定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

2013年08月

借り畑の防獣対策

 借り畑ではサツマイモのうち鳴門金時が収穫時期を迎えている。外周には電気柵を設置しているが完全にケモノを防げているわけではなく、芋の一部は何かの小動物にかじられており、また昨年はイノシシに狙われていたことから、電気柵で回りを囲うことにした。今日の午後、遅めの時間から作業を開始し、サツマイモ畑(安納+鳴門)+大豆畑+落花生畑の周囲約60mを4段(15cm+20cm+20cm+30cm)の高圧線で囲み、さらにケモノの侵入方向(南、西側)の柵の外側に海苔網を敷いた。昨年は、海苔網の外側に足跡が見つかり、一応の効果があったと認識している。
 明日は、借り畑のもう一つのイモ畑(100平米位)の周りにも電気柵を設置する予定だ。こちらにはベニアズマ+安納芋+鳴門金時を植えてある。これで一応の対策は完了である。


 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

4号田んぼのバイパス配管敷設

91cd1af1.jpg


 今年の初めに田んぼの拡幅工事で撤去していた4号田んぼのバイパス配管を、今日あらためて敷設した。といってもパイプをつないで置いただけ。1号から3号までは田んぼの水口と出口は一緒にしてあり、田んぼに水を入れなくするのは容易だが、4号だけは東から入って西側に出るようにしてあるため、干すときには脇にパイプを這わせてそれを通す必要がある。本当は沢水を入れないという一番簡単な方法があるのだが、メダカやドジョウなどを飼っているため、4号の西側の旧越冬池と下の池には水を常に入れる必要がある。
 この時期しかいらないため、配管もVU40と黒ポリ管、それにライト管(LP50)も使って、50mのバイパスを作った。ただ、かなりの渇水状態で出口からはほとんど水が出てこない状況。そろそろまとまった雨が降ってもいいのではないかな。ただ、9月後半にはイネ刈りを行うため、それも困りものだ。なかなか厄介な天気が続いている。
 
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ヤマユリ、生存か?

fa77f3bd.jpg

        7月の写真、現在は花は終了してタネ製作中

 ヤマユリはとても大事にしている花であり、タネを採って増やそうとしているし、そのあたりの状況はしばしばBLOGにも登場させている。が、なかなか思うようには進んでいない。去年の秋に、それまでの1年間、発芽のために必要な寒さや暑さを土の中で経験させた種をプランターに播いたが、初夏のころに葉が枯れてしまい全滅したと思っていた。

関連記事
  「ヤマユリのタネ・一年後の処理」 
  「ヤマユリの里造り」 


02161293.jpg


 ところが今日、カブトムシの幼虫を入れようと、ヤマユリの種を播いて失敗したことになっていたプランターをカミさんが引っ張り出し中身を出したところ、土の中に多数の小さな球根を発見した。さっそく私も見たけれど、もう暗くなって何がないやらわからなくなっていた。しかし、どうやら生き延びて球根を膨らませたヤマユリがかなりいた模様。明日朝になってからよく調べてみて、これからどうしたらいいかを考えてみる。どうも、このまま山のあちこちに播くのが正解のような気もする。
 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

堆肥置き場で(大?)発見

2ee8415d.jpg


 今日は、昨日に引き続き冬野菜用畑の耕耘をしたが、その前に堆肥を撒いた。堆肥は、3月に置き場を作って積んで置いたものだ「堆肥置場の整理と畑の拡張計画」。2年物のトン糞+モミガラ+ワラ+米ぬか+落ち葉を混ぜたものだが、半年もたっていない割りにはよく分解が進んでおり、ちゃんとした堆肥になっていた。午前中出かけるついではあったが、これがあるのを思い出し堆肥は買ってこなかったが正解だったようだ。

2ea9672a.jpg


4c0914ef.jpg

 
 ところで、この堆肥をとりだすときにこんなものを見つけた。以前、ワラ置き場から見つけたカブトムシの幼虫に比べると小さいが「なぞの幼虫、多数発見」、1か月ほど時期がずれているからこんなものだろう。幼虫だけでなく産卵中らしい母親が見つかったし、役目を終えたカブトムシ♀もほかに2匹ほど見つかったから間違いはないだろう。

ad0a15b1.jpg


堆肥をとりだしながら見つけた幼虫の数は10匹ほどだったが、一応堆肥とともにバケツに入れてある。この置き場にはパレットとビニールで蓋をしておいたが、ちゃんといい場所を見つけるものだ。ただ、確かに良好なエサになるが我々が畑にまくことは想定外だったようだ。農場内にはまだまだ産み場はあるので、ときどきチェックしてみるつもりだ。

5f8b100a.jpg


 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

冬野菜の準備開始

 それにしても草の勢いは半端ではない。まあ、刈ってから2週間もすると元通りになる感じだ。今年は大豆の発芽が思わしくなかったため、かなりの部分が空いたままになってしまった。借り畑の800平米程度は先週草刈りをしており、今週末にかけてトラクターを入れるが、うちの畑の方はまだ手を付けていないかった。今日はそこを何とかしようと考えた。

534fd308.jpg


 大豆とサトイモ畑に挟まれた150平米程度だが、6月末に一度耕耘ウネ立てをしているが、草がはびこっている。一応バックホーで草を根っこごと起こし、草を手で取り出して積むという方法でやってみたが、あとから参加したカミさんの鎌で掘って抜く方法の方がどうもよさそうだった。バックホーでやると、どうしても土の中に潜る草が出てくるのである。ここは、来月に入ったらダイコン・カブ・白菜などを植えるので、土の中に異物を入れるわけにはいかない。

b491796a.jpg


 夕方までには何とか草の整理を終えたので、明日ウルトラポチで耕耘する予定。イネ刈りが始まる前に冬野菜の準備を終わらせなければならない。午前中、堆肥を買ってくる必要がある。
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

イネ刈りに向けた田んぼの水計画

 前に「田んぼの現況、倒れているイネもある」で書いたように、登熟が進む一方で倒伏も目立ってきた。日曜日に短時間に20ミリほどの雨が降ったようで、倒れているイネはちょっと増えてきている。イネ刈りは9月の半ば以降と考えているが、これからは雨も増えそうだし、田んぼへの水の注入を少し減らすことにした。明日から川水の注入をやめ乾かし始める。あとは穂の色をみながら、必要に応じて注水しようと思っている。配水については、川水の注入は1~3号のどれにでも入れられるようにしたし、柔軟な対応が可能になっている。4号のバイパス配管を外してあるので、それを戻す必要がある。
 倒伏については、穂が良くついているということもあると思うが、田んぼが柔らかいということにも原因がありそうだ。干し始めれば少し改善されると期待している。
 
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

NEXUS7(2013) についての個人的騒動

 初代の NEXUS7(2012) を買ったのは昨年の12月だった。「nexus7を購入」
以後、起きてから眠りにつくまで愛用していることは、しばしばBLOGでも書いている。ちょっと前から第2世代の話題が出始め、画面精細度が上がり、CPUも速くなり、メモリーも2Gに倍増というスペックから、かなり前から出たら買おうと決めていた。

 7月末にアメリカで発売になり、数週間以内に日本でも発売になるとの発表もあり待ち遠しい日が続いていたのだが、息子がサンフランシスコに出張することになり、買ってきてもらうことにした。ところが、日本での発表・発売が息子の出張と重なり、息子への依頼をキャンセルしてこちらで買うことに方針変更。発表になった月曜日に、鴨川のヤマダ電機に予約の電話を入れた(発売日に鴨川に出かける用があったので、)。ところが反応が頼りない。「こんな田舎の店にはすぐ入ってこないかもしれない」というのである。テックランドというくらいだから、そんなこともないだろうと思ったが、一応入荷予定について知らせるよう依頼しておいた。

 今日が発売日だったが、結局ヤマダ電機から何も連絡がなかったが、10時に店に行ってみた。しかし、やっぱり入荷していないという返事。まあ、その店の責任でもないし、隣のケーズデンキに行ってみることにした。残念ながら、そこにも入荷していない。電話でいろいろな店(最寄りのケーズデンキ・ヤマダ電機・AUショップなど)に電話をしたが、入荷していたのは一軒のみ、ヤマダ電機茂原店だけ。茂原までは往復で2時間かかるので取り置きを依頼したが、発売日なので取り置きはできないというつれない返事。
 結局アマゾンに注文して息子に経過報告をしたら、さっそく電話がかかってきて、「私のNEXUSを買うという目的はなくなったけれど、これからBESTBUYに行ってみる」というので、それなら、せっかくだからアマゾンをキャンセルするから買ってきてくれと再依頼した。昔から気に入ったものを買うときはこんな大騒ぎをしていたので、カミさんや娘は極めて冷やかに傍でみている。まあ、こういうのがまた面白いのだけれどね。しかし、出張中の息子には迷惑をかけでしまったが。

 それにしても房総半島南部は、店も少ない上にこうした品物の配置についても後回しになっているという状況を認識させられた。まあ、たかが android の tablet だからということがあるのだろうけれど。

 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

雑誌「人生の達人」で紹介されました

 取材を受けたときなど、確かBLOGにも書いたと思うが、人生の達人(KKベストセラーズ発行)に記事が載りました。テレビの「人生の楽園」は別にして、「現代農業」などの農業に関係する雑誌などには載ったことがあるが、今回はそれらとはちょっと趣が違うものだ。この雑誌は、歴史人の増刊として刊行され、今回が3号目。50代からの企業ゼミというテーマの農業編ということになる。
 そのような内容なので、当初の投資額とか農業関係の収支、家計収支などの金銭関連の情報を求められた。普通はそうした情報は出さないものだが、定年世代に農業を始めてほしいということは私にとっての重要なテーマだから、大体の情報を開示してみた。
 あらためて読んでみると、半自給自足ということと農業以外のことをやっている暇がないということから、生活費はずいぶん少ないということがわかる。また、農業収支は赤字で減価償却分を除いたキャッシュフローベースでようやくトントンになる勘定だ。しかし、そろばん勘定では現れない大きなメリットがあるので、そのあたりはライターさんに強調したので、ちゃんと書いてあた。
 定年後どうもダラダラしていて何とかしたいとか、定年を迎える前にいろいろ検討しているといった方には、参考にしていただけるかもしれない。
 



今だと、「現代農業」にも記事が載っている。これは私が書いたもの。方向は全く違うが、定年世代が農業を始めるというところは共通している。都会でも大きな本屋さんなら置いてあると思うので、立ち読みしてみてください、2冊とも。




 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

8/26 直売所通信 完熟ブルーベリー・プリンスメロンなど

おはようございます。ご好評の完熟トマト類、ブルーベリー・プリンスメロンなど揃えました。もちろん、ナス・キュウリ・ピーマン・などの夏野菜もいろいろあります。無料配達サービスもご利用ください。
数が少ないもの(5袋未満)
三尺ササゲ、ニラ、パプリカ、トマト(中玉)、トマト(調理用)、レタス、キャベツ、にんにく、根ショウガ、空芯菜

5袋以上のもの
ブルーベリー、プリンスメロン、マクワウリ、ミニトマト、甘トウガラシ、カボチャ、モロヘイヤ、オクラ、ジャガイモ、キュウリ、、ナス、ピーマン、インゲン、ゴーヤ、玉ねぎ、切り花(菊)、ささげ豆、ハグラウリ

一部を除き100円です。
それから、塩分少なめの梅干しあります(200円)


開店前でも中で準備をしていますから、声をかけてください。
配達します、無料サービスです。どうぞ「配達希望」と書いてください。

会所農場池巡り

 うちの農場にもともと池はなかったんだが、毎年一つくらいずつ池ができて、今は3つの池がある。この前役目を終えたものもあるが、一応一通り紹介しておくことにしよう。なお、どの池も草でおおわれている。草退治の優先順位は、畑や田んぼが第一、通路が第二、畦や土手がその次で池の周りはさらにその次なものだから相当ひどいことになっている。本人ですら、池のふちを見誤って落ちそうになるくらいだが、見苦しいところお許しください。
 
811ca6e3.jpg

      右上のパイプから沢水が流れ込み、左のパイプから1号田んぼに流出する

 一番は「上の池(4立米)」だ。最初の年(2009)を終えて、年末年始に田んぼの改修を行った際に作ったもの。一応、低温の沢水を多少でも温めたいということで作った。前の山からパイプ経由で入ってくる水は、最初にここに入る。ここからはパイプ経由で1号田んぼに向かう。ここには、ドジョウ・メダカ・ナマズ・アブラハヤ・沼エビなどがいるはずだが、いずれも放流したものだ。もちろんカエルやオタマジャクシ、ヤゴやゲンゴロウなどは自然に生息している。生き物が多いため、それを狙ってニョロッとしたものも住み着いているようだ。夜など、カッパでも出てきそうだが、実はそれほど深くない、水深は50cm位だろうか。


819576be.jpg

      右の田んぼから向こう側に流れ込み、同じ場所からオーバーフローして川に落ちる

二番目は「下の池(1.5立米)」だ。一番下の4号田んぼは、ドジョウなどの越冬用に一部を掘って池のようにしていたが、田んぼを拡大することも重要であり、田んぼとは別にそこからあふれた水を受ける池を掘った。上の池と異なり、水が長期間流れてこないこともあるので、この池は遮水シートを使用して作った。ここには、田んぼから出てきたメダカ、おそらくドジョウもいるはずだ。イネ刈りごろは、生き物たちはどんどん4号田んぼに降りてくるはずで、そこに集まったものをここに移して冬越しをさせる予定。


c3549aef.jpg

      右から川水が揚がっていた、現在はこの池を素通り、向こう側から左に水が流れてる

 三番目、最後は「川水池(0.5立米)」だ。川に沈めてある揚水用の水中ポンプは1.5KWのものだが、高さに比べ能力は不十分で、一番低い4号田んぼの水面よりも高いと水が出てこない。そのためそれより低い池を作り、そこから0.8KWの水中ポンプで1~3号のどれかに揚水する方法をとっていた。この前、さらに低いところにローリータンクを設置し、川のポンプの負荷を楽にして増量を図ったため、この池は不要になった。近々埋めようと考えている。
 
 生き物とともにコメや野菜を作っていこうというコンセプトでやっているので、田んぼは当然重要な役目を果たすが、稲刈りや秋の起こしの時期には水がなくなる時期もある。そういう時期に池を活用して来年につながるようにしているわけだ。ドジョウは食用を想定して放流したが、アオサギなどにやられて人間の口に入るほどには増えないし獲れない。ということで、より大きくなってトリも持て余すはずのナマズに転向しようと検討中だ。ウナギよりもうまいという蒲焼で食べるつもり。うーん、生き物と一緒にやっているはずなんだがちょっと違うかな。
 
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。
livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    • ライブドアブログ