定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、配達もやっていたが、古希を迎えたこともあり、2019年春に毎週の直売をやめた。不定期の直売と宅配便利用のコメやイモ類の販売に移行している。

2012年03月

ワシントン旅行オプション1=ウイリアムズバーグ

 金曜日の夜から車で250キロほど南のバージニア州ウイリアムスバーグというところにやってきた。ここは入植時代の街並みを再構築している町で、かなり有名なところらしい。娘夫婦が宿泊先をとってくれており、23時過ぎに到着。
 翌朝雨が降っていたが、娘夫婦はゴルフの予約をして二手に分かれることに。その後HOMEDEPOTに行き、ウイリアムズバーグの古い街の中を歩き回り、またMARSHALLSを見つけて包丁を買い足したり。夕食は、シーフード食べ放題というなかなかのもの。
 ここではインターネット環境がいま一つ。あすDCに帰ってから、それぞれの詳細を書きましょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

バッタや「Marshalls」

36e99be6.jpg


 娘の家にあったセラミックの包丁にカミサンが強く反応した。これは「Marshalls」というお店で買ったモノで、そこは倒産処分品などが売られているというので、カミサンは包丁、私はそういう方面が大好きなので、さっそく昨晩出かけていった。
 中は雑然としており、その種の店独特の雰囲気が漂う。昔の茅ヶ崎ダイクマ、最近行っていないが浦和方面に多いロヂャースなどとよく似ている。ただ、スペースは広い。私はブラックアンドデッカーの剪定バサミのみ購入したが、カミサンは包丁の残りをすべて買っていた。みやげにするらしい。

e2731b24.jpg


 ついでに、TraderJoesという食品系スーパーにも出向いた。ここでは食料品の他に、99セントのエコバッグをいくつか購入。これはワシントンみやげの定番らしい。

0ed610d1.jpg

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

現地2日目(農閑期米国旅行)はナショナルミュージアム

30f6f6b9.jpg

    何しろ広いし、施設も巨大
91d3e31b.jpg


 圧巻という表現はこういうことに使うとあらためて感じたのは、昨日「ナショナルミュージアム」を訪ねてのことである。まあ、それほど絵画や美術についての造詣は深いわけではないけれど、とにかく圧倒的に広い館内に展示してある絵のかなりの部分が見たことのあるものである。
入館時にはバッグの中をチェックされるし、ほぼどのエリアも警備の目は行き届いているが、そんな貴重な絵の真ん前に立ってじっくり見ることができる。それに、一部を除き写真を撮ってもかまわない。途中、昼食を食べるために外に出たが、あとはずっと見覚えのある絵画などを順々に見る時間が続いた。夕方近くまでいて、一応メインの西館(メインフロアとグラウンドフロア)、外装改修中の東館ともほぼ見終わったが、他に行くところがなければもう一回りしてもいいくらいである。
 見終わってからユニオン駅まで歩き、あとは地下鉄で戻った。今日は(今現地は朝5時前)、夕方雷雨があるというので天気の具合をみながらの観光だが、日本の美術品が多いらしいフリーアギャラリー(スミソニアンエリア)と、フィリップスコレクション(デュポンサークル)の2ヶ所を見る予定。
 
800af267.jpg

    ミュージアム周辺にはリスが住んでいる。会所では見たことがないが。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

飛行機で「カーズ」

 12時間も乗っていたので、前のシートのヘッドレスト裏に貼り付けられたTVは愛用した。しかし、ちょっと衝撃的に面白かったのが「カーズ」だった。子供向けのアニメだし、孫も見たんだろうから一応見ておくかというスタートだったが、引き込まれるように最後まで見てしまった。字幕無し、英語という障壁はあったが一気に乗り越えた。
 ストーリーは「水戸黄門」のような直球型でわかりやすいものだが、出てくるくるまたちのキャラクターがなかなか面白い。どうやら長いくるまとの生活でそれを擬人化することには全く抵抗がないらしいし、そもそもくるま自体が身近なのである。それに、主役のライトニングマックィーンというやんちゃな坊主が、なんとなくロードスター的雰囲気で、それも親近感を一層あおっている。しかし、ハドソンという脇役(50年前にピストンカップというレースのチャンピオンという秘めた歴史を持っている)がいい味出していると思うのは私の年齢のせいだろう。くるま世代はぜひとも見るべき動画である。帰国後、2も含めAMAZONで買わなければ。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

現地1日目(農閑期米国旅行)

e9df9e9d.jpg

    ボーイング777(成田・出発前)

 飛行は順調で、ほぼ予定通り(12時間)に空港に到着。当然エコノミーだから機内は狭い。ユナイテッド航空だったこともあり、アメリカ人にはその狭さはきついらしく歩いたり立っている人もいて、機内はずっとワサワサした雰囲気、ほとんど眠らずに現地到着。イミグレーションも混雑しており1時間くらいかかったので、年寄りにはちょっとこたえた。

b2dfe990.jpg

    空港内の不思議な移動手段「モービル・ラウンジ」というらしい

 出迎えに来ていた娘の運転でマンションに向かい、予約してあったゲストルームに入ったのは現地夕方6時前。娘夫婦の住戸に移動し、とにかくお土産をすべて出してようやく一段落。マンションは、本来の「マンション」ともいうべきもので、ちゃんとしたサロン、プール、ジム、フィットネスルームなどがある。我々が泊まるゲストルームもちゃんとしている。

4618eced.jpg


a2a45da5.jpg


7e0fe8f6.jpg

 
 
 その後は、雨降る中を最寄りのショッピングセンター視察に向かう。まず弟のお薦めの一つ「ターゲット」、続いて「GIANNT FOODS」、「WHOLE FOODS」 いずれも規模が大きく、日本とはちょっと違うものばかりでとても興味深い。昨日は雰囲気を味わっただけであり、今後じっくり行ってみたい。ちょっと面白かったのは、カート専用のエスカレーター、ここにカートを入れて人間は隣のエスカレーターに乗る。
58da60e3.jpg


 戻ってから風呂に入り倒れるように眠ったが、一度目は現地の2時、二度目は4時に目が覚めて、すっきりしているので起きることにしてBLOG書き、これです。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。
プロフィール

房総で百姓やってる...

アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    月別アーカイブ
    • ライブドアブログ