定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

2017年05月

ハイブリッドじゃあなくなったカローラフィールダー(長文)

 これまで3年近く、忠実なるロバのように走ってきたフィールダーハイブリッドが、1回目の車検を前にして駄々をこねている。 症状としては、走行中にアクセルを離してもエンジンが停止しないということが一つ、それと関係があると思うがアクセルを離したとたん一瞬回転数が上がるということもある。これまでも時々そんな状況は微かに出ていたのだが、先週火曜日の夜に横浜から大多喜まで走った際に発生したのは見過ごせない状況だった。
 大黒から産業道路経由で浮島からアクアラインに入り金田まではそうでもなかったが、房総半島に入ってからかなり頻繁に発生した。エアコンは不使用、充電の具合は7~8割ほどでも発生した。エコモード、エアコン/ファンは使用していない。走り方はいつも同様だったが、エンジンが停止しない事が多かったため、通常の燃費(25Km/L)が1割以上悪化していた。
 ちょうどいいタイミングで、カローラ店のセールスマンから車検どうします?という電話が入ったので、状況を説明した。これまでディーラーに車検整備を頼んだことはなく、今回はやったことがないユーザー車検に挑戦する考えも持っていたのだが、主なものの保証期間も切れるし、車検の時に7500円余計に出すと保証期間が2年延長になるということも聞き、前の不具合解消とともに車検整備をやってもらうことに決めた。しかし、こういう車の不具合はいつも出るとは限らない。最近のメカニックたちは昔と異なり計器の数値などでトラブルシュートするらしいから、症状が出ないとこれは厄介なことになるのだ。
 ということで先週の或る日、片道約20Kmの安房鴨川まで買い物に出た際に、カメラを用意していった。そうしたところ、症状がはっきり出たので計器盤の様子を解説付きで動画撮影してみた。



 鴨川までの往路は遅い車にブロックされたため、顕著な症状は現れなかった。youtubeにアップした動画は帰路のもの。鴨川から海岸沿いの国道128号線を安房小湊まで走り、そこから山を登って自宅に戻る約20キロ強のルート。症状が顕著になったのは山を登って平坦な部分に入ってからだった。鴨川を出発してから15分約10Km程度走行したあと。ある程度走行してからのほうが症状が強く出る感じがする。気温は20℃くらいで、暑くも寒くもなくエアコンやファンは不使用。動画までのEV走行率は50%前後と思うが、出発後しばらくは平坦だから基本EV走行、動画撮影直前の7~8分は登坂路だったのでエンジンはほぼ稼働していたと思われる。動画では、19時22分52秒あたりから症状が起きている。アクセルを離すと一瞬回転が上昇したあと、エンジンは回転したままの状態となる。この状態が何度か再現されて起きている。エンジンは回転したままだが、エネルギー表示では車輪からバッテリーに流れており、エンジンは積極的に回っているのではなくエンジンブレーキのような状態ではないかと推測できる。

その後(1)
日曜日に大多喜から横浜に帰ったときは、ほとんど異常は発生しなかった。アクアトンネルの故障車渋滞に巻き込まれたが、30Km/Lを超える燃費で帰ることが出来た。
その後(2)
月曜日に横浜市内を100Kmほど走り回ったが、走り出してから15km以上走ると症状が出た。
その後(3)
火曜日の夜に横浜を出て大多喜にやってきたが、約100Kmの走行中の最後の4分の1くらい(信号のない田舎道・緩いアップダウン)は、ほとんどエンジンが止まらない状態だった、ファンつけず&満充電状態。

その後の状況から見て感じた点など
症状の発生にはばらつきがあるが、次第に症状は出やすくなっている感じがある。
また、ある程度の距離を走ってから、それも比較的エンジンを使って活発に走った後に出るように思う。
また、40Km/h以下ではあまり現れず、60Km/h以上で出やすいようだ。

基本的に以上の内容をディーラーにメールで伝えた。動画は、ここで引用したものを含めて4本渡してある。ディーラーは毎週月火が休みである、それ以外の開店日には私は千葉の農場にいる。ということで、何か不具合とか要整備事項が発生するととても面倒だ。一度、鴨川のカローラ店を紹介してもらっていったこともあるが、今回のように保証が絡むようなときは買った店に入れたいものである。さて、この結末は?  6/11の夜にセールス担当者が代車を持って取りに来る予定だ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

サツマイモ畑:マルチ張り

0531サツマイモ畑1

 苗の到着は今月後半とまだ先だが、今日は比較的気温も低かったので、風は少々あったけれどマルチを張ることにした。畝1本の長さは15m弱、当初の予定はうちの苗400本、地主さんの100本分も考えておこうということで20本分が今日のノルマ。マルチを持つときに中腰が辛いので、今日は紐を通して引っ張った(紐だけでは駄目、折れて短くなった園芸用ポールを入れ、それに紐)。途中までは鍬で整形してマルチの脇を埋める土を確保しながら進めたが、結構土も固くなっているので管理機を持ち出してきて畝間を柔らかくした。少し楽になる。

0531サツマイモ畑

 午前中で半分が終了、そこにご近所さんから芋苗の差し入れが・・・・・。朝のうち、お隣のおばあちゃんがやってきて6月後半では遅いと言っていたので(こちらはそう思っていないんだが)、もしかしたら連絡網(?)で、あそこは苗がなくて困っていると伝わったのかもしれない。まあせっかくなので植えることにしたが、300本はありそうだ。地主さんには自分の領地でやってもらうことにして、25本/畝を30本/畝に圧縮し、全体を25畝に拡張して収めることにした。しかし、カミさんからギブアップ宣言が出て、20畝まで張ったところで残り次回となった。
 ということで、当初の予定 安納 250株、鳴門金時 150株 それに加えてベニアズマ系統が250~300株ほど加わることになりそうだ。ますます芋農家だな。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

先週の作業記録

 それほど忙しいわけではないが、特に農作業のBLOG書き込みが抜け気味だ。なので、先週の仕事を一部追加しておこう。

0529かぼちゃハウスの復活0

 半年前の雪によって大きな被害を受けたカボチャ用の檻は、大きく曲がった横架材(ハウス用直管パイプ)を取り除き柱のみで放ってあったが、そろそろカボチャのつるが伸び始めるため、再構築することにした。柱も1本は大きく曲がったため取ってあったが、もとのまままっすぐなものは半分弱、曲がりを補正しながらの組み立てとなった。午前中で一応完了。

0529かぼちゃハウスの復活

 今年は上から吊らずに地面に野放しにするとかみさんは言っていた。20株くらいは植えてあるので、50平米弱では絡んで大変ではないかとも思うが、野菜担当者に任せることにした。しかし、今年はサルの姿を見ていない。おとなしくしているはずはないので、カボチャの時期にはウロウロするはずだ。この檻があるので大丈夫だろうけれど。

0529溝掃除のご褒美1
    こんな落ち葉が一輪車10杯、都会なら売っているが、田舎だと掃除すれば手に入る
 
 もう一つ書いておこう。日曜には町主催(?)のごみゼロ運動というものがあった。ただ、道路崩壊で袋小路状になっている町道沿いにはゴミも落ちていない。早々に終わりそうだったので、私はうちの檜林の下の溝掃除をすることにした。シーズンオフの間に灌木などを切って綺麗にしたその場所である。まあ、私のやった崖の清掃作業の後始末のようなものだが、実際に浚ってみると落ち葉、それもかなり分解が進んだものが堆積していた。これは捨てるのがもったいないということで、柴(小枝)などを取り除き、落ち葉は堆肥置き場に入れておいた。ここには昨年秋に取った落ち葉やワラ・モミガラなどを半分ほど入れておいたのだが、落ち葉を入れて満タンになった。ここには毎年カブトムシが卵を生むので、幼虫の排泄物もまじりいい腐葉土になるはずだ。
 
0529溝掃除のご褒美2



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

5/29会所農場直売所通信 イチゴ・そら豆・野菜いろいろ

イチゴ、そら豆は終盤に入ってきました。来週はないかもしれません、どうぞ注文してください。今週はカリフラワーとブロッコリーがでてきました。野菜の種類は多めです。

数が少ないもの(5袋未満)
紫玉ねぎ、イタリアンパセリ、パセリ、スイスチャード、、小松菜、ほうれん草、ラディッシュ、おかひじき、きゅうり、春菊、ほうれん草、新じゃが、スナップエンドウ、バジル

5袋以上のもの
イチゴ、いちごシロップ漬、そら豆、新玉ねぎ、グリーンピース、サラダセット、レタスセット、大根、カリフラワー(スティック)、ブロッコリー(スティック)、サニーレタス、黒米

イチゴのお徳用シロップ漬300円/袋
無農薬・露地栽培・完熟収穫のいちごを洗い、ヘタを取って少量のシロップにつけてあります(薄甘)。そのまま召し上がってもよし、つぶして牛乳をかけていちごミルク、冷凍してスムージー、砂糖を足していちごジャム、などの色々な使い道があります。

開店前でも中で準備をしていますから、声をかけてください。
配達もしています、ご遠慮なくお申し付けください。

田んぼの向こうはちびガエルだらけ

0524チビガエル

 冬の間に冬眠を中断して繁殖活動を行なったヤマアカガエルの子どもたちが、ようやくオタマジャクシからカエルの姿に変貌してきた。最近冬期湛水していないので、産卵数は以前ほどではないはずだが、それでもかなりの数である。写真で見ると大きさはわかりづらいが、右下に写っているアリと比べると、その小ささはおわかりいただけるだろう。もともと田んぼよりは山の中で生活する種のようで、うちのそばよりは田んぼの向こう側、山の麓に集合している感じだ。田植え以降、頻繁に田んぼの周りを歩き回っているが、この小ささだし踏まないようにするために眼を皿のようにして歩き回ることになる。そろそろ天敵のヤマカガシも出てきているが、無事で頑張れよ。

0525アオガエル

 さて、ちょっと前からアオガエルの繁殖時期になっていると思う。GW前から小さなアオガエルが大きな声で鳴いたり、田んぼの畦に卵が入った泡の塊を産み付けたりしている。一斉に産卵するヤマアカガエルと違い、アオガエルたちの繁殖期間はダラダラ長いようだ。それとも種類が複数なのかもしれない。このあたりでは、少なくともシュレーゲルアオガエルとモリアオガエルがいるはずだし。それにしても、アオガエルはなんとなく愛嬌がある。なんでもそら豆についていた害虫を食べていたとかで、カミさんはアオガエルのファンになったということだ。私も姿を見るとついつい写真を撮ってしまうのだ。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

サツマイモの準備開始

 今年はちょっと油断していたのか、さつまいもの苗を注文するのが遅れてしまった。毎年、BLOG友達のヤマキ商事(徳島)さんの立派な苗(安納芋と鳴門金時)を頼むのだが、HPには6/20以降の出荷になると書いてあった。昨年に比べると10日とちょっと遅いが問題はないだろう。ただ、依頼した到着日6/22は梅雨のさなか、暑いことも十分考えられるので涼しい日をねらって畝立てやマルチ張りをやろうということになっていた。

0525サツマイモ畑準備

 今日はそれほど暑くないという予報だったので、作業開始。借り畑の250㎡ほどをトラクターで耕耘し、ほぼ1m間隔で畝立てをした。肥料と堆肥を置いたが、マルチ張りは明日の雨のあとにしようということになり、ここまでで本日の作業は終わりとなった。毎年草だらけにしてしまう借り畑地主さんの分も注文しているが、今年はうちの畝に並べて植えてもらうことにして、一つの電気柵で囲うことにした。マルチを張っておけば草だらけも避けられるだろう。
 L=13M✕20本以上ともなるとマルチ張りも大変なので、明日の雨のあいだ張る方法を考えてみようと思う。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

今週もイチゴは採れている

 昨夜農場入りして、今朝になってカミさんがいちごの収穫を始めたが、大変だと言うので途中から手伝った。実は、先週がピークで今週は減るんじゃないかと私は推定していたのだが、戻ってきて最初の日の収穫量としては先週より多い。明日の夕方くらいから雨ということで傷みも出そうだが、後半の収穫量はどうなるだろう、気になるところだ。

0524イチゴ収穫

 今年は、かなり好調に採れた去年より更に株数を増やし、カミさんが色々面倒を見ていたので大豊作と言っていい。赤いもの(完熟)を採っているのでそのままでは翌週月曜までとてももたない。ところが、洗ってヘタを取ってジップに入れてシロップまたは砂糖を少量入れるという対策がかなり有効であることがわかり、無理に食べたり廃棄することも不要になってきた。このようにしておけば、そのまま食べることも、いちごミルクにすることも、ジャムにすることも可能ということで、お客さんたちにも好評である。

0524イチゴ収穫2

 もちろん、無理ではなく結構たびたびいちごミルクで食べている。GWにやってきたお客さんたちは、イチゴ・ラッシュに出会えず残念だったなあ。

0524イチゴ収穫3

そういえば、昨年突然変異的に出来てきた白イチゴは、今年は少ない。しかし、毎日数個程度は見つかるので、桃のような香りのイチゴも楽しんでいる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

田んぼの漏水発生

0524田んぼの漏水

 今年のコナギも勢いがあるため、残念ながら薬剤を使うことにした。クスリは今日撒いたが、数日間水を止めるために朝から水を出しっぱなしにして苗が溺れぬ範囲で水を入れた。そうしたら3号4号間の通路奥に水がたまり始めた。点検すると3号田んぼの土手からかなりの勢いで吹き出していたのである。畦にはシートを埋め込んでいるが、それがちょうど切れた先であり、水位上昇によりモグラの穴が水の道になったようだ。水の勢いは強く、土手崩壊につながりそうだったのですぐに田んぼの端で足踏みして水を仮止めして、バックホーを持ってきてあたりの土を積み上げて固めた。固める道具は以前作ったもの。2012年5月ごろ(?)に作ったのではないかと思われる。その後、幸いにして(土手崩壊などの)使う機会がほとんどなく、田んぼの脇に放置してあったものだが、立派に役に立った。

0524田んぼの漏水2


0524田んぼの漏水3

 この道具はタコというらしいが、どうやらあのタコを逆さにした格好だからそう言われているんじゃないかと今気づいた。持ち手の多いタコはもっと重くて何人かで使うのだろうが、この自製のものは適当に作ったものにも関わらず、重さも使い勝手もいい具合である。土を叩く部分は2✕4の45cmサイズのもので組み立ててあり、これに90cmの手掛かりをつけている。この他に斜面を叩く道具も作ったが、これは重すぎて殆ど使っていない。

(追加) よく調べたら、2013年2月に土手が崩れていたから、きっとこのタコを使ったに違いない。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

NEXUS 6Pの電池交換

 先日、huawei media Pad M3 のSDカードエラー頻発で修理を依頼したが、これについては戻ってきてからも一度同じエラーが発生したため、新しいSDカードに交換して様子を見ようと注文したところだ。このようにちょっとグレーな状況だが、同じメーカー(huawei)製のnexus 6Pの電池交換を依頼してみた。
 感覚的には、持続時間も充電時間も新品のときの半分近く(はちょっと大袈裟か)まで落ちていたものだった。その主原因は ingress というスマホ片手に街をうろつきまわるゲームで酷使したからだった。
 サービスセンターに送って3日目くらいに見積が届いた。大体7000円、電池だけでなく表のカバーは交換らしい。それにしても、ちゃんとした純正の電池に間違いはないからすぐに交換依頼。その翌々日には戻ってきた。現在再チューニング中だが、100%にして眠ると翌朝90%台を保持という以前の状態に戻ったように思う。これで寿命は少し伸びることになった。3台のandroid常用端末のうちnexus 6P以外の2台で1週間弱やっていたが、どうもnexus 6Pが一番肌にあっているような印象を確認した。サイズ感かなあ。

0522消費電力調整中


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

今更だが、運転方法を少し見直した

 1週間ほど前から運転方法をちょっと変更してみている。それはブレーキを左足で踏むというもので(もちろんAT)、右足がアクセル左足がブレーキという役割分担をさせることになる。高齢になるにつれて判断とか動作が遅くなるのはある程度やむを得ないことだから、少しでもブレーキのタイミングを早くしようということ、それから左右の足の役割分担により踏み間違いがなくなるということも期待している。
 実は、左足ブレーキは以前やっていたことである。前というのはいつ頃だろうなあ、免許を取ったかみさんに左足ブレーキをすすめたくらいだから20代のころだ。カミさんはその方法のせいでマニュアルミッションの車を運転しないので、必然的に私の車とカミさんの車が別になり、一時期は子供たちの車と合わせて何台もの車が家にあった。そのころはAT=左足ブレーキ、マニュアル=右足ブレーキという使いわけをやっていた。いつしか車種構成も単純になり、面倒なこともあって左足ブレーキではなくて通常の右足ブレーキで固定されてしまっていたのである、どうせなら反対にすればよかったのだが。しかし変えるなら今のうちで、もうちょっと歳がいくと変えるのも大変になるかもしれないということで、今回踏み切った。それと、もうクラッチ付きのマニュアルミッションの車に乗ることはないかもしれないという気持ちもなくはない。

0522こんな車にも乗っていた
      こんなときもあったなあ(三浦半島の、とある漁港で)

 実際にこういう風に変更してみると、踏み間違いというのはあまり現実的には考えられないんだけれども、ブレーキを踏むタイミングというのは確かにタイムラグがなくなる。それにいつでもブレーキが踏めるという安心感は出てきている。ただ、乗り始めに右足でブレーキを踏むというような前の習慣が表面に出ることがあり、途中から左足ブレーキに変えることもまだある。体に染み付いた習慣というのはなかなか変えられないかもしれない。とっさの場合にどっちで踏んだらいいかわからないということがないように体が覚えるまでは注意をして運転しようと思う。
 そうそう、これの大前提として車と正対するということがある。右足でアクセルもブレーキもと言うと、どうしても体はちょっと左向き加減、右足中心になりがちだ。ハンドルとまっすぐ向き合い、右にも左にも傾かないことは大事だと思う。しかし、もう一台あるスズキキャリイ(軽トラ)ではこれがなかなか難しい。足元も狭い上に右側にタイヤハウスも張り出している。こちは右ブレーキかなと考えたが、それでは主旨と違うのでこちらも左ブレーキでやることにした。少し体がねじれるかな。 

0522車2台


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。
livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    • ライブドアブログ