定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

ソーラーシステム

田んぼの水が・・・

0707干上がった4号

 今日の昼過ぎ、暑いなあと思いながら廊下から田んぼを見ていたら、4号田んぼの底の土が見えている。また、パイプでも外れたかと思い、田んぼの向こうまで歩いていってポンプのスイッチを入れたら、一応川の水は上がってきている。先週末から3日ほど、除草剤を撒くために水を止めていたのだが、その際にひび割れもできたりして、それまでの水量では足りなくなったらしい。

0707緊急給水

 一応、当面出しっぱなしにしながら、これまでの6時間/日からポンプ稼働時間を長くしよう。ただ、今の水の出し方だが、1~3号までしか出し口がなく、4号には3号経由でしか入らないということが、こういう場合には不便である。今日は3号に入る水を仮設パイプ経由で4号に入れているが、少し量が足りない。川から上がったところに分岐を造ることにしよう(冬の仕事)。
 
 水の関係ではもう一つ変えてみたことがある。ソーラー井戸ポンプの接続を変更した。チャージコントローラは、ソーラー・出力・バッテリーの3種の入出力端子があるが、これまではバッテリーにポンプ出力をつないでいた。これはいろいろな経緯でそうしていたのだが、今回、出力端子にポンプへのケーブルを繋いでみた。これまで、バッテリーの過放電を防ぐために色々工夫してきたが、もともとコントローラーに過放電防止機能は付いているはずであり、これで解決するといいのだが。ただ、春に交換したばかりのバッテリー2台は、おそらくもうダメになっていると思われる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

井戸ポンプの不調

 昨日、養液栽培用のポンプの一つが壊れたことを書いたが、まるで連鎖したかのように本日は(ソーラー)井戸ポンプがおかしくなった。停まるわけではなく、いつもと同じような音で動いているのだが、吐き出す圧力が低いので、上の池はおろかハウスの水栓からも水が出ない。この1年ほどはトラブルがなく、ようやく当たりのポンプに出会ったと思っていたのだが、残念なことに突然の不調に見舞われた。

0602ポンプ本体
  井戸から引張り上げたポンプ本体


 予備のポンプはあったから交換したが、状態は変わらない。さらにもう一つの予備ポンプに替えたが、それでも同じ。結局、井戸の奥から3回ほどポンプ本体を上げて交換したのだが、不調のままそこで日没終了となった。その後も頭の中で色々原因を考えてみたが、パイプになにか詰まっているとしか考えられない。明日朝、もう一度引っ張り上げて点検してみよう。

0602電圧十分
 システム電圧は十分高いし、ポンプに供給する電力も通常時と変わっていない


 ところで、ソーラー井戸ポンプが停まると困ることが2つある。1つはハウスに水を送れないことだ。とりあえず、2棟のハウスそれぞれには500Lの水を貯めてあるから、1週間位は大丈夫だろう。もう一つの困った点は、上の池に水を送れないことだ。ドジョウやメダカなどが結構棲んでいるので、水を止めるわけには行かないのだ。それで、暗くなってから慌てて田んぼの水を小型ポンプで池に上げるという臨時システムを作った。量は少ないから一気に満水にすることはできないが、明日朝には一杯になっていると思う。
 メダカといえば、先程子メダカを見つけた。ボウフラよりもさらに小さいから孵ったばかりだろう。数日前に卵をお腹にくっつけて泳ぐメスをみたから、それが孵ったと思われる。親と一緒にしておくと食われるから、一応網ですくってグリーンウォーター入りの容器に移しておいたが、果たして掬えたのか容器に放せたのか、それがわからないほど小さな小メダカだった。ドジョウもメダカも、手元で飼っているものは水が温かい田んぼに放すことにしよう。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ソーラーシステム小改修

0311ソーラー復活

 えすかる号に100Wのパネル2枚は多すぎるようで、1枚減らして1枚追加購入して、田んぼの脇の井戸ポンプ用ソーラーを24∨3系統並列に戻そうと考えていたが、今日その作業を終わらせた。

0311えすかる号

 えすかる号は、例の雨漏りで今週中には屋根改修を予定しているし、まあタイミングはよかった(と無理やり思う)。予報では雨は降らないようだが、前輪をブロックに載せお尻を少し落として駐めて、勾配を付けてきた。屋根をあらためて見たのだが、漏水箇所は特定できない。防水シートですべて覆うという安易な方法でやることにしよう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

最近のソーラーシステム

 先日、コントローラーの冷却用基板の冷却ファンを交換したことは書いたはずだ。その際に、日も長くなったので稼働時間を延長してみた。ついでに1時間に10分程度取っていたポンプの休憩時間を3分に減らしてみた。これがどうもいけなかったようで、時々ポンプが動かない状況が発生するようになった。おそらく、バッテリーの劣化もあって、3分程度では電圧が回復せず、起動に必要な電圧が得られないのではないかと思われる。一応、休憩時間をもとの10分に戻したが、エスカル号に100W2枚は要らないようなので1枚外し、もう1枚買い足して井戸用ソーラーを2枚×3組体制に戻そうと考えている。えすかる号用に移設して2組にしたあとは、曇りのときにも水が出ないという状況になっていたし。増強(復旧)しなければと思っていたのだった。
 ソーラーパネルは、前に1万5千円ほどで購入したものが1万2千円ほどに値下げされているようだ。代わりにもっと薄いものが売り出されているらしい。ただ、いくら薄くて軽くても、屋根の2枚を外して新しいものに替えるのは面倒だ。2枚のままでもいいようなものだが、少し軽くすることも意味がある。それに、おそらく一枚でも十分充電できるはずだ。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

メインソーラーシステムの異常

 先週末(土曜)のことだが、ソーラー井戸ポンプが動いていなかった。コントローラーを見るとソーラーパネルの稼働ランプが点いていない。配線の不具合、コントローラーの故障など、いくつか原因はあると思われたので、点検しようとテスターを探したが見当たらない。えすかる号騒ぎの間に何処かに紛れ込んだらしい。
 テスターに頼らずあらためて考えてみると、その前日ぐらいにバッテリー電圧が異常に低下していたのを思い出した。その時は深く考えずに対処しなかったのだが、どうもそれがあやしいということになった。メインソーラーシステムでは2組のバッテリーを使っていたが、そのうちの新しい方の片方をえすかる号に移植し、古いバッテリーセットを使っていたのだった。どうもその古いやつが完全に駄目になったらしい。
 えすかる号から取り出してきて、置いてあった片割れとともに(24V運用)システムにつなぐと、コントローラーが作動し始めたようで充電とモーターの駆動が始まった。コントローラーの駆動用電源はシステム内のバッテリーから取るというのは認識しているが、それもできないほど超過放電になるとは思っていなかったので、最初のうちは気づかなかった。
 結局、えすかる号用にディープサイクル用バッテリーを1本注文することになった。もとに戻した新しい方のバッテリーセットも、過放電させてしまったことがあるので、本来の規格ほどには働いてくれない。メインソーラーシステムでは、バッテリー過放電の防止機能が必要なのだが、ずっと実現できていない。

えすかる号にもソーラーシステムを載せたので、農場にもともと設置していた井戸ポンプを駆動する方を「メイン・システム(24V)」、えすかる号のそれを「サブ・システム(12V)」として区別することにした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ソーラー井戸ポンプの不具合

0512交換201,605
         一年前にも交換していた

 今日、井戸を組み上げているソーラー駆動の水中ポンプが動いていなかった。何度か再起動させたが、しばらくすると停止してしまう。アリババで5000円位で買える安いポンプなんだが、揚程15mと意外に高性能で気に入って使い続けているが、半年に一度くらい故障で動かなくなる。ソーラーシステムは結構高電圧となるので定格以上の電圧で制御回路がイカれることもあるだろうと、昨年秋ごろからはDC-DCコンバーターで24Vに落としており、これで安定すると思っていたがそうはいかなかったようだ。明日、ポンプを交換しようと思うが、それまでに電圧などを計測して原因を捜してみようと考えている。ただ、明日は雨の予報で屋外での作業は無理かなあ。

0512電子部品や回路
         配線用回路など
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ソーラーのバッテリー交換

0415バッテリー交換1

 ずっと気になっていたバッテリーを交換した。ソーラーへの組み込みはディープサイクルバッテリーという鉛蓄電池を使うのだが、そのつもりで頼んだにも関わらず自動車の始動用というものが届いた。まあ、有名商品の3分の2で買ったので銭失いかもしれないが、様子を見てみることにした。
 これまでバッテリーは2個直列が3組だったが、当面今回購入した2個1組で運用して見る予定。コントローラのメータでみると、今日は最初から最後まで充電率は30%台で推移した。タイマーの設定は7時から17時だったが、今回の変更で6時から19時に稼働時間を増やしている。真っ暗になってから1時間ほどポンプを稼働させたが、電圧や充電率の低下は見られなかったので、明日の朝の状況によっては更に時間を伸ばせるだろう。0415バッテリー交換2

 実は、これまでポンプへの配線はコントローラの負荷端子ではなくバッテリーから取っていた。最初に使った安物のコントローラーの説明に負荷端子は使うなと書いてあったのでそのトラウマのようなものだった。今回、負荷端子から電気を出すように変更したのだが、メーターで見ていると定格24∨のポンプに29∨くらいの電圧がかかっており、慌てて配線を戻した。これまでの配線では降圧回路を組み込んでいたのだが、負荷端子から直結だとそれを通らないのである。どこかで配線を全面変更する必要がありそうだが、秋まで何とかもたせよう。
 
0415バッテリー交換3

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ソーラーシステムのバッテリー交換検討中

 ソーラーシステムに組み込んでいるバッテリーは、ソーラーパネルと一緒に友人からもらったのだが、うちに来た時点でかなり劣化が進んでおり、回復機能のある充電器でも8台のうち2台は駄目、バッテリーのインジケーターが良(青)になるのは2台だけという状況だった。一応システムの中で過放電を防止したつもりだったが、うまく動かなかった可能性もあり、最終的にはタイマー制御にしていた。それでも陽が照らない日には放電し過ぎになっていた可能性もある。そのためか、ほとんど蓄電機能はなくなってしまった感じで、現在は10時間に限定してポンプを動かしている。1時間に1㎥程度は組み上げているが、合計10㎥程度では一番狭い2号田んぼ(280㎡)でも4cmにしかならず、稲刈りしたままで代掻きもしていない状態では完全に水を溜めるには至らない。ということもあって、新しいバッテリーを導入することにした。まあ、早晩こうなるとは予測していたので、既定の路線である。

0323ソーラーマニュアル

 ただその前に、ソーラーシステムの要であるコントローラーについては知識が十分ではなく、使いこなしているとはいえなかったので、あらためて取扱説明書を読んでみることにした。残念ながら英語のものしかないので、google翻訳の世話になっているが、読解には少し時間がかかりそうだ。使いこなしのポイントはバッテリーの過放電防止機能が有効かという点、カットオフ電圧を変えられるかということ。それに加えて充電電圧を変えられるか、その前に充電電圧の設定がどうなっているかも確認しないと。そのあたりはどうやらバッテリーとの相性につながり、バッテリーの寿命を最大化するためのキーポイントにもなっているらしい。
 ところで、ソーラー用バッテリーとしては「ディープサイクル」というタイプがいいらしい。アマゾンではGS-Yuasa(日本製)とAC-delco(米国ブランドだが韓国製)、それにおそらくAC-delcoにOEM提供していると思われるDelkor CENE(韓国製)の3種がヒットする。価格は順に安くなり、その差は倍近くである。これの選択も悩ましいところで、現在あれこれ調査中だ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ソーラーポンプの不調(おそらく復旧)

 今日、農場にやってきたらソーラー井戸ポンプが動いていなかった。最近はほぼ100%問題なく動いていたのだが、最近は日が延びたということで日曜日にタイマーの時間を修正したのがまずかったようだ。それまでは「8時から16時半」だったが「7時から17時まで」に変更したのだった。おそらく、発電量よりも消費量が多く、朝のスイッチが入ったときに電圧が不足したのだと思う。まあ、もともと中古のバッテリーも劣化が進んでいるのだろう。

0201B電圧

 自分でスイッチを入れてポンプを稼働させたあと、タイマーの設定を「7時半から17時」に変更した。先ほどバッテリー電圧を確認したら26∨以上あったので、明日からは順調に動くと思う。これまで、電圧が低下したら遮断する回路をつけたりしたが、タイマーを導入してからはトラブルフリーになっていたものだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ポンプの故障

 今朝、ソーラー駆動の井戸ポンプを動かそうとスイッチを入れたが、反応がない。結構順調に動いていたこのポンプは、最近になって立ち上がりが危うくなり、朝スイッチを一旦切って入れ直すという変な操作でなんとか使えていたのだが、どうやら完全に駄目になったらしい。

1020ポンプ0

 引っ張り出して分解してみたが、中に砂が侵入すると行った問題は発生していない。機構的にはかんたんなもので異物が詰まるくらいしかチェックポイントはない。実は、朝スイッチが入り夕方に切るというタイマーを付けていたのだが、これがだいぶ前から壊れていた。回らないのに電圧だけかかるという状態でだめになったのかもしれない。
 一応、ポンプもタイマーも予備を用意してあったので、どちらも交換して再び水を汲み上げ始めた。ただ、コントローラーなどを入れたプラボックスの中は、ツギハギでゴチャゴチャになってしまっている。この冬には再構築しなければならない。 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします

プロフィール

房総で百姓やってる...

アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    月別アーカイブ
    • ライブドアブログ