定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、配達もやっていたが、古希を迎えたこともあり、2019年春に毎週の直売をやめた。不定期の直売と宅配便利用のコメやイモ類の販売に移行している。

2012年06月

横浜の直売所はおかげさまで大繁盛

 4月のテレビ放映以来、いろいろな反響はあったけれど、ほぼ落ち着いて以前の状態に戻ってきた。しかし、横浜の直売所はかなり忙しい状態を保っている。新しいお客さんが増え、しかもすっかり常連さんになってくださっている。新しいお客さんは、意外にもごく近所の方が多く、「こんな近くに無農薬野菜を売っているところがあるなんて知らなかった、ありがたい」という反応が多いのである。また、テレビ放映直後の反応が大きいときに「品目お知らせメール」を急遽立ち上げたことも常連さんの増加に役立ったようだ。
 冬からの異常気象はいまだに影響しており収穫量は少なめだが、何しろ横浜に運ぶ野菜は月曜日の午前中でほとんどなくなってしまうという状態が平常になっている。とても申し訳ないので、いろいろな野菜の種まきや植え付けをやっているのだが、残念ながら、農作物はすぐにはできるものではない。この前、カミサンがジャガイモの探り掘りをやったが、もうそろそろ掘り時になりつつあり、これが出てくる今月半ば以降はちょっとした柱になってくれるかもしれない。
 それから、そろそろ収穫時期になる梅については、うちの梅以外に「穫っていいよ」といって下さる方もおられるので、試みに注文を取るということもやってみている。梅干しや梅ジュース・梅酒をご自分で造ってみようという方も意外におられるのである。「無農薬」への反応と共に、「田舎のものを都市部に」というものの流れは定着する余地が大いにありそうだ。それと、注文に応じて栽培していくということも、検討の余地があるかもしれない。例えば「手前味噌」用の大豆なんていうものも可能性ありだろう。

 全く反対の話である「都市部のものを田舎へ」という動きも、今週一つ予定が固まった。以前、ご近所の方のご尽力により、横浜港から会所にパレットを大型トラックで運んだことがあったが、その2回目が今週土曜日に実行となる予定だ。私のような2地域居住をしている方なら、なにか双方にプラスになるようなことができるかもしれない。私自身は、横浜・大多喜ともご近所さんとの人的交流の度合いがとても深まった。もちろんテレビの影響は否定できないが、会社員という枠の中から飛び出てから急に手がかりが増えてきたようにも感じるところだそう考えると、前にも書いたかもしれないが、定年は大きなチャンスだと思う。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。
 

6/4 直売所便り

おはようございます。今週の品目は、次の通りです。
 
カブ、ラディッシュ、山東菜、チンゲンサイ、春菊、ニラ、小松菜、キヌサヤ、ワラビ、フキ、ウドの新芽、ホウレンソウ 価格は100円です。ダイコン、ソラマメ、グリーンピース(いずれも少数)は200円です。それから、今月後半の収穫前に新ジャガを探り掘りしてきました、これは100円/袋です。

品目数量を返信していただけば、取り置きます。少ないものについてはメール先着順とさせていただきます。お引き取りは火曜日までです。暑くなってきましたので、開店時間を早めます。棚に並んでいなくても中で準備をしていますから、声をかけてください。配達もしますので、ご遠慮なくお申し付け下さい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。
 

防獸フェンス延長中

 天気予報に騙され、午前中は休養時間にして鴨川まで出かけたのだが、雨はほとんど降らなかった。昼頃帰宅したら一瞬だったが強い雨が降るというおまけ付き。

8df777c8.jpg


 昼飯を済ませてさっそくパレットフェンスを並べ始める。写真でおわかりのように、境界部分はススキがずっとならび、それを大鎌で刈りながら置いていく。しかし、元の土のレベルがガタガタ、ススキの切り株も存在を主張するし、なかなか難儀である。どうしても波打ってしまう。ただ、向こう側の足下にはトタンが並べてあるので、多少の食い違いや浮きは大丈夫という前提でやっていった。
 山側に設置済みのフェンスを延長する形で延ばし、結局28本並べて本日分終了とした。古い丸太も残っており、新しい2mの丸太はおおむね6m程度に1本打ち込んでいる。設置予定の北側境界(田んぼ部分)は58m、今日設置したのはその4割。ストックしてあるパレットでは不足するので、追加でもらう必要が出てきた。あとは、この上に海苔網を張れば大丈夫と思われる。

3656c27d.jpg

 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。
 

害獣対策、次のステップ

 サルは入ってくるし、去年は7月頃からイノシシも田んぼに入っていたから、次の対策を進めることにした。今までやっていたのはうちの山側のフェンスで、そちら側が一段落したことから、こんどは北側の境界の柵の補強をすることにした。かなり前(20年前くらいだろうか)に丸太を支柱にして海苔網などで囲ったものだったが、我々が入居した頃には穴だらけになっており、その上から防獸ネットをかけたりして何とか凌いでいたものだ。しかし、去年も(その前からかも)イノシシがこちらから入っていた形跡もあり、シカは飛び越えていたようで、対策が必要なのであった。

3d106c3c.jpg


 一応、個々にもパレットを並べることにしたので、今日は支柱の丸太を調達した。いつものお隣のお宅でもらうのだが、既に手頃な細い丸太はもらってしまったから、今回はユンボを連れて行き積んである丸太の山を崩して、下敷きになっている細い丸太を取り出した。10本程度もらい、明日の雨の前に皮だけは剥いておこうと馬力をかけて片付けた。軽トラに載せたまま田んぼの方に持っていき、脇に降ろして本日の仕事終了。しかし、やることはいくらでもあるね。

9500d6cf.jpg

 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。
 

畑と田んぼにビタミンを撒く

b58e0c44.jpg

    アスパラガスの新芽

 田んぼが一段落したので(草取りの仕事はいつでもあるが)、今日は野菜と米のビタミン(GS酵素+玄米アミノ酸-いずれも謎の物質)を撒いた。今の畑の花形はジャガイモ、今月半ば以降の収穫に向けラストスパート。続いては、ナス・トマト・キュウリ・ピーマンなどの夏野菜、今ちょうどでき始めといったところ、あとは大株を植えてちょうど芽が出始めたアスパラガスなど、色々あるので20L×3本を撒き、第2農場には20L2本を持っていって撒いた。

42fa10fa.jpg

    これはゴボウ

 田んぼはちょっと厄介である。うちの田んぼは低水温対策のために水は通り抜けないで、減った分だけ補充する方法を採っているので、大元に流し込めばすむというわけではない。じょうろに入れて周りから流し込んだ。田んぼにはGS酵素1Lを20倍にして入れた、まあおまじないのようなものだからこれでいいだろう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

今年の田植えを振り返る

eaf1abbc.jpg


 まだ田植えをしてから1~2週間しか経っていないが、今日は補植を終わらせた。すべて手植えだったので、基本的に田植え時の抜けはないが、何らかの原因で浮いたり消えたりして空いているところに植えて回った。田植機を倍速にして植えるという荒技のせいか、田植え後の水温が低かったからか、活着までに時間がかかった去年とはかなり状況が異なり、順調に活着している様子だ。滑り出し順調というところだ。
 今年は、イノシシにやられて壊滅状態だった去年の影響をもろに受けた。取っておいた種籾が、塩水選の段階でほとんど浮いてしまったのである。少しあわててミルキークイーンの籾を探したが、どこも売り切れになっていた。使える種籾の量から、今年は機械植えを諦めてて植えでやるという結論を出さざるを得なかった。幸いなことに、定農連仲間から苗を戴けることになったが、今日の補植の段階でほぼ使い切ったので、うちの苗だけだったら田んぼを埋めることは不可能だったはずだ。
 戴いた苗はミルキークイーンとイセヒカリ各2箱、特に後者は不思議な経緯のコメで興味深いものだった。ミルキークイーンがメインという当初の計画は変えていないが、次に位置していたコシヒカリを減らし、今年の2番手をイセヒカリにしたのである。銘柄別の作付面積は次の通り。
    ミルキークイーン  860平米
    イセヒカリ       440平米
    古代米        180平米
    コシヒカリ      120平米
 
 すべて手植えということで、始める前はちょっと心配もあったが、最も広い4号田んぼ(約4割)から始めて2人×1日でこれを終わらせたことから、2人・1週間で終わらせるめどが立った。田植え後の活着状態を考えると、手植えでいいのではないかと思えてくる。

191cbd2b.jpg


 苗は、うちで作ったものは手植え前提で超薄播き(50g/箱)程度だったし、45日くらい時間を掛けたので、がっちりして分けつ始めたものもあったので、かなり楽に植えることができた。が、如何せん株数が少なすぎた。来年は苗作りをもっとちゃんとやらねばならない(と毎年いっているようだ)。
 
 さあ、イネは育ち始めた。あとは収穫まで彼らを護らねばならない。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。

納屋の整理進行中

 私が補植をしている間、田んぼも一段落ということでカミサンは納屋の整理を始めた。「納屋に棚を作る一日」の続きである。今日は棚には納まらない農機具や道具を収納するものをいろいろ工夫していたが、補植の合間に一休みしようと納屋に戻るたびに、ノコギリとドライバーを持たされて手伝う羽目に。
 しかし、道具類はかなり整理できた感じだ。あらためて小さい鍬が1本行方不明になっているのを発見したが、こうなっていると欠品がすぐわかる。これまで苦手だった片付けも、きちんとやらざるを得ないようだ。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。
 

田んぼにサルがやってきた

 今日は朝から補植を行った。すべて手植えなので最初から抜けていたところはないが、浮いたり消えたりしてなくなったところはあるので、田んぼを一回りして植えて歩いた。2反弱でもぐるっと歩くとなかなか大変で、太ももの裏側が早くも筋肉痛である。
 始めて1時間ほど経った頃、田んぼの一角から水音と叫び声が聞こえた。一体何事とそちらをみると、何かの動物が数頭田んぼの中を走っている。「サルだっ」、こちらも大声で叫び声を上げると、丸太の支柱をよじ登って逃げていった。
 私は田んぼの真ん中で身動きができない状態だったが、カミサンが何事かと歩いてきたので、ロケット花火を竹やぶに向かって打ち込んでくれと頼んだ。が、初めてのロケット花火でもたつき、打ち込んだのはきっと逃げ去った後だったに違いない。
 竹やぶにきていたサルを見たことはあるが、田んぼまで入ってきたのをみるのは初めて。今回は4~5頭だったが、大集団に来られるとひとたまりもないらしいから、これは油断がならない。ロケット花火をいつも持ち歩く工夫が必要かも。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。
プロフィール

房総で百姓やってる...

アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    月別アーカイブ
    • ライブドアブログ