定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

2013年09月

9/30直売所通信 無農薬天日干しのお米ができました

おはようございます。ようやく秋になってきましたね。今週は会所無農薬実践農場のお米が穫れました。野菜もいろいろあります。どうぞご利用ください。配達も行います。

数が少ないもの(5袋未満)
イチジク、プリンスメロン、冬瓜、空芯菜、三つ葉、青菜、ニンニク、ニラ、生落花生、万能ねぎ、ミニダイコン、キュウリ、いんげん

5袋以上のもの
次郎柿、新生姜、ナス、ピーマン、廿日大根、甘トウガラシ、モロヘイヤ、サツマイモ(鳴門金時)、ミョウガ、オクラ、栗、ジャガイモ、玉ねぎ、シソの実

お米(ミルキークイーン)700円/Kgです。5合(750g)500円のお試しパックも用意しましたので、味見をしてみてください。

一部を除き100円です。
それから、塩分少なめの梅干しあります(200円)

夜の見回り(ケモノ編)

 今年はイネを最後まで守り切った。草にやられたので収穫量は期待ほどではなかったが、一昨年・昨年よりは多そうだから贅沢は言わないことにしよう。ただ、甚大な被害を蒙るイノシシは入らなかったが、タヌキ程度の小動物は来たようで、田んぼの中にモミガラが落ちていたり、田んぼの脇に糞があったり、栗のイガが転がっていたこともあった。
 うちの田畑を我が物顔で歩かれるのも癪だから、毎晩巡回は欠かさない。今晩の場合は田んぼの向こう側の山に青く光る眼が見えた。タヌキサイズである。ライトで照らすとこちらを注目している。一旦玄関に戻りロケット花火を携えてそのあたりを見ると、まだ目は光っていた。何発か打ち込んだが逃げていった模様。

 ところで、その前後にあたりを見回すと、まったく違う方向でオレンジ色の目が光っていた。こちらは樹の上なので、おそらくフクロウではないかと思われる。青い目の方を撃つとフクロウが逃げるように思ったが、仕方なく発射。今年は毎日のようにフクロウの鳴き声が聞こえるが、今年はイノシシが来なかったのでロケット花火もあまり使わなかったので、そのせいかもしれない。去年は9月を中心に1000本以上は使ったから、フクロウも避けていたに違いない。
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

今年のビニールハウスを振り返る

cb4e2da3.jpg


 二度の台風は結構な風を吹かせたが、ビニールハウスは無事だった。今日もおそらく瞬間で20m/s程度は吹いていたと思うが、全体がグニャグニャ動きはするものの大事には至らなかった。前回の台風の時には25m/sくらいは吹いていたと思う。ということで、3月の設置後すぐに大風にビニールを破られたことによるトラウマは遠ざかりつつある。案外丈夫じゃないか、というところだ。
 ところで、まだ半年だが振り返ってみると、このハウスは結構よく働いたという印象だ。最初のうちはイネの苗づくり、サラダミックスやラディッシュなどの早いサイクルのものを植えたが、このあたりは当たり前に便利なものだと思った。いやこれはすごい、と思ったのはそのあと植えたトマト、スイカ、プリンスメロン、マクワウリなどだ。いずれも水をなるべくやらずに甘さやうまみを濃縮させるものだが、路地ではできないものがハウスの中ではかなりうまくできる。
 ただ、3間×8間の24坪では限界があり、スイカなどはほとんど自家消費になってしまった。そんなことからもう一棟増設するつもりだが、使い方についてもまだまだ工夫の余地があることもわかっている。今回は間口を3分割して使ったが、壁側には入れないエリアができてしまった。トマトの収穫のために何とか壁側に潜り込んだが、作物によっては両側からてを出せるようにしなければならい。プリンスメロンは空中栽培にしてスペースの面では有効だったが、手を入れづらい場所ができてしまった。上からネットを吊るような工夫も必要だろう。トマトも園芸用ポールで支柱を作ったが、これも上から吊るような方法を考えたい。まあ、作業性を考えた配置と作物の生育計画を考えていく必要があるらしい。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

明日、残りを脱穀する

7d7d40c5.jpg


 この前の雨は農場周辺ではかなりのものだったため、水分計の値はなかなか下がらない。16~18%程度の間でばらついている状況。ただ、月火は雨という予報になってきたので、明日残りを脱穀することにした。袋ごとに水分量を測り、16%を切らない場合はシートの上に広げて更に天日干しを行うつもり。去年は雨に悩まされ、最終的には脱穀後この方法でさらに乾燥させたのだった。玄米の量は300Kg前後と予測しているので、午前中にはめどがつくはずだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

バインダーの掃除

bfc87e14.jpg


 今年も4号以外の田んぼでは大変に世話になったバインダーを掃除した。いまどき、こんな機械を使う農家はそう多くはないと思うが、天日干しをしようとこだわって作るなら、これは必需品だし便利である。
 ただ、今年のうちの田んぼでは、イネの足元の雑草(コナギ)があまりにも多かったので、いろいろ障害が発生した。来年はすっきりした田んぼで使いたいものだ。一応、泥などを取り去りイネの切れ端も掃除し、ガソリンを抜いて倉庫に収め、今年のイネ刈りは無事終了。一年のうち数日しか働かないから、毎年慣れる前にしまうことになる。

8b3bfe19.jpg


 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

今年もとびきりうまいコメが穫れた

f138d596.jpg


 天日干し中の残り半分は雨のためまだ乾燥していないため、脱穀が済んでいる前半のコメの籾摺りをやることにした。納屋の奥にしまってある籾摺り機と米選機を引っ張り出し、まず中の点検を始める。ネズミの住処になっている危険性もあるからだ。まあ、去年もきっちり防御してしまっておいたから大丈夫だった。

e973065a.jpg


 脱穀済みの籾米はコンバイン袋14袋、25Kgとすれば350Kgである。午後の4時間ほどで籾摺りは完了し、玄米は255Kgほどになった。片付けもそこそこにコイン精米に走り、夕ご飯は新米。つやつやした炊き上がり、もちもちした食感、例年通りの美味いコメになっていた。

ec09e3d8.jpg

 
 さて、これで残りのコメの乾燥待ちだ。さっき試料をとってきたが、18%台だった。明日1日乾燥させ、日曜日に脱穀という具合になりそうだ。

df500bb3.jpg



 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

本日の作業(草刈りなど)

 秋になった感じはあるが、田んぼの周りの草はなんとも酷いものだ。稲刈り等に手を取られている間に蔓延ってしまったのだが、イネ科の雑草などは穂をつけており、もうちょっとしたら枯れるだろうなどとのんきに構えているわけにいかず、田んぼの隅に残っているコナギや4号の向こう側に生えているマコモなどとともに刈払機でやっつけ始めた。

ccd950c1.jpg

    田んぼも回りも草だらけ

 考えてみると、サラリーマンをリタイヤしてから1年と9か月経つが、その前の週末農家時代と比べて草に関しては全く改善されていないのはなぜだろう。うちは、カミさんも刈払機を持っていてガンガンやるんだが、今年の場合はやはり田んぼのコナギに手がかかりすぎ、その隙を見つけて他の草も蔓延ってきた感じがする。そんな具合だから、特段手のかかるようなことをなるべく回避していくような工夫が必要だと思えてきた。そのためには、シーズンオフの間にできることをいろいろやっておくことも重要だろう。たとえば、草対策について考えてみると、畑でも田んぼでも通路でもないところをなるべく減らしたり、通路部分は草を生やさない工夫をするとか、土手や畦は凸凹をなくして刈りやすくする、といった工夫が有効だろう。シーズンオフにいろいろ考えて計画することにしたい(毎年そうしているつもりなんだが)。
 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

手前味噌について

12c15ebe.jpg


 昨年末から今年の初めにかけて、直売所ではお客様の味噌造りのお手伝いをしました。具体的には大豆(木更津の在来種)の販売と、味噌用米麹の手配でしたが、夏を過ぎて秋に入り「とてもおいしくできている」というお客様の声がどんどん届いています。当方でもちょっと前から樽から出し始めており、来客の方や親類に配ったりして好評を博しています。
 今年も同様に皆様の味噌造りのお手伝いをしていこうと思います。ご提供予定の大豆は晩生の豆で、収穫は11月で脱穀は12月ごろの予定です。ご注文をいただくのは来年相応の予定で、実際の味噌造りの時期は1月末から2月になりますが、どうぞ楽しみにお待ちください。
 
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

田んぼの雑草(コナギ)対策

 昨年は、イネ刈りのあとに水を張って今年の春までそのままにしておいたのだが、考えてみると雑草対策については全く無防備だったといえる。残ったコナギは花を咲かせて種子を作り、それを田んぼ中にばらまいたらしいから、今年の酷い状況が発生したのだと思う。

58c10276.jpg

    収穫量の面で最も期待していた4号田んぼ
    イネ刈り後はコナギ畑となっており、主役がどちらかわからないほどだ

 例年もコナギは生えていたが、新しく作った田んぼだから大したことはなく、田植え後に米ぬかを撒いて6月中に何度か草取りをすることで大きな被害を防げていたのだが、この一年ですっかり好きなようにさせてしまった。もちろん、農薬(枯葉剤)を使わない前提だから、それ以外のいろいろな工夫で後遺症を防がなければならない。とりあえず、イネ刈り後にすぐ田を起こしてコナギを始末したが、あと何回かは耕耘して完璧を期することにしよう。ちょっと困るのは、田んぼの中の池(4号の旧越冬池部分)などにはかなり生えていて、まだ駆除していない。こういったところは刈払機で刈り取るなどの対策が必要。
 今年はイノシシなどのケモノの被害はなかったが、最終結果は出ていないものの雑草の影響は小さくないようだ。毎年反省点はいろいろあるが、来年につなげていきたいものだ。
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

思わぬ連休になった昨日今日

 この前の台風の時は風がひどく雨は少なかったが、今回は台風のせいか前線のせいか、かなり雨が多い。昨日は作業を午前中で打ち切りにしてちはら台のスーパービバホームに行き、電気屋やホームセンターなどを巡って楽しんできた。本日も雨が続いているので、昼寝をしたり夕方から温泉に行ったり、これまた休養日を楽しんだのである。
 しかし、干してあるイネは困った状態である。月曜日の時点では脱穀ができるほど乾燥していたが、いまは刈った時よりも水分が多くなっていると思う。脱穀後の工程(籾摺り)は、機械の設置や清掃が厄介なため、なるべく一気にやりたいのだが、今週末は半分でもやることにするか。
 沢水は、夏の間極端に少なかったが、これで復活するかもしれない。コナギを完全に退治したら今年も冬季湛水をやってもいいだろう。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。
livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    • ライブドアブログ