定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

2016年03月

田んぼの配管作業は完了

 予想外の水量増加につながった配管増強作業は、本日で完了した。倍増した川水の量では、理論上は4時間程度でいいはずだが、それでは足りずに1時間追加してもまだ足りず、今日から6時間/日にしている。
 各田んぼの状況をみると、3号の吸水量が多いらしい様子が観測できる。そのため、先週後半から3号の旧配水管も開放して、1号と3号に並行して給水している。この配分は結構良さそうだ。
 ということで、配管周りが終わったので田んぼ内の処理(代かき)を進め、吸水量を抑えて理論値のポンプ稼働4時間に近付けていこうと思う。

0330四号配管.jpg

写真は残っていたソーラーポンプから4号への配管の工事中、左側は以前からある野菜洗い用水槽、現在はオタマジャクシに占領されているが、ここにも井戸から水が来る。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

電池には結構苦労する

 端末をいろいろ持っていると、充電という作業がなかなか大変である。横浜ではankerの10口充電器、農場では同じankerの5口が3台あり、その他に各端末の充電器が何台かずつあるが、ほぼフル稼働状態である。スマホやタブレットの端末系は、厳しくアプリ選択や設定チューニングを重ねた結果、かなり電池の消費は少なくなり、適当でよくなりつつあるが、問題は androidデジカメだ。いまのところ samsung と nikon の2台あるが、しばらくの間普通のデジカメを使っていた。というより、実際に使っていたのは nexus 6P だった。

0330ギャラカメ電池新.jpg

 それがちょっと変わりつつある。アリババでいろいろ漂流していたら、galaxy cameraと互換性のあるsamsung SⅡ用の電池で 5,000mAh のものが見つかった。標準は 1,650mAh だから、約3倍だ。中華電池の場合、スペックについてはほとんどあてにならない。しかし、話半分だって純正よりだいぶマシだ。ということでアリババ内の別のショップで2個購入。最初に届いたものを試したら、かなり電池が持つことが判明した。本日2個目が届いたが、これも良さそうである。ただひとつ問題がある、少し厚みが大きいらしく、取り出しにちょっと難がある。まあ、電池がすぐなくなるよりはいいので引き出し用テープを貼り付けて使っていくことにした。さらに、昨日からアリババ6周年記念セールが始まっているのでもう一個購入。もともと純正電池が3個あったので合計6個になったが、さすがに使い切れないかもしれないなあ。
 一方、スマートフォンでも電池の手配中だ。持っているスマホの中で一番変わっているものといえば、galaxy nexus だ。ちょっと前に書いたが、特に2台のうち1台は android 5.1.1 を入れてあり、それが何度かのアップデートの結果随分使いやすくなっている。電話も含めて今使っても問題がないレベルだ。ただ、最初から使っている大容量電池がさすがにやつれてきており、やはりアリババで2個購入済み。そのうち届くだろう。
 と、続々と中国から電池が届くのだが、まともな皆さんは真似しないほうが良さそうだ。なにしろ偽物が多い。アマゾンでもほとんど中国由来のものだから偽物が多いと思うべきである。nexus 5 の電池をアマゾンで購入して交換したことがあるが、これが偽物だった。android 6 にして、かなり電池消費量は減ったはずなんだが、電池のせいで減りは早い。裏返しで充電も非常に早いのだけれど。これをなんとかしたいと口コミを見ながら交換用電池を探しているけれど、絶対の純正品はまだ見つかっていない。もう、探すのは無理そうと諦めた。その代わり、LGとは全く違うブランドの大容量(3200mAh)の互換品を買うことにした(純正は2200mAh)。一応 Air Mail で届くらしいから、届き次第開腹手術で交換しよう。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

3/28直売所通信 タケノコが出ています

先週に続きタケノコが出ています。今回は茹でたものもあります、生のタケノコには、アク抜き用の米ぬかを付けてお渡しします。

数が少ないもの(5袋未満)
春キャベツ、紫キャベツ、春大根、椎茸(原木)

5袋以上のもの
タケノコ(生)、タケノコ(茹)、ほうれん草、菜ばな、ラディッシュ、長ネギ、スティックブロッコリー、サニーレタス、水菜、春菊、玉ねぎ、人参、サトイモ、サツマイモ(ベニアズマ、鳴門金時)、黒米、梅干し

開店前でも中で準備をしていますから、声をかけてください。
配達も致します、ご相談ください。

今日の帰りの驚いたこと(1)菜の花畑

 日曜日はいつも、夕方に農場を出て木更津の農家仲間のところで委託販売の野菜を載せて帰るのがルーチンだ。今日、途中の石神(市原市)というところでカミさんが「すごい」というので、ちょうどそこにあった臨時駐車場に停めて「すごい」ものを見に行った。
0327菜の花畑1.jpg


0327菜の花畑2.jpg

 一面の菜の花畑である。いろいろなところに人が入り込んでいて、まるで案山子のようだ。私の横にはでかいレンズをつけた一眼+三脚で狙っていたから、ちょうど菜の花を横切っているレールに列車が通る時間帯だったのかもしれないが、のんびりしている時間はなく数枚の写真を撮って車に戻った。残念だったのは、パノラマで撮ったデータが見当たらないことだった。今日に限って samsung galaxy camera (android camera) を持っていて、それで撮ったのだけれど、滅多に使わないから操作ミスだったと思われる。でも、中抜けの写真2枚でも凄いという気分は味わえそうだ。
 小湊鉄道が、地元の人達とのコラボで菜の花のタネを蒔いているという記事をどこかでみたが、この石神地区はもっとも力を入れているところではないかと思われる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

配管増強(ソーラーポンプ編)

 川水揚水配管は、田んぼの西側をほぼ直線に走るもので、単純だから1日もかからなかったが、その予想外の好結果に第2弾目のソーラーポンプ配管は、計画を見直して結構凝ったので1日半もかかってしまった。横浜に帰る本日は突貫工事状態となってしまった。

0327施工中.jpg

 凝ったところというと、4枚の田んぼのそれぞれに給水できるようにしたことだ。全部の口から水を出せるほど強力ではないので、それぞれに栓代わりの掃除口をつけてある。それから、井戸内のポンプ本体に繋がる配管はVP13だったけれど、延長4mだと抵抗も大きいのでVP20に交換した。

0327ポンプ本体.jpg

 一応配管が終了した段階でポンプのスイッチを入れ、一番高い上の池で水が出るのを待ったが、なかなか出てこない。ようやく出てきても勢いが弱いような気がして点検したら、途中の地面から水が湧き出ている。これは最初の写真の部位だが、2mほどのところを継ぎ接ぎの配管で済ませたところだった。今回、大量に余っているVU40の古いパイプを使ったのだが、布やすりを買い忘れて接合部を削らなかったのが原因だった。他にもパンクしそうなところは多数ある。

0327配管のパンク.jpg

 修正後、一応安定状態となったので計測してみて驚いた。上の池では300L/毎時程度だったものが、1立米/毎時程度に増加している、3倍強だ。今のところ明るい時間帯しかポンプは動かないが、それでも夏の間は14~18時間ぐらいは出るだろう。これだと川水ポンプの1時間分に迫る、手助けになるに違いない。それにしても、水量は多いけれど出てくるまでの時間は長い。それで、ちょっと計算してみたのだが、VU40のパイプは内径が40mm、パイプの延長は80mくらいあるから、パイプ内の容量は100Lとなる。風呂おけ半分くらいということだが、本当かな。上の池のレベルでは10Lに33秒ほどかかるから、単純計算だと出るまでに5分半となる。もちろん、低いところはもっと速いペースで水が埋めていくから実際の時間は短いはずだ。積分ででも計算するのだろうか。流体力学というもの、奥が深そうだ。パイプを太くしたことの効果は予想を遥かに上回るものだったな。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

配管増強(川水編)の結果

 今日は配管工事の日、川水揚水管を先行させることにした。当初は前の配管のまま太くするつもりだったが、現地調査の結果に基づき(若干だが)ショートカットさせることにして、既存のパイプも併存させることにした。新設パイプは、もっとも高い位置にある1号田んぼに直行させ、2号3号に注水する場合は古いパイプからの栓を利用することにしたのである。
 工事自体はいつも通りで順調に終了、早速カミさんに手伝ってもらって水量を測ってみた。60Lのタブが12秒で満水になったので5L/秒、1時間では18立米ということになる。この数字、実はポンプの性能曲線や配管抵抗の計算結果からの推定値とほぼ一致した(ポンプの効率向上について)。この領域はいかにも難しそうで自信はなかったけれど、予想ピッタリでとても嬉しかった。明日のソーラー井戸ポンプの結果はどうなるだろう。

0325配管増強後.jpg

 1号の出水口だ。古い方の細いパイプからも出ているが、メインは太いパイプの方。合計で18立米/毎時程度とみられる。
 

0325配管分岐箇所.jpg

 川から上がってきたパイプの途中から分岐させている。直立しているのはポンプ停止時の負圧を逃がす弁(自製)、それから手前側は古い配管でそのまま残しておいた。負圧防止弁は、若干水は漏れているが(滴る程度)、うまく機能している。

0325新短縮ルート.jpg
 
 ショートカットの配管、土手をバックホーで切り開いて設置した。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

配水管強化計画

0324配管材料.jpg

 昨日は書きそびれたが、午前中に現況調査を行って概略計画を立て、材料の購入にでかけていった。最も金額が大きいのはVU65の4m管14本だが、再生管を売っているスーパービバホームちはら台店が圧倒的に安く、ここまで出かけていった。VP20も同程度の本数買う予定だったが、沢水配管などに使っていたVU40の廃材がたくさんあることを思い出し、土壇場でこれを使うということで計画変更を行った。こういうときは、往々にして買い忘れなどが発生するのだが、今回はどうだろう。

0323川水配管交換箇所.jpg直立しているエア抜きのあたりから交換予定


 今日の午前中は籾蒔き作業だったが、寒くてあまり仕事をする気にならなかったので、敷設予定箇所にパイプを並べる程度で終わりにした。一応計画はしてあったけれど、パイプを並べるついでに再チェックしたところ、竹やぶ最上部のあたりは現状とは違う場所を通さざるをえないことが判明。あと、既存配管との干渉も各所で問題になりそうだ。一応、当分の間既存配管と新設分は併用することにしている。

0324田んぼ.jpg

 田んぼの水は、先週設定した5時間/日では2号までしか溜められず、3~4号は土が見えていた。この位の時間で満水にできるようになるといいのだが。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

(イネ)苗づくりも開始

0324モミ播き1.jpg

 半月ほど前から種もみを水に浸け、先週あたりからカミさんがお湯を入れたりしていたが、根もどんどん出てきたので、本日苗箱に播いた。これまでずっとうちで穫れた種もみを使っていたが、昨年不調だったこともあるので今回は新たに購入した。3Kgだったが、これを30箱に播いたので100g/箱、通常よりはかなり少なめだと思うが、これは大きくしっかりした苗を作りたいから。まあ、あんまり期待通りにはいかないんだが。

0324モミ播き2.jpg
0324モミ播き3.jpg

 昨年の不調の原因は、イネの苗に元気がなく雑草(コナギ)に負けてしまったことにあり、その原因もいろいろ考えているけれど、苗を田植え直前までハウス内で育てたためにひ弱だったのではないかと感じている。このため今年はある程度育ったら田んぼに並べてじっくり育てようということになった。
 苗箱30枚は、田植機を使うとあまり余裕はない。しかし、歳も取ってきたから機械でできるだけやって足りないようだったら手植えに移るというやり方で進めることにしよう。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ポンプの効率向上について

 田んぼにとって必要不可欠の水については、現在のところ川からの揚水に頼っている。現状の揚水量は9~10立米/毎時である。うちの田んぼの必要水量は40~50立米/日と推定されるので、一日5時間程度稼働させればいいはずだが、昨年についてみると10時間近く稼働させたこともあった。当初に比べてあまりにも多いため、このシーズンオフには畦のやり替えを行ったのだった。今年からは、ソーラーシステムで運用を始めた井戸ポンプにも負担させようと考えているが、こちらの方も田んぼレベルに配水する場合は400L/毎時というところで、ほとんど役には立ちそうもない。この辺りをなんとか改善できないかと考えていたのだが、パイプの径を大きくすることが解決策になりそうだと思いついて、今日はそのあたりのリサーチをしてみた。

0321ポンプ性能カーブ.jpg

 まずは川からの揚水だが、これは3相交流2.2KWの水中ポンプを使用している。性能曲線は上の写真のとおりだが、現在の吐出量からみて揚程は24m程度と推測される。配管としては川からライト管LP75で約20m強をあげたあと、ライト管LP50で35mほど横引きしている。この細くなった部分をVU65で置き換えるとどうなるだろうかと考えてみた。そうすると、机上の計算では80%くらいの増加が見込めるということになった。17~18立米/毎時でれば農事用電力の費用もかなり低減できるはずだ。
 もう一つのソーラー井戸ポンプだが、これの配管はVP13で行っている。当初は試験的にやったためこんなものだろうと適当に決めたが、運用し始めると結構うまくいったので欲が出たわけだ。これをVP16あるいはVP20に替えた結果を計算してみた。こちらはVP20にすることで5割程度は流量増加が見込めそうだ。ただ、玄関周りを太いパイプが横切るのは具合が悪い、ということで家の北側を迂回させて配管することにしよう。表側に配管するときにかなりのエルボウ(90度継ぎ手)を使ったが、それをシンプルにすることで10m弱の延長分は相殺できるはずだ。
 ということで、田んぼの本格開始前にこのあたりの作業を行うことにした。管径の検討は重要みたいである。次回にはよく考えよう。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

3/21直売所通信 タケノコが出てきました

木更津の提携農家さんから今年初のタケノコが出てきました。まだ地面に出る前のものを足で探って掘ったらしいです。今回は茹でていませんが、アク抜き用の米ぬかを付けてお渡しします。

数が少ないもの(5袋未満)
キャベツ、サニーレタス、ミックスレタス、ベビーリーフ、大根、小松菜、サラダ水菜、のらぼう菜、サラダ春菊、スティック春菊、ラディッシュ、とう立ち菜、パセリ、ジャガイモ(紫)

5袋以上のもの
タケノコ(\300~\600)、サラダセット、ほうれん草、春キャベツ、茎ブロッコリー、菜ばな、長ネギ、赤かぶ、白カブ、ビタミン菜、白菜、椎茸(原木)、水菜、春菊、玉ねぎ、人参、サトイモ、サツマイモ(安納芋、鳴門金時)、黒米、梅干し

開店前でも中で準備をしていますから、声をかけてください。
配達も致します、ご相談ください。
livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    • ライブドアブログ