定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

2015年11月

奈良を巡る(少しだけ)

1119奈良ホテル.jpg

 今晩の宿泊は200㎞+先の愛知県湯谷温泉だから、奈良出発を14時として何か所かを回ることにした。ただし、10時から30分程度の館内ツアーを見てからの出発だった。

1119唐招提寺.jpg

 私は学生の頃にいろいろ回ったけれど、カミさんはそれほど行ったことがないというので、まずは唐招提寺に行ってみた。大昔は若干さびれた感じもあったのだが、今はかなり整備された印象だ。中国や韓国からの観光客、関西エリアの小学生など、訪問者はかなり多いが、広い境内は落ち着いた印象。

1119百毫寺.jpg

 次は、東側から奈良盆地を見下ろす百毫寺に行ってみた。ここはあまり一般的な訪問先ではなくガラガラであったが、当然外国の人も小学生もおらず、静かで好ましい。

1119東大寺.jpg

 カミさんが、もう少しミーハーなところに行こうというので、次は百毫寺から大仏殿の屋根も見える東大寺に決定。大仏殿の混雑は大変なものだった。うっかりしたら迷子になりそうなほどである。ここで出発時間となった。3か所回ったわけだが、三寺三様でなかなか面白い組み合わせだった。唐招提寺と東大寺は奈良六大寺大観に収録されているので、帰ってから復習するつもり。 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

2泊目 奈良ホテル

 今朝有馬を発ち、舞子のホテルに向かう。神戸は私にとって故郷のようなところで、親戚の人たちと会う予定があったのだ。残念ながら天気が悪く、目の前の明石海峡や連絡橋、淡路島などは靄に被われがちだったが、昔話を含む親類の人たちとの会話は大いに弾んだのだった。
 そのあと、本日の宿泊先である奈良に向かった。奈良は学生時代(何年前?)にはよく行ったものだったが、それ以降はすっかり足も遠のいていたし、泊まったこともないところだった。そこで、前から興味があった奈良ホテルに泊まってみることにしていた。

1118奈良ホテル1.jpg
1118奈良ホテル2.jpg

 本降りの雨の中、混雑した阪神高速(最初は神戸線、途中から湾岸線に乗り換え)をなんとか通り抜け奈良へ、生駒の下を通る第2阪奈道路はたぶん初めて通る道。2時間強で到着した奈良ホテルは、泊まれる博物館といった風情で、さっそく館内を一回り。朝10時からはガイド付き館内ツアーがあるそうだ。実は、明日の宿泊先は愛知県新城市の湯谷温泉、ここの昔風の旅館に泊まることにしており、堆肥が面白いのではないかと考えている。
 
1118奈良ホテル4.jpg
1118奈良ホテル3.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

農閑期旅行:有馬温泉まで

1117本日の富士山.jpg

 出発の数日前、東名の集中工事に引っかかることが判明した、往復ともである。一応新東名を利用するが、御殿場までは相当な影響を受ける可能性がある。これを回避するために5時に起きて出かけることにしていたが、幸か不幸か3時半ごろに目があいたので、そのまま起きて4時に家を出た。
 これは正解だったようで、横浜市内から保土ヶ谷バイパス、そして東名に入ってもガラガラの状態であった。ただ、上り線側は早朝にもかかわらず長距離トラックで渋滞していたから、工事期間中の帰りも油断はできない。

1117本日の日の出.jpg

 最初のストップは新東名駿河湾沼津SAで、ここまで1時間半。暗い間は平気だったが、明るくなったら早起きの影響が出てきたのでカミさんと交代し、次は新東名浜松SAまで約1時間くらい、3番目のストップは新名神?東名阪?土山SA、ここで早めの昼食を食べた。最後は有馬のすぐ手前中国道西宮名塩SA。という具合で、今まで通ったことがない道をずいぶん走破した。ついでに、草津から大山崎までは名神を通らず京滋バイパスという、これも知らない道を経由した。
 それにしても、新しい道路が増えている。特に伊勢湾岸自動車道は、豊田から桑名あたりまで名古屋市内を通らずに通過できるもので、ベイブリッジのような橋が連続して圧巻である。20年ほど前に大阪まで頻繁に出張したときは宿舎が堺市だったから、豊田付近から東名阪に出て無料の名阪国道を通るルートだったから、隔世の感がある。
 ということで、片道約500㎞の自動車旅行(前半)は8時間ほどで無事終了した。高速はトラックなど仕事の車が当然多いが、ハイブリッドに乗った老夫婦(我々もそれに含まれる)も相当多い。SAでは一大勢力となっている。まあ、出かけてお金も使わないとね。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

農閑期旅行(第2回)は、明日から

 農閑期とはいっても、毎週の直売所は基本的に開店なので、数日間の短い旅行になるのは仕方がない。先々週の1回目に続き、明日から関西方面に行ってきます。
 サラリーマン時代は、毎週大阪まで(車で)出張なんていうことをやっていたけれど、千葉の農場に根をおろしてからは東海道も遠くなってしまい、東名や名神の新しい方にはまだ全く踏み入れていない。まあ、先週新宿に行くのに南大井からの地下高速に初めて入ったくらいだから、東海道に縁がないのは当然のことだろう。それで、新しい高速を走るというのが私の第一の目的なのだ。
 カミさんは、有馬温泉で開かれる予定だった高校の同期会に珍しく出席する気になっていたらしいが、それが消滅したということで、有名な有馬温泉に行くということが第一の目的らしい。で、明日はそこまで一走り。
 翌日は、私は泊まったことがない奈良ホテルに行ってみることに。それから3日目は愛知県の湯谷温泉泊。ここは紅葉の名所がそばにあるようだが、まだちょっと早く、色づいたばかりという感じらしい。そんな具合で、裏磐梯に引き続き、車での旅行を楽しもう。ただ、3分の1くらいはカミさんに運転を頼むことになるだろう。若い時とは大違いだ。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

11/16直売所通信 今週は月曜のみ開店です

今週は都合で月曜1日のみ開店です。木更津の提携農家さんたちの行事がありましたので野菜は少なめです。
サトイモ、サツマイモは箱売り承ります、発送も致します。ご相談ください。種類にもよりますが、大体400円/Kgです。

数が少ないもの(5袋未満)
パセリ、キャベツ、ニンジン、モロッコインゲン、レタス、なめこ(原木栽培)、生シイタケ(原木)

5袋以上のもの
茹で落花生、大根、長ネギ、ピーマン、カブ、ニラ、小松菜、ミニトマト、ほうれん草、春菊、ゆず、玉ねぎ、サトイモ、サツマイモ(安納芋・鳴門金時・紅アズマ)、黒米、カブ葉塩漬

塩分少なめの梅干しあります、200円/パックです。

開店前でも中で準備をしていますから、声をかけてください。
配達も致します、ご相談ください。

今年の反省(1)  

こんなこと(農業)を始めたのは2009年初めだったので、7サイクル目の終わりが近づいています。今年のコメが去年の4割しか穫れなかったことのように、決して順調な状況ばかりではないが、ご近所のおばあちゃんが言った言葉「いいものも悪いものもあるから百姓は食っていける」の通り、今年はサツマイモとサトイモが順調で、合わせて1tは穫れるのではないかと思います。

0915イネ刈り2.jpg

0829-2号.jpg

 その前の10年間、市民農園で作物を(細々とではあるが)育てていたカミさんはともかく、私は全く経験のない世界に飛び込んだのだから、常識も知識も知恵もなく、問題にぶつかってはいろいろgoogleさんに聞いたりして、あるいはまったく関係のなさそうな昔の経験を応用したりしながらこの7年間を凌いできたけれど、まあ何とかなるものですね。
 さて今年の反省ですが、なんといってもコメの不作が1番でした。原因の最も大きなものは、冬の間に大量に撒いた油粕が生のまま春になり、田植え後の水の中で発酵(腐敗)してイネの根が弱り、コナギという雑草の攻撃に耐えられなかったところにありました。田植えが終わった5月後半から約2か月間、暇さえあれば田んぼに入って草をとりましたが、肝心のイネがしっかりしないものだから、あまり乱暴な取り方(例えばアイガモンとか田車など)を始められず、手でコツコツ取るだけでしたから結局助けることができませんでしたね。すでに来年に向けてケイカル(イネの根などを強くするケイ素を含有)を撒きましたが、それ以外の対策も順次講じていく予定です。ケモノの被害はほぼゼロでしたが、草の被害も結構大きいです。

0707カボチャの檻

 ケモノといえば、今年はサルの被害をかなり食い止めることができました。周囲で例年最も被害が大きいものはカボチャですが、これをオリの中で作るという試みが成功しました。年によっては半分以上盗られたりするのですが、今年は全部人間のものになりました。来年はオリの大きさを4倍にしようともくろんでいます。
 よかったのは芋類でした。春のジャガイモはまあまあの出来でしたが、種イモの量が少なく(15Kg程度)、早々に売り切ってしまいました。秋のサツマイモは順調でした。安納芋が350Kg、鳴門金時が150Kg、紅アズマが200Kgくらいですかね、ちゃんと測っておらず推定ですが。サトイモはまだ4分の1程度しか掘っていませんが、八つ頭が150Kg、普通のサトイモが250Kgくらいでしょう。ということで、1t以上だったようでイモ農家といってもいいような実績です。

0828プリンスメロン復活実.jpg

 2棟のハウスはよく働きました。まだミニトマトはできていますから現在進行形です。ハウス内ではトマトのほかにプリンスメロンが穫れました。ハウスでももちろん農薬は使いませんから、虫や病気の発生も避けられませんが、手作業でとるなどしてなんとかしのぎました。ハウス内では溶液栽培もやりましたが、やはり根がどんどん伸びますから、よく育ってよく実ります。どうしてもハウスの中で作るものは決まってくるので、連作障害は大きな問題となるわけで、来年はもう少し拡大してみようと思います。
 ここまでは、ある程度量を作るものに触れてきましたが、自営の直売所で売っているため、基本は多品種少量になっています。私はどちらかというと機械を使ってまとまった作業をやる役割で、カミさんの方がコツコツといろいろなものを作っていますね。種類でいうと、年間50種くらいの野菜は作っているような気がします。(なんと2012年の春に数えたことがありました、2011年には60種だったようです。「会所無農薬実践農場のあらましと今後について」

まだ11月でちょっと早いんですが、今年の結果の一端をまとめてみました。
 
  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ソーラーポンプの立ち上がり状況

 手探りでやってきたソーラー灌漑システムは、一応晴天であればポンプをちゃんと動かして田んぼへの配水も可能だというところまで確認した。現時点で、上の池(1号田んぼレベルより3mほど高い)まで入れるのであれば350L/毎時、そこから4m下(2号田んぼのレベル)に出す場合は500L/毎時程度の能力である。昨夜、上の池を点検したら相当数のドジョウが出てきていたので、この池は廃止しないで継続にするかも。
 うちの田んぼの必要水量は1.5立米/毎時なので一部を賄う程度だが、それでも農事用電力を使わないシーズンオフに水を出してくれるのはありがたい。一枚に限れば湛水も可能だろう。これは微生物から水鳥までの幅広い生物の維持に役に立つはずだ。

1114ソーラー1.jpgポンプのコントローラー用にプラボックスを追加した

 ただし、問題もある。日没になるとまもなくポンプは停止してしまう。チャージコントローラー(PWM方式)のランプを見る限りでは朝の早いうちにバッテリーランプは満充電状態となってしまう。どうやら8台もつないだバッテリーにちゃんと充電されていないように思える。中国製のコントローラーには、極めて貧弱な注意書きの他に、それほど充実もしていない中国語・英語の説明がついてあるが、現在それを翻訳アプリで解読しながら設定をいじり始めているところである。

1114ソーラー2.jpg左側にバッテリーが並ぶ(小屋が必要だ)

 バッテリーは、大型のディープサイクルのものを計8台貰い受け、それを2台直列(24V)で4系統として繋いであるが、長期間放置状態だったこともあり、再充電して使えるものに絞り込んだりといった工夫は要るようだ。今のところ仮接続の状態なので、プラボックスをもう一台購入して系統別のスイッチやヒューズをつけたりする予定。また、新品のバッテリーの購入も要検討かもしれない。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ソーラーポンプシステムが動き始めた

 最近は、どうも荷物の到着日がちぐはぐだ。ほとんどアマゾンで買っていたときは到着日を想定できたが(大体翌日)、このごろはアリババだったり、アマゾンで買っても中国から直送だったりで、到着日は予測不可能になってきた。それに、最近のリズムは農場にいない時を狙って届くような感じである。ということで、今回も横浜に戻っているときに待っていたポンプが届いた。

1112水中ポンプ.JPG

 不在票で再配達を依頼して本日到着、さっそく組み立てて井戸の中に押し込んだ。井戸は、手押しポンプから下に伸びているパイプの径を細くしたので、ポンプの方も余分なプレートなどを外して出っ張りをなくしたので、手押しポンプ脱着なしに水中ポンプの出し入れ(交換・修理等)ができるわけだ。
 ということで、本来のポンプが動き始めた。一応、一番上の池まで十分水が行くことを確認した。しかし、日没後しばらくして点検に行ったら、ポンプはすでに停止していた。譲ってもらった再利用のバッテリーがうまく貯めていないのか、コントローラーの設定か何かで充電できていないのか、そのあたりはこれからいろいろ調べていくことにしよう。しかし、少なくとも晴れの日はずっとポンプは稼働するはずだ。

 写真で、黒い円筒状のものが24Vブラシレス直流モーター使用の水中ポンプ、揚程は15mでGL▲3mの井戸から水をくみ上げる。一番上の池までは10m程度揚げていると思う。これを井戸の底に入れるのだが、塩ビ管(VP13)とケーブルとロープで吊り上げる構造。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

NEXUS 6P と NEXUS 5

11102台のnexus.JPG

 到着してまだ1週間もたっていないが、四六時中手に持っているようなものだから、NEXUS 6P(写真右側)は急速になじんできている。まず気に入ったのは指紋認証機能だ。背中の(位置はちょっとだが)ボタンを触るだけでロックが外れて画面が出てくる。これはとても使いやすい。その次のポイントは今日新たに出現した機能(Now on Tap)だ。ホームボタンを長押しすると、その時の画面内容からキーワードを読み取って、その検索などのおぜん立てをしてくれるというものだ。これはやってみないとわからないが、通信機能がいかれて窓際に追いやられていたNEXUS 5 (写真左側)にもこの機能がおりてきたので、一気に魅力が復活してしまった。まあ、シム入れても通信できないので、別の端末のテザリングで使うのだけれど。
 android4からandroid5への変化はビジュアル面を中心にかなり大きかった。こんどのandroid6への変化はそれに比べれば地味という第一印象だったけれど、使い始めてみると使い勝手の向上はかなり大きなもので、とても印象が良くなった。こういうステップアップがずっと続くのであれば、NEXUS端末を選ぶメリットも大きくなる。
 ということで、次は windowsスマホに移るかもと思っていたのが踏みとどまっているところだ。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

今週は軽トラ利用

 スズキキャリイの3回目の車検をとるため、今週はこれで帰ってきた。いつものハイブリッド対応燃費走行ではなく、ちょっと元気に走るので、Lあたりの走行距離はフィールダーハイブリッドの半分といったところだ。

1109働く軽トラ.JPG

 しかし、その積載能力は相当なものだ。今回は、横浜の知り合いにワラ・籾殻・燻炭を合計5袋もってきた。それに野菜を積むからほぼ満載状態。昨夜野菜は降ろしたが、代わりに横浜の別の友人から落ち葉をたくさん引き取ったので、重いものではないのだが満載状態となった。
 籾殻などを渡した知り合いからはディープサイクルの鉛電池を4台貰い受けた(追加)。ずいぶん弱っているらしいから、どこまで働いてくれるかは未知数だが、合計8台のバッテリーがソーラーシステムの中で働くことになった。中国を出発していたポンプも、ようやく大原郵便局まで来たらしいので、今週後半はいよいよソーラーポンプが本格的に動き出すはずだ。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。
プロフィール

房総で百姓やってる...

アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    月別アーカイブ
    • ライブドアブログ