定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

2011年09月

メダカの移住(2パターン)

 4号の一番下に作ってある池には無数のメダカが集まっていた。しかし、相変わらず沢水が少ないため、そこも絶対安全とは言い難くなっている。そこで、ある程度のグループを他に移すことにした。
 一つは、沢水が入ってくる池である。ここは、水の保持という意味では一番安全なところだ。ここに、大体100匹程度のメダカを入れてある。

2ecdbeb7.jpg


 もう一個所はトロ箱である。いままで一つだったが2つに増やして、そこに50匹程度のメダカを入れた。その中には田んぼの中に取り残されていた米粒より小さい子メダカも混じっている。

aee5aeeb.jpg

 
 さっき、トロ箱の中を見ていたら、久しぶりにガマがいた。この1ヶ月ほど姿を見ていなかったが、こんなところで見かけるとは思わなかった。しかし、彼はメダカを狙っているのだろうか。
 
f14921e3.jpg



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ  全国の定年到達者、予備軍の皆々様 「定年帰農」を「ライフスタイル」の定番にしよう。

明日の仕事の予定

 今日見送った籾摺りをやる予定。幸いなことにコメも少ないので(と、前向きに考えよう)、簡単に終わるはずだ。それに、1回で済むからすぐに掃除までできてしまう。おまけに、動力線(3相200V)も一回で済むから、来年まで基本料金は半分で済むだろう。という風に考えるのだが、やっぱり来年はもっと穫りたいものである。
 その他の仕事だが、私の播いたタネは芽が出ないという評判ができあがりつつあるので、今回出ていないホウレンソウと聖護院カブを播くことにしよう。カブは少し遅いかもしれないが。
 あとは、箱ワナの製作準備をやっておこう。今日鴨川に行ってカインズホームで聞いてみたら、欲しいサイズ(鉄筋径6㎜、目合い10cm)は、(他店を含め)カインズホームでは扱っていないといわれてしまった。
 夜は電子工作の時間で、電気柵の装置の残り、抵抗の半田付けをやってみるかな。コメも一段落だし、そのくらいにしておこう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ  全国の定年到達者、予備軍の皆々様 「定年帰農」を「ライフスタイル」の定番にしよう。

ハーベスターを掃除した

a37bc8e2.jpg


 この前のバインダーに引き続き、今日も役目を終えたハーベスターを清掃した。色々取り外せるパネルはあるので、できる限り外して徹底的にやってみた。
 毎回思うのだが、コメ作りに使う機械はいずれも実によくできている。毎年1回しか使わないが、大変お世話になるので、丁寧にメンテをしていこうと思っている。今回はエンジンオイルも交換したが、規定量の倍くらい入っていて、あたりは廃油だらけになってしまった。まあ、こういう機械ではエンジンオイルも冷却の役目を負っているはずだから、少ないよりはいいだろう。

d5023816.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ  全国の定年到達者、予備軍の皆々様 「定年帰農」を「ライフスタイル」の定番にしよう。

今年の米は予想以上に厳しい結果に終わった

de29db1a.jpg


 今日は、予定通り朝からハーベスターを持ち出し、脱穀を行った。しかし、作業が進むにつれて順調すぎることが気になってきた。作業自体はいつもよりも面倒なのである。倒れていたイネなども束ねていたから、一回脱穀しただけでは取り切れないものもあり、一度通したものをチェックして、残っている穂を外したりという作業が余計にかかっていた。しかし、干している束はどんどんなくなる。しかし、モミを入れた袋はあまり増えない。
 結局、モミを入れた袋は20キロ×9袋、前に1号の古代米とコシヒカリを脱穀済みだが、それを加えても250キロ程度しか穫れていない。去年の収量に比べて4割弱という結果である。予想していた以上に踏み荒らされたり食われた被害が大きかったようだ。

6185bf97.jpg


 少々がっかりはしているが、まあ仕方がない。来年に向けて淡々と用意をすることにしよう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ  全国の定年到達者、予備軍の皆々様 「定年帰農」を「ライフスタイル」の定番にしよう。

今夜の会所農場は平穏無事だった

 代車のプリウス(先代)で農場にやってきた。気温は14度と低い。皆さん、風邪をひかないように。といって、自分でひいてしまいそう。
 明日休みを取ったくらい心配だったイネだが、荷物も降ろさずにイネの様子を見に行ったところ、一応何も被害はない。電気柵で囲ったものはもちろん、ガードしてなかったフェンスに干してあるイネも、大丈夫。既に被害はかなりのものとなってはいるけれど、明朝露が乾き次第脱穀を行えば、最後は逃げ切ったという感じになる。
 他にも特には問題がない。サトイモは好調。大豆はまだ膨らんでいない。ダイコン・カブ・ブロッコリー・菜っ葉類などはよく育っている。



 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ  全国の定年到達者、予備軍の皆々様 「定年帰農」を「ライフスタイル」の定番にしよう。

プリウスαの入院

 ゆかいなことではないからほとんど触れていないが、納車後1000キロも走らないうちに左側をこすってしまったプリウスαは、昨日修理で引き取られていったようで、帰ってみたら2台分、無理すれば3台停められる駐車場はガラーンとしていた。少なくともドア1枚交換になる修理は結構オオゴトで、10日くらいは戻ってこないらしく、本日代車のプリウス(20型か?)が届き、それで週末農業をやってくる。脱穀精米をやるから帰りはコメ運搬車にもなるが、ほかの作物がそれほど多くはないので、αじゃなくても大丈夫と思われる。
 それにしても、いくつもの悪条件が重なったと自分で無理に納得してはいるものの、明らかに能力が落ちていることは否定できない。ただ、一つだけ救いがあるのは、今回初めて車両保険をかけてあったということだ。40数年間、70万キロ以上は走ったはずだが、最初の数年をのぞくと修理などはほとんど無縁で、車両保険なんてとんでもないと考えていたのだが、今回の買い換えの時になぜか車両保険特約をつけたのである。ただ、そんなことはないと思っていたから、免責を10万円にしていたのは結果的に残念だったけれど、代車の費用を含めればかなりな額になるはずだが、それが10万円で収まるのは不幸中の幸いである。

今週末の作業予定

 金曜日を休みにしたので、明日夜から農場に入る。昨日の夢のように夜間作業ではないが、金曜日の朝から脱穀を始める。量は大したことはないので、早ければ午前中で終わってしまうかもしれない。水分が多かった場合には、乾燥機に入れるので余分に時間がかかる。
 あとの仕事は、出ていないタネの播き直し(ホウレンソウ、カブ類)、葉物の定植などがある。また、箱ワナを作ることも視野に入れているが、カインズホームで売っているワイヤーメッシュは鉄筋が細くて目合いが大きく、使えない。ケイヨーD2やジョイフル本田などを回って使えるものを探せたら、箱ワナ作りもやりたい。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ  全国の定年到達者、予備軍の皆々様 「定年帰農」を「ライフスタイル」の定番にしよう。

今日の夜なべ仕事(電気柵用電撃発生装置)

8af02164.jpg


 ずっと懸案になっていた電気柵用の電撃装置を、ついに組み立て始めた。今までは農場の方で夜なべ仕事で作っていたが(これまで3台作成)、最近は昼間の農作業が忙しく、しかも雨に降られる日が少なかったため手が着かず、こちらに持ってきたわけだ。昼間はサラリーマン業をやっているから、結局帰ってくる時間はそれなりのものになるが、昼間の仕事が肉体労働でない分、余力が残っていてこんなことも可能になる。酒を飲まないというのもこういうときには役に立つ。
 即製で居間の一角に仕事場を作った。省エネで電気が暗いので、手元の明かりは必需品。老眼鏡をかけていても電子部品の小さな文字は絶対見えないので、台付き虫眼鏡もないと困るものの一つ。あとはおきまりの半田ごてとテスターだ。奥の写真は、前回作ったときのものでA4用紙に大きく印刷してある。それでも、部品は前と必ずしも同じではなく、点数は少ないけれど慎重に選択する必要がある。

 これで、重要部品の取り付けまでは済ませた。あとは抵抗類などをつければ完成(のはず)。しかし、もとからの電子マニアではないから、部品の種類や規格、一番わかりにくいのが極性、Google の画像検索がなければちょっと手に負えないかもしれない。これで、早ければ明日の夜、2組の高電圧版電撃発生装置ができあがるはずだ。そうだ、ケースを何とかしなくては。



  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ  全国の定年到達者、予備軍の皆々様 「定年帰農」を「ライフスタイル」の定番にしよう。

昨夜、久しぶりに見た夢は

 夢などめったに見ないか、あるいは見ても大体忘れるのだが、昨日の夢は覚えている。なんだか必死にハーベスターを使って脱穀している私がいる。カミサンが干してあるイナ束をドンドン運んでくる。頭にはLEDのライトをつけ、それで照らしながらやっている。(状況は夜なのである、去年は田んぼにイノシシが入っているのをみて、夜中にイネ刈りを始めたこともあった)
 イノシシやシカが狙っていて、交代で田んぼにまで入ってきたし、イネ刈り後も我が物顔で電気柵をくぐって入ってきているイノシシを見たから、天日干し中のイネが心配でこんな夢を見たのだろう。おまけに、モミを入れた袋の数が少ない。電卓で一所懸命計算するのだが、最初の年より少ないじゃないかと残念がっている私がいた。確かにケモノのせいで、3分の2くらいには減ってしまっているが、去年並みは欲しいところなんだが、実際にはどうだろう。
 
 土曜日には雨が降るという予報だし、金曜日に休みを取って脱穀を行うことにした。もし乾燥が十分でなければ、去年は使わなかった乾燥機の出番である。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ  全国の定年到達者、予備軍の皆々様 「定年帰農」を「ライフスタイル」の定番にしよう。

味噌ができた

8c6aa3a7.jpg


 カミサンが、横浜の家のご近所さんに教えてもらいながら3月初めに仕込んだ味噌が一応できあがり、食べられるようになった。本日、味噌汁として食べることができたが、非常に上品でうまい味噌であった。今回は、麹とともに大豆も注文して購入したらしいが、他の記事に書いたように大豆を収穫できる可能性がある(まだ自信がないが)。そうなると、完全自家製の味噌を造ることができる。さらに自給自足度が向上する。


  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ  全国の定年到達者、予備軍の皆々様 「定年帰農」を「ライフスタイル」の定番にしよう。
livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    • ライブドアブログ