定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

2011年11月

今年は豆が穫れた、贅沢は言わない

e600f66f.jpg


 今週の夜なべ仕事は大豆の莢剥きだ。よく干してビンで叩けばバラバラと落ちてくるので、農場にも干してきたけれど、持ち帰って手で剥いて顔を出す大豆を見るのも楽しみで、平日の夜なべにはピッタリの感じだ。ちょっと前は落花生の莢むきだったが、ある程度豆も溜まったのでこちらに転向である。
 落花生は3年目、大豆は最初の年に挫折して2年目の去年はあきらめて挑戦しなかったのだが、今年はなんとかできてありがたいことである。ただ、穫ったあとの作業が結構あること、連作には神経を使わねばならないようだから、豆を作るのにはそれなりの努力と意気込みが必要だ。まあ、どちらも窒素分をあげすぎたらしく、茎葉が茂って豆がなかなかできなかったことが反省材料で、来年はいろいろ改善を考えるつもりだ。

f8de9d07.jpg


 大豆の莢むきが一段落して、ちょっと前に落花生を炒った。今は冷ましており、これが終わり次第食べることにしている。秋の夜はなかなか楽しいものだ。大豆も落花生も、本来の収穫量の2分の1、あるいは3分の1といったところだが、贅沢はいわない。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。

秋葉原買い物小ツアー2:LEDヘッドライト編

f0dc5c0f.jpg


 会所農場ではLEDライトが完全な実用品である。私は農場を手に入れる前からLEDライトには凝っており、入植段階で既に20本くらいは持っていたが、実際に使ってみると明るさの不足や電池に起因する持ちの悪さなどからいろいろ買い足すことになり、今では一体全体何本あるのか不明である。基本は中国製が多いため、いつの間にか姿を消したものも多数あるようだ。
 一応、よく使うものとしては3タイプある。一つは18650という電池を複数(今一番よく使うのは3本)使用する非常に明るいもの。これは田んぼの向こうにいるケモノ(約100m向こう)を照らすもので、夜でも頼りになるヤツだ。もう一つはやはり18650を1本使うもので、普通の基準からすればこれでも十分明るい。10m以内を照らせれば十分な夜間作業などに使う。18650という電池はかなり神経質なところがあり、複数本よりも1本で使った方が数段使いやすいので、これの有用性もかなり大きいのである。最後のタイプはヘッドライトである。どうしても夜に作業をすることもあり、これは本当に便利なものだ。

540bc808.jpg


 これまでのところ、ヘッドライト型は全部で5セット購入している。単3を1本いれるシンプルで小型のものは防災用として毎日持ち歩いているが、同タイプで電池が18650というものは農場に行くとき、あるいは農場にいるとき必ずポケットに入れて持ち歩く常用品になっている。あとは頭頂部にもベルトがある単3を3~4本入れた電池ケースが後ろにあるタイプが3本。今日、秋葉原に行ったついでに三月兎で277ルーメン(たいてい眉唾)というヤツがあったので、ついつい購入。これも単3を4本入れるタイプである。ついでに、前から気になっていた電池(eneloop pro)も購入してしまった。これでヘッドライト型は6組ということになる。主たる使用者は2名なんだが。そろそろ買い物好きも卒業しなければね。

f6ed76d9.jpg

    左:防災用(単3タイプ) 右:新戦力

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。

秋葉原買い物小ツアー1:ACアダプター編

 最近愛用している LifeTouch Note のアダプターを農場に忘れてきてしまった。もう一つ、古いNoteのアダプターのプラグのみ取り替えたものは仕事場に置きっぱなしなので、特に不自由はないのだが、若松通商のHPでNECの19V中古品が1260円で37個もあるというので、昼休みを勝手に延長して買いに行った。
 末広町の駅上にあるWAKAMATSUは、一時期18650電池の出物があったので通れば必ず寄る店だが、1階のレジ店員に頼んだらEVで上に上がったままずっと戻ってこない。10分以上待たされてようやく戻った店員は「売り切れです」だと。昨日HPで30個以上あるのを確認してやってきたといったが、修正漏れでしょうと素っ気ない。
 まあ、せっかくやってきたのだからと、歩きながら手当たり次第に店々のAC電源のジャンク箱をのぞいていくと、ショップインバース(03-3256-8850)で、500円というヤツを発見した。ラッキーと思ってもちろん買ったが、これで3個になるので2個以上買うのは見送った。もうすぐ仕事場を離れることになるので、3個も実はいらない。安いものを見ると買いたくなるのは悲しき性である。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。

バックホーを物色し始めた

 先週、羽田の国際線ターミナルから富士山をみたことを書いたが、実はこの日の午後に大田区大森東にある中古建機販売店にバックホーを見に行ったのである。このごろは日常的にインターネットで探しているが、希望条件に合うものがでていたので実機を確認にいってみた。コマツの1tクラスでサイズはちょうどいいくらいだし、塗装もしてあってきれい、アワーメーターは1500時間とあまり問題はない。定期点検も毎年やっていたようでシールが貼ってあったが、平成9年頃の機械と判明。使われ方はわからないが、14年経過して1500時間はちょっと少ないようだ。バケットも鉄板を当てて修復していたことを考えると、本当にその時間かどうか疑問もある。それにしてはいい値段、ということで一応購入見送りとした。先方には1.5tクラスまでで汚くてもいいから機械としてはちゃんと動く安いものを探してくれ、といってきた。どうもすべての作業がバックホー待ちのようになっており、そろそろ何とかしたいところだ。

e27109bd.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。

プリウスαで一般道を走る

 昨日の農場からの帰り、アクアラインが若干ながら渋滞していたので、木更津東から圏央道にはいらずに一般道経由でアクアライン木更津金田ICに向かった。平日の仕事を辞め毎日が休みとなれば、時間を金で買うという必然性は薄れる。だが、一応コストと時間の関係を確認したかったのである。ただ、実のところはプリウスαで空いている一般道を普通のスピードで流すというのはなかなか快適なのだ。音が静かで乗り心地がよく滑るように走るのだが、カミサンの車は別として、これまではどちらかというと逆のくるまを選んで乗っていた私にとってはなかなか新鮮なドライブである。おまけに、燃費をよくする走り方の追求などという面白いゲームがついてくる。
 車を換えるまでは最速1時間5分、平均1時間10分というところだったが、省燃費運転で+25分、両側の高速(横浜側湾岸線と房総側圏央道)それぞれを下道にすることで各20分。昨日は2時間10分を要した。湾岸線は、現在は600円だが1/1から800(900かも)円になるのでほぼ下道決定だが、休日300円という料金の房総側は20分の時間セーブと見比べるとちょっと微妙である。房総側の料金は300円の場合と400円の場合があり、一体どんなときに300円になるのか、認識できていない。が、300円なら価値あり、400円なら下道という感じだろうか。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。

燻炭作り・出来悪し

 すっかり慣れて毎度順調にできていた燻炭だが、今回は失敗といわざるを得ない。いつもは燻炭器を使って、軽トラ半分をまず燻し、翌日は残りの半分を被せて作るやり方だったが、今回は「現代農業」の記事を真似して手製の煙突を刺して始めたのである。

2e81d181.jpg


 午前中から始めて夜になった頃、2山の一方の煙がちょっと弱くなったので、竹で煙突部分を突っついて穴を開けた。翌朝になると、この手術が効いたのか片方は元気が比較的よかったが、もう一方が消えかけだった。仕方なく、火のついているモミガラを下から掘り出して、全体を混ぜて火を移すという外科手術を行った。

24d9462d.jpg


 まあ、何とか燃え始めていたけれど、3時頃になり時間切れ。田んぼの水をモミガラ山の下に引き込み、消火活動に入った。今回は火もすんなり消えたが、できあがった燻炭は7分の出来、モミガラ混じりの燻炭という感じだ。まあ、完全ではないけれどこれでも役に立たないことはないだろう。「現代農業」は、タイムリーな記事も多く嫌いではないが、丸ごと信じてはいけないという教訓を得た。
 
b7f83200.jpg

    今回の燻炭はマダラである 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。

アオサギが最近図々しくなりつつある件

fe6a5bc3.jpg


 昨日の昼間、屋敷の方から田んぼに出て行ったら、15m位向こうの4号田んぼから何かのぞいていた。アレっと思って近寄ろうとすると、アオサギがバタバタと飛び立った。今日は昨日よりもっと近いところ、田んぼの手前の野菜洗い場のところに居て、一応飛び立ったが4号田んぼの向こう側に着水。こちらがちょっと動くと再び飛び立って、隣地北側の林の樹にとまってずっとこちらの様子をうかがっている。
 この1年、毎日のようにうちの田んぼに来て、相当ドジョウなども食べたに違いないが、一応こちらのことは意識していたようで、近寄っても田んぼの真ん中くらい、こちらの気配に気づくとすぐに飛び立っていたが、この頃は警戒心も少し弛んでいるようだ。もう自分の家とでも思っているんじゃないだろうか。
 実は、一昨年の春に1キロほど入れたドジョウにはかなり期待していた。秋になったらドジョウ鍋にするつもりだったのだが、どうもそれほど増えないのはアオサギが主食にしているからに違いない。これまでは、もしかすると仲間のミズドリ、もしかしたらコウノトリでも来るんじゃないかと、冬も水を張りドジョウも活かしていたのだが、そろそろアオサギに対して毅然とした態度を取り、目標としていた秋のドジョウ鍋をあらためて目指すことにする。

57870424.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。

皇帝ダリアが咲いている

729348e0.jpg


 第2農場(借りている畑)のお宅には花が咲く大きな植物があって、皇帝ダリアだと教えられていたが、特に興味もないことから昨年などはほとんど意識に入らなかった。亡くなった先代のおばあちゃんが育てていたのだろうと思うが、今の地主さんもそれほど面倒をみてはおらず、今年のあるとき風が吹いたからだったか、倒れてしまったのである。
 今年は皇帝ダリアはみられないかと思っていたが、なんと咲いたのである。背丈はちょっと小さく、花も大きくはないのだが、ちゃんと咲いている。色々調べてみたら霜には弱いらしいから、あとわずかで枯れてしまうのだろう。なお、挿し木でも増えるらしいので、花が終わったら伐ってちょっと挑戦してみようと思う。
 
75e9ca9c.jpg



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。

イノシシがまだ入り込んでいるらしい

c1e671e7.jpg


 今朝田んぼに出てみたら、暗い昨夜は気づかなかった異変を見つけた。3号と4号の間の通路に敷設してあったパイプが掘り起こされ、のたうっていた。イネもサトイモも終わり、何も餌はないはずなんだが、この掘り方だとミミズをまだ狙っているらしい。
 実は、そんなこともあるだろうと電気柵は活かしてあるんだが、どこから入ったのかは不明である。ただ、電圧は下がっている可能性がある。明日はちょっと一回りして、漏電個所を探してみようと思う。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。

11/26の作業  サトイモ・大豆はようやく終わり

4f5a2310.jpg


 霜が降りるんじゃないかと思っていたが、降りなかった。それほど寒くなかったのだろうか。それでも朝起きたときはかなり寒かったが、陽があたりはじめた屋外はまあまあ暖かい。予定通り第2農場に出かけてサトイモを掘った。石川早生はこれまででほとんど掘ったので、残っているのはヤツガシラと赤芽だ。習熟効果で掘るのも早くなったが、午後までかかり大体200キロ程度を収穫。

dd6f7144.jpg


 続いて大豆を収穫した。完全には枯れていないが、残しておくとケモノにやられる心配もあり、全部収穫してしまった。軽トラの荷台はご覧の通り山積みである。カミサンは先週から乾かしていた豆を、ビンで叩いてむいていた。
 
cbd3b87e.jpg


 収穫以外では、昨日手に入った米ぬかを堆肥などに混ぜたり、田んぼに撒いた。モミガラを2個所に積んであるが、それぞれに3袋ずつ混ぜ込んだ。あと、4号田んぼにも3袋。
 燻炭作りも始めている。今回は、現代農業で読んだ情報を元に、煙突を自分で作ってみた。大豆の枯れた茎を古い米袋で巻いたものをモミガラの山に差し込んだ。10時間程度経過した現在も、一応燃えているようだ。煙突の外側はすぐに燃え尽きており、見たところは火山の噴火口のようである。
 
59392d2c.jpg

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。
livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    • ライブドアブログ