛のため体は動かせず、いろいろ考えるのみである。現在の田んぼの状態だが、沢水の量は23秒/6L=0.94立米/毎時程度だけれど、1~2号は満水、3~4号が3分の2程度となっていた。
 ちょっと前(田んぼの代掻きをする前)まで、全く水が溜まらなかったのが劇的に変化した。あらためて代掻きの効果を確認したのだが、そうなると4号田んぼが心配となってくる。面積でうちの田んぼの半分近くを占めているが、4号まで水が落ちてもそれが十分に溜まらない事態も予想される。 一応、川水揚水については増強することになるが、このままでは去年までのようにほとんど沢水でまかなうというわけにはいかなくなることが懸念される。水も少ないみたいだし。
 ということで、GW中によく考えて不耕起でやるか在来スタイルでやるかの検討をするつもりだ。改造管理機のテストと追加する水中ポンプの働き具合も見て決めよう。

何ともいいようがない状態

 今朝一番の仕事は池掘りだった。スコップ担いで現場に行き、まず頭上にある柿の古木の枝を払おうと、左手で枝を藻って鋸で切り始めた。半分ほど枯れていた枝はあっけなく切れたんだが、その瞬間に枝を持っていた左手がバランスを失い、よろっとよろけた瞬間に腰に激痛が走った。
 そうなると足も思うように動かせない。スコップを杖代わりに何分もかけて家に戻り、湿布を貼って痛み止めを飲んだが、そんなことで簡単に直りはしない。おかげで今日は青空を眺めながら布団で(ゴロゴロもできず)過ごす羽目になった。ああ、貴重な時間が過ぎていく。

会所は春たけなわ

 春はいろいろな花が咲くが、もっとも待ち遠しいのはこれ。
 
f03bb4f8.jpg

 
 イワツツジも盛りである。
 
4e3f2dc7.jpg

 
 
 花ではないが,ワラビもよく穫れる。うちのワラビは太くて柔らかい。

80f5c44e.jpg

本日の作業

3c1d6c1e.jpg


 今日は横浜から苗を運んできた。コンテナに積んでブルーシートでカバーしてグルグル巻き、MAX80キロでそろそろと走ってきた、問題なし。苗は1号田んぼに並べてネットをかけてある。一昨年はシカに食われたのでその予防である。

4681474c.jpg

 
 あとの仕事だが、サトイモ・サツマイモ・落花生の場所を一通り耕耘した。トラクターを借りたので驚くほど早くできた。夕方前は竹藪でタケノコ掘り、そのあと池を掘りかけたところで本日の仕事完了。

5bb632fc.jpg

GW中の作業予定 (見直し版)

 去年のBLOGを読み直してみたが、4月の後半に入って山ほどとれていたタケノコだが、今年はかなり不調である。作業を休んで横浜に戻るほどは収穫できないだろうということで、5/2~3の直売所は開けないことにする予定。行ってみてよっぽど収穫できれば別だが、そんな状況にはどうやらなりそうにない。ということで、予定の作業に加えて「サトイモ畑耕耘・植付」、「ジャガイモ畑草取り」、「刈払機による農地周辺の草取り」を行うことにした。
 
 ① 改造管理機の再改造
   4号田んぼ整備          1日
 ② 第1農場電気柵設置
   防獣柵整備           1.5日
 ③ 第2農場電気柵設置       1日
 ④ 川水池掘削
   川水配管経路変更        1.5日
 ⑤ 沢水配管整備・つまりチェック  0.5日
 ⑥ 1~3号田んぼ整備       1日
 ⑦ タケノコ・ワラビ収穫      (5/8)
 ⑧ サトイモ畑作り、植え付け    0.5日
 ⑨ ジャガイモ畑草取り        0.5日
 ⑩ 全般の草取り           1日
 ⑪ 田植え定規の製作        夜間作業
 
 所要時間は少し見直した。どこかで茂原のカインズホームに(④関連で)ライト管を買いに行く必要もあり、これであわただしいGW10日間はヘロヘロになって終わるはずである。

田植え定規の製作

 去年もそうだったが、苗の生育状態は心配なものである。ジャッキーさんもそうらしく、もう一回播こうかなんて考えているらしい。私も明日会所に運んで田んぼに並べたらきっとそう思うんじゃないかと思っている。1週間ほど前だったか、nakakaneさんから、苗が40枚余っているけどどうしますと言われて、自分で作ったやつで大丈夫とは還したが、例によって30枚余のうち少なくとも機械では無理という箱がいくつかあるのは間違いない。去年も、生え方はまだらだったが苗の出来は悪くなかったから、今年は自前の苗は前提として、場合によっては手植えを行うつもりである。
 そこで、田植えの定規をこのGW中に作ってみようと思う。今検討中のものは2案。

fa9ce239.jpg


f99256a9.jpg


 古民具の定番は案1の方である。うちの納屋に残っていてもいいと思ったが、これはなかった。案2の方は、恐らく製作の手間が3分の1くらいでできると思う。時間が限られているから案2にせざるを得ないと思う。冬の間に案1を作ってみようかと思う。
 一昨年は1~3号、昨年は1号の4割程度と手植えの割合は減らしたのだが、ヤッパリ疎植で立派に育てようと思うと手植えも捨てがたい。様子はわかったから、去年までに比べれば能率もそれなりに良くできるんじゃないかと思う。もちろん、こういう定規がちゃんと働いてくれることも期待してだけれど。

いったい納車はいつだろう

 2ちゃんねるだったか価格ドットコムの口コミだったか、プリウスワゴンの納期につながる情報が書いてあった。トヨタから契約見合わせの指令がディーラーに対して出たというのである。生産能力と契約件数を見比べると、エコカー減税の対象となる期間の年度内納車が難しくなるためとのことである。真偽のほどははっきりしないが、なるほどそんなことはあるかもしれないなと思われる理由である。
 コンセプトが類似したフィットシャトル・ハイブリッドとのバトルも発表と発売開始の予定が決まった2月頃から始まっていたが、同様に期間未定の延期となり、水面下での暗闘になっている感じだ。プリウスワゴンの停滞で、もしかしたら価格面でも優位性があるフィットシャトルが優位になって、前は負けたインサイトの雪辱をはらすかもしれない。私の場合は塾講の末プリウスワゴンにしたからいいのだが。
 

田んぼエンジニアリング

 2年間を振り返ってみると、田んぼというものは、かなり要素が多いエンジニアリング的課題であることがわかってきた。土を動かして平らにし、さらに水を引き込んで溜めるようにする作業は推理を含む土木工学の問題のようだ。それに高校の時の生物化学物理の内容とは類似性が高い。それ以外、たとえば農業としての知識や判断はどうなんだ、と聞かれると答はかなり難しい。ほとんど基本を知らない私がインターネットでいろいろ情報を集めて思いつきでやるもんだから、毎年やり方は変わってしまう。今年4号田んぼでやろうとしている冬季湛水不耕起栽培などは、近所の人に話すと一様にあきれ顔になって、「フエー、そんなの聞いたことねえ」という反応になる。最初の年の乳苗を植えるという方法の時もそうだった。
 しかし、そんな無茶な実験をしても稲はどうもちゃんと育ってくれるようである、プロのように10俵/反とはいかないが、最初がその半分、次の年には前年比2割増だからありがたいものである。今年もきっと稲の頑張りに期待することになるだろう。ま、環境づくりというのが仕事なんじゃないかな。

軽トラ、ただいま出張中

 全く同じタイトルで昨年の4月26日に記事を書いているが、今年も全く同じことをやっている。内容を読んでみてもほぼ同じ状況だ。ただ、今年は母親がちょうど旅行中ということもあり、フィールダーを会所に置いたまま軽トラに二人乗りで帰ってきた。狭い上にボンボンはねる乗り心地に私は完全に慣れてしまったが、カミサンもそろそろ平気になってきたんじゃないかな。
 アクアラインの料金は今後どうなるのか不明だが、現時点ではアクア+圏央道(木更津東まで)は普通車の1100円が890円と多少安くなる。おまけに、110キロ以上は物理的・精神的に無理だから、絶対にスピード違反では捕まらないというメリットもある。アクアライン以外の高速だが、本牧から浮島までの湾岸線は600円というコストと20分プラスの時間を考えると、通常の場合はメリットなし。房総側の圏央道は300円と20分以上の時間差はメリットありと判断。
 途中で給油したが、リッター13キロ。鴨川とか茂原のカインズホーム往復と、近所の畑めぐり。3速ATだからこんなものだろう。それにしてもプリウスワゴンは一体いつ来るのだろう。

川水配水経路変更の詳細

 現在川に沈めてあるポンプはツルミのKTZ21.5だったと思う。カタログ上の全揚程は15mだが、これの性能曲線を眺めてみたところ、現在実際に出ている水量(3立米/時=0.5立米/分)は全揚程=20m程度の数値であることが確認できた。配管の抵抗があるはずだから、実際の高さはもう少し低いと思うが、ポンプの能力の限界に近いところであることは間違いない。こういう状況だと、現在の峠(配管の最高部)を下げると流量は結構増えると推測される。さらに、水中ポンプと塩ビ管をつなぐサクションホースのトグロを伸ばしたり、配管経路を整理することと合わせれば、水量増が期待できる。増えた水を今回購入した小型の水中ポンプで1号まで揚げるという計画である。
 前にも書いたが、一番厄介なのは樹やタケの根がはびこる場所に池を掘ることである。一応,遮水シートはあるけれど、タケノコが生えたら穴が開く。どこかに風呂桶の古いのがないか近所を回ってみようと思う。実は当家に五右衛門風呂はあるが、容量的に不十分という気もする。穴を掘って一部に風呂桶を埋めるやり方かも。

571cf1e7.jpg


 
livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    • ライブドアブログ