定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

2011年12月

急遽、電気柵設置

08b2fea9.jpg


 昨日からの山の道作り作業で、上の畑と山の間の柵を開けっぱなしにしていたのだが、今朝カミサンが上の畑でしかのフンを発見した。ちょっとの隙も逃さないヤツらである。そのあたりには、ダイコン・カブ・小松菜・ハクサイなどが植わっているが、隣のお宅では菜っ葉類がシカに食われて全滅している。このままではうちの野菜も危ないので、電気柵を再設置した。今回は、写真の幅の部分だけだったから、電気の衝撃はかなりのものだった。
 今回の往復と途中の外出ではシカの姿を見なかった。狩猟期間なので山の奥に入っているんじゃないかと思っていたが、うちには入ったらしい。うちは山奥ということだろうか。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。

12/27~29 直売所について

販売商品  ネギ、ハクサイ、ブロッコリー、菜花、タアサイ、小松菜
      カブ(紅白)、ダイコン、ゴボウ、サツマイモ、サトイモ
      サトイモは、正月につきもののヤツガシラもあります。
      
価格は   一部を除き百円です。
      サトイモは300円/1Kg、サツマイモは200円/1Kgです。
      古代米(黒米)もあります、300円/150gです。
  重いものは配達します、お買い求めの際に声をかけてください。
  
配達について  30キロ圏内にはくるまで配達します。
     直売所から直線10キロ以内100円、20キロ以内200円、
     30キロ以内300円をいただきます。
     サトイモ、サツマイモを5Kg以上ご注文の場合、配達料はサービスです。
  今回の配達日は29日の予定ですが、
  もの自体が少ないものもあり、ご注文は27日の早めの時間にお願いします。

030b6516.jpg

山にトリたちがきていた

 昼休み後山に戻ったら、コジュケイが少なくとも2羽ユンボのそばにいて、私が近付くと作ったばかりの中腹ルートを通って向こうに逃げていった。ちょっと慌ててカメラを向けたが撮れない。その直後、右下の山の裾から別のトリが飛び立った。カメラをそのまま向けて見当を付けて撮影、そのトリは緑や赤の混じったきれいな色で、おそらくキジだろうと思う。飛び立ったあとは北側の休耕田に降り、鳴き声をあげていた。びっくりしたんだろう。
 かなり山の土を掘り返したので、ミミズや虫を期待して集まってきたのだろう。これまではあまり山に入ることもなかったが、どうやら彼らの生活の場になっているらしい。

a2213af9.jpg


 写真をよく見たら、それらしい影が映っていた。ただ、それが何であるかわかるほどはっきり撮れているわけでもない。明日は朝からカメラを持って近付いてみよう。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。

マイクロユンボで山の周回路を作り始めた

07c29b4a.jpg



 本来一番先のはずだった田んぼ周りの作業は、乾いて足元が固まるまで延期にした。代わりに山の道を開いている。昨日も東西通路側から5mほど掘り進んだが、ちょっと傾斜が急になったところで中断、今日は上の畑側から田んぼに沿って北に向かう中腹通路をやり始めた。

ff22e3e8.jpg


 このルートは前後の傾斜は少ないが、山の中腹だから横方向の傾きに気をつける必要がある。山側を少し深めに削り取り、排土板で土を押しながら前進するとうまくいくようである。中腹ルートを20mほどやったところで、今度はヒノキ林方向に取りかかった。ここはちょっと傾斜が急であり、掘りたての土でキャタピラが滑ってなかなか上れず、土を満載にした運搬車で固めて何とか対処。このルートはカーブしており、斜面の下側に滑り落ちそうでちょっと怖い。とりあえず10m程度掘ったが、少し山側を掘り足して幅を広げようと考えている。

2b13a886.jpg


 今日の作業時間は実質5時間程度。これで延長30m程度終了。予定では山の周回路は170m程度だったから、あと5日くらいで一応完成すると見込める。このマイクロユンボは幅も高さも小さく、山の中で道を造るような仕事には最適かもしれない。しかし、安定性という点では前に乗った2tタイプよりはかなり劣っている。だが、だいぶコツはわかってきており、成果はかなり期待できる。明日は横浜に帰るため収穫優先である。本格稼働は、また戻ってきてからだ。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。

にほんブログ村で記事が評判になっている

 以前からブログ・ランキングに参加している。にほんブログ村の田舎暮らしというジャンルに登録しているのだが、さっき見たら当BLOGの記事が1位と2位になっていた。興味を持っていただき、更に評価をしてもらうことはとても嬉しい。
 
田舎暮らし 注目記事
1位テレビ取材の打診が舞い込んだ  定年後・田舎作って・コメ野菜
2位マイクロユンボ導入後の改修計画 定年後・田舎作って・コメ野菜
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。

バラタナゴを放流した

f891402d.jpg


 睦沢の道の駅で色々な淡水魚が売られていた。メダカはいるし、ドジョウもいるので、バラタナゴを試しに購入し、沢水受けの池に放流した。一応、そこでの繁殖を期待したのだが、あとで調べてみたら二枚貝に卵を産むらしい。巻き貝はいるのだが、まだ二枚貝は発生していない。どうなるだろう。それと、ニッポンバラタナゴは絶滅危惧種らしいが、今回のものはどちらかわからない。そのあたりを考え始めるとややこしいので、気楽に見守ることにした。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。

前の山から田んぼを撮った

6c3e06f4.jpg


 昨日から前の山にシルバー人材センターの人たちが草刈りで入っていた。今日も続いていて鍵が開いていたので、潜り込んでうちの写真を撮ってみた。一昨年も撮っていたのだが、当時の方が冬野菜も多かった。今年は暖かかったので出来が早く、どんどん取ってしまったのだが。
 
 シルバーの人たちはこちらにも売り込みに来て、来年早々に当方の屋敷まわりの樹木の剪定を頼むことになった。本当は自分でやりたいのだが、この調子だとそこまで手が回りそうにもなく、おじいちゃんたちに頼むのである。
 
 前もアップしたことはあるが、一昨年撮った写真と、私が入居する前の写真(仲介業者さんが撮ったもの)を次に掲載します。現在田んぼや畑になっているところも、入居前は草っぱらだった。

6f8af711.jpg

    一昨年撮影

76172581.jpg

    入居前(不動産屋撮影)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。

マイクロユンボが到着、さっそくテスト

767ed1c1.jpg


 本日午前中、到着。さっそくテストというよりは本番というべきかも。まず東西通路を何とかしよう。
 
4cdce214.jpg


98d76f19.jpg


2010f9d1.jpg

 
 ところが、ちょっと見込み違いがあった。左手のパターンが、これまで2回借りたものとは違うことが判明、変更できそうだがさび付いているようで動かない。このまま慣らして使いことにした。その辺りの習熟を先行させる必要がある。また、通路から4号田んぼのレベルまでは、最も大きいところで1m位はあるのだが、この高さだと上から土をすくうのが今ひとつうまくいかない。やはり、小型ゆえの限界もありそうだ。この部分については田んぼの中からやることに変更し、水位を下げてからの着手とした。
 
c8e62068.jpg

 
 次は山の道作りである。東西通路側から掘っていくことにした。掘り始めるとまず竹の切り株を取る必要が出てきたが、これがなかなか難物だった。両脇を根が通っているのだが、これを切ろうとすると車体が浮き上がってしまう。油断すると車体の向きまで変わってしまう。このあたりも左手の新パターンに慣れれば大丈夫になると思う。山は、竹だけでなく木の根もかなり多く、それに引っかかるたびに車体が浮いたりするため、十分な注意が必要だと思う。しかし、うまくやる方法も見つかった。アームを動かしてバケットですくう方法ではなく、バケットを地面にあてて後ろに下がるというものだ。レーキで土を集めるようにする方法だ。慣れるまでこういう方法も混ぜながらやっていこう。

662efbea.jpg

 
 本日のところは、まだ能率の確認まではいかなかった。少し習熟期間が必要だと思う。しかし小さいとはいえ、手ではできないようなことをさらりとやってのける。それに樹の下でも入って作業ができるこの大きさは、山の道を開くにはピッタリである。明日もじっくりやってみる。
 
f111fd70.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。

ボカシの発酵が進行中

747a4e7a.jpg


 燻炭はある程度の量溜まっているので、前回もらったモミガラは(軽トラ)1杯分についてはトンプンを混ぜ、もう1杯分については米ヌカを混ぜて置いた。本日マイクロユンボが到着したので、さっそく両方の山をかき混ぜてみた。そうしたらどちらの表面も白い菌糸で固められて固体になっており、それを剥がすと湯気が上がった。触ってみると結構暖かい。温度は低めなので麹菌の類ではないかと思う。これまで、肥料としてはトンプンやケイフン、米ヌカ・油かすなどをやってきたが、やっぱりこうやってぼかして作るのがよさそうだと感じた。ただ、なかなか分解しないモミガラがどうなるか、ちょっと気になるところである。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。

プロフィールの説明を見直す

 これまでは二股だったが、潮時を感じて仕事を辞め農業に専念するという大きな状況の変化に伴い、BLOGのプロフィールの内容を見直した。特に、農業以外の目標3項目を織り込んでみた。

    定年世代に帰農を勧める活動
    子供たちに自然体験をさせること
    農業体験をしたい方々への協力




房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2008年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2009年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。


房総半島大多喜町に山と畑が揃った素材を購入し、週末ごとに本拠地横浜から出向いて、ほとんど経験がなかった田舎暮らしと農業に挑戦中。1年目(2009)に自身で作った田んぼも、なんとか米を生産している。2年目にして、いよいよ農業従事者として認められ、農地も自己所有となった。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。現在(2011年)、3年目に入るが、「田」「畑」に引き続き「山」も興味の対象にし始め、壮大な田舎暮らしになりつつある。2011/8 農場への往復用としてプリウスαを使い始めた。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。
プロフィール

房総で百姓やってる...

アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    月別アーカイブ
    • ライブドアブログ