定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

軽トラハウス

ゼットくん(えすかる号土台)の近況

 日曜日にディーラーに電話したら、「この日月は連休をいただきます」という留守電メッセージ、それではしかたがない。昨日の火曜日になって、こちらから電話をしようと思ったら、ちょうど向こうから電話がかかってきた。20日(金)に引き渡せるということと、保険会社に書類を送ったという連絡だった。ハイゼットトラックを生産している大分工場では、7/6は荒天のため、7/9夜は物流混乱に因る部品不足でラインを停めていたようだが、それ以上の混乱は回避できたのだろう。
 ちょうどアマゾンのプライムデー開催中で色々探したんだけれど、私の変わった要望に合うセール対象品はなく、基本的に通常価格で買わざるを得なかった。惜しかったのは、先週末買ってしまっていたドライブレコーダーが2割引きになっていたこと、前のセールで安く買っていたanker powerhouseが安くなっていたが、2台は要らないだろうということで見送ったことだな。終わってみると、PowerHouseはもう一台あっても良かったかも。
 ということで、いよいよあさって車を引き取りに行く。「えっ、持ってきてくれるんじゃないの」などとかみさんは言っているが、いまどき高い納車費用を載せて買うような奇特な人は少ないと説明しておいた。とはいうものの、カミさんに送ってもらって片道25分のルートを行かねばならない。今週末はタイヤ交換のために横浜へはハイゼットで行く。それまでに、ドライブレコーダー・ゲートプロテクター・タブレットホルダー・荷台マットなどの取り付けを済まさねば。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

えすかる号は待機中

0715えすかる号1

 最近は、借り畑での農作業にキャリイを使うことも多く、えすかる号は軽トラから降ろされて架台上にある。軽トラの荷台よりも単管パイプ分は高くなっているが、出入りには問題もないので、私が別宅として時々使っている。ただ、暑くなってきたので入るのは夕方以降に限られてきた。

 一度昼のさなかに中の温度計をみたら37度くらいまで上がっていたことがあった。なので、車載の扇風機の効果はどれくらいだろうということを試してみた。午前中は扇風機を回した状態で32度程度だったが、午後になると34.5度まで上がってきた。1時間ほどあとで測ってもほぼ同様。真夏の日差しのもとではこのあたりがMAXかもしれない。ただ、現在は透明のポリカーボの下においてあるので、その分若干低めかもしれない。扇風機に因る空気の入れ替えで、数度程度は下げられそうだ。

0715扇風機

0715えすかる33度

 実際に出かけるときは、昼間は基本的に移動時間帯で、えすかる号に入ることは少ないが、それにしても夏の期間であれば、高原地帯を選ぶとか、日陰に停めるなどと言った工夫は必須だろう。扇風機はDCモーターであり、今日は載せているサブバッテリーにつないだインバーターからの100∨にACアダプタをつないで駆動した。DC12∨でいけるらしいので、USB(5∨)から12∨に昇圧するケーブルも揃えておこう。先日、夜に扇風機を使用したら、十分涼しい風を外から取り込んでいた。状況によっては役に立つと思う。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ダイハツ大分工場の状況

 7月20日頃納車という私の軽トラ(ハイゼットトラック)は、ダイハツ大分工場で製造されるようだ。6/18に発生した大阪北部地震の影響で納車が遅れるのではないかと調べたら大分工場だったのだが、ここへきて西日本全体が豪雨に見舞われ、おそらく物流の問題が主とみられるが、ダイハツ大分工場も操業見合わせているそうだ。なので、納車時期は流動的になったと考えている。被害にあわれた方のご苦労に比べれば些細なことで、話題とすることすら申し訳ないのだが、老人のささやかな趣味の関係なのでお許し願いたい。ただ、そんなことよりもなによりも、甚大な被害の状況はあまり伝わっていないような気がする。13人の少年たちが助かったのはもちろんいいことだが、それよりも国内のことをもっとよく伝えて欲しいものだ。
 昔を思いだすと、納車までの期間はとても待ち遠しく、しつこくディーラーに納車時期を聞いたりしたものだが、さすがに今回はそこまでせず、現物を見ないで注文したので展示車が入ってから2回見に行ったのと、既存2台の保険会社に任意保険の申込みをして「車検証ができたら保険会社にFAXしてね」と連絡した程度にとどめている。
 ただ、待っているとあれこれ考え過ぎで、派生的にほしいものが増大中。例えば、後ろのサスは4枚バネにしたんだが、更にショックアブソーバーを替えた方がいいんじゃないかとか、シートは腰に悪そうだから交換すべきじゃないかとか、そんな具合である。まあ、実際に来てから乗ってみて考えようとは思うのだが、何度も何度もグルグル回っているのだ。
 今現在検討中なのは、
  ○荷台ゴムマット
  ○荷台シートカバー
  ○ゲートプロテクター
     この3点は、えすかる号専用だからやめたんだが、復活中。
  ○ドライブレコーダー
  ○シートカバー(エクスジェル:サポートタイプ)
  ○タイヤ(8PR) 手配済み
  ○ショックアブソーバー(R)
  ○スタビライザー(F&R)
  まだまだ出てきそう
   
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ハイゼットトラックの下見(2回め)

 水曜日に1回見に行ったが、そのときは荷台の寸法チェックのみだった。ディーラーの定休日で鍵が空いておらず、室内の様子は確認できなかったのだった。今日、田んぼの水を入れる間ちょっと時間があったので、また勝浦ダイハツまで出かけていった。まあ、実際の車を見ないで買ってしまったので、見たくなるんだよね。今さらやめられないが。0707ハイゼット室内1

0707ハイゼット室内3

 展示車の鍵を開けてもらって中に入ってみるが、最も気になっていた広さについては、予想以上だった。車輪が最前部にあるキャリイに比べ、車輪の上に座る格好のハイゼットはかなり広い。安全の点では不利なんだろうけれど。えすかる号の台車だから、普段はそれほど使わないが、走るときは長距離になるはずだから、場合によってはシートを替えてみようかということで現在検討しており、そのために広さが気になったのだった。大きさとしてはシート交換は可能と思われるが、車検のたびに取り替えるのはちょっと面倒かも。なにかいい手はないかな。
 その他は、圧倒的に収納ポケットが多い。助手席前の上部はエアバッグに専有されるはずだが、色々な穴があいている。huaweiのタブレットをナビや音楽ソースとして利用するので、うまく取り付けたいところだ。あと、荷台の謎のハッチはエンジンのメンテ用らしい。キャリイは座席真下だったが、ハイゼットのエンジン本体は荷台前部の下になっていた。オイルや冷却水の点検交換は座席を上げてできるようだが、プラグ交換とか普通ではない整備の際にはハッチを開けるのだろう。そのあたりはちょっと気になるところである。もし旅行中に車が不調になったとき、えすかる号を下ろす方法を考えておかねばならないからだ。いざとなったら、単管2m×2本+1m×4本+直交クランプ8個を調達することにしよう。さて、納車まであと2週間。

0707ハイゼットエンジン
  運転席を上げたところ。エンジンは左側荷台下。

0707ハイゼット室内2

 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

えすかる号とハイゼットの課題

 昨日、久しぶりにキャリイ+えすかる号で走ったら、雨のためタイヤが滑りそうになるのを感じた。確かにタイヤは減っている。2013/6に1万3000キロで交換してから、5年で1万5000キロ走っている。最初のタイヤほどではないが、結構摩耗が早いと感じる。ただ、タイミングはいいかもしれない。ハイゼットについてくるタイヤをキャリイに履かせ、ハイゼットには8PRのヘビーデューティタイヤを履かせることを思いついた。荷物を載せる軽トラは、トラック用のものを履かせなければならず、通常は6PR(6枚重ね?)のものだが、これを8PRにすればサイドウォールも固くなり、風の影響も軽減されるらしい。
 ただ。これにはちょっと面倒な手順が必要だ。まず、キャリイの夏タイヤを外して冬タイヤを仮付けしておく。外した夏タイヤを8PRの新タイヤに交換する。ハイゼットが納車となったら装着タイヤを外して8PRタイヤを履かせる。外した装着タイヤをキャリイに履かせる。車重が軽い軽トラのタイヤ交換は比較的簡単だが、これはちょっと面倒かもしれない。
 
 足回りについては、タイヤ以外にも懸念事項がある。それはショックアブソーバーだ。リアのリーフは3枚から4枚に増やしたのだが、ショックは元のままだ。ある程度減衰力を上げる必要はあると思う。もともと4枚バネの農用仕様もあるので、ディーラーにHD仕様があるか聞いてみて、もし純正で無ければ社外品を探すことにしよう。全て標準のキャリイの場合、高速ではサスペンションのフワフワした挙動でヨーイングが若干出た。ハイゼットはもっとホイールベースが短いので、ちょっと気がかりだ。まあ、納車後の様子見かな。杞憂ならいいのだが。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

えすかる号は滑り落ちないか?

0620ラッシングベルト2

 300Kgもある大きな箱を積んでいるわけだから、何かの弾みに滑り落ちるという心配をお持ちの方もいらっしゃるだろう。たしかに、可能性としては否定できない。 なので二つの手段でこれを防止している。一つは、ラッシングベルトという歯車できつく締めることができるベルトを掛けている(2箇所)。 これはあおり板も使って、横に滑ることを防いでいるわけだ。そして、かなりの力で締めることにより、前後の移動も防ぐことができると考えている。ただ急ブレーキなどの場合に、滑って前にずれることはままあるので、急発進はやらないが急な上り坂で滑らないとも限らない。それでもう一つの対策を取っている。エスカルゴの本体に付けた丸環と軽トラキャビン後ろの鳥居上部をC型の金物(カラビナハーケン)でつなぎ、後ろにずれることを防いでいる。大きな力がかかった時に本当に大丈夫かどうかは検証していないが、 おそらくラッシングベルトとの合わせ技で後ろに滑り落ちることはないだろうと考えている。今度のハイゼットトラックへの台車変更で、載せ替えの回数は大幅に減るので、他の方法も考えて実施するつもりだ。

0620カラビナハーケン

しかし、滑り落ちるよりは横転の危険性が高い気もする。昨日の夕方、横浜の産業道路生麦交差点でトレーラーが横転していた。警官が交通整理していたので自分で写真は撮れない。カミさんに撮影を頼んだら、一応2枚撮ってはくれたが、どちらもなんだかわからない写真だった。ライカスマホ(huaweiP9)なんだから、使いこなしてほしいものだが。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

えすかる8)コスト情報

 これについては、作業のあらかたが終了した12月の中頃に一度まとめている。その段階では、着手時の概略予算30万円前後に収まりそうと書いていたが、その後の追加要素により、現時点ではトータル40万円強と増加している。要素別では、
本体関係    10万円  構造材、壁や床天井の板など
雑材料      5万円  窓のアクリル板、金具金物類、塗料
電気設備     9万円  ソーラーシステムや充電用機器類、バッテリー
装備品     10万円  就寝用、防寒用、調理用などの道具類
架台関係     6万円  置き場用材料、単管パイプやクランプ類

 このほかに軽トラが必要になるが、中古でもなかなか値崩れしない。かといって新車を定価ベースで買うのも馬鹿馬鹿しい。軽トラは、ディーラーがバックマージン狙いで自社登録したものを安く売る「新古車」を買うのが一般的であり、色や仕様にこだわらなければこれを探すと安く買える。また、イニシャルコストだけでなく、税金・保険・部品などのメンテナンスコストも安い。2台目には最適だ。検討されると良い。
 最近、キットが40万円台で出てきたとのニュースを目にした。おそらく単なる箱だけだと思うが、それであれば15万円程度でできそうだ。
 電気設備は過剰かもしれない。機会があれば実験したいが、軽トラ本体のオルタネーターで充電する方法を採れば3分の2になる。バッテリーも2つも要らないかも。そう考えると更に減る。
 架台関係は、屋根を作らずに置くだけなら2万円強で製作可能。

0620畑でキャンプ
  うちの畑の横で試験宿泊、シカやフクロウの鳴き声に包まれる


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

えすかる7)置き場

 置き場は重要だ。こんな生活をしているので容易に置き場を作れたが、そうでなければ軽トラキャンパーを造ることも無理だったかもしれない。置き場の確保は、軽トラの駐車場所と併せてとても重要だが、本稿ではそのあとの実際的な作り方などからまとめていく。

0620置き場2

0620置き場1

 当方の場合、軽トラは単体で使えなければ意味がないので、使い慣れた仮設用単管パイプで作った。インターネット上では、先達の事例をいろいろ確認できるが、本体に4本の単管パイプを縦につけて、それぞれをジャッキベースで上げ下げする方法、つまり4本足で支えるケースが多いが、一時的に置いておく以外は危ないのでかなりガッチリしたものにした。この台上と本体の間に3本の単管パイプを差し込んでそれで支える方法としている。支えた場合には、軽トラをその下に入れておけるので、必要スペースとしては1台分で済むことになる。

0620置き場11

0620置き場12

 当初は置くだけだったが、途中から屋根を取り付けた。本体の雨漏り(現在は解消)を考慮してのものだが、えすかる号の場合は外壁も板張りだし、経年劣化を避けるためには屋根付きのほうがいいだろう。上げ下ろしの際のジャッキアップダウンは、単管パイプのジャッキベースによっているが、これがなかなか大変だ。柱を屋根まで伸ばしたことで、ウインチなどで吊る方法も可能かもしれない。専用台車としてハイゼットトラックを買ったので、上げ下ろしの回数が激減する可能性もあり、このあたりの改良は実現するかどうかが流動的だ。
 置き場を決めておくことにはメリットが有り、出入りもしやすくできて普段から使える(移動書斎)。しかし、ちょっとした問題はある。置き場の屋根は透明のポリカーボの波板にしているが、ソーラーパネルの発電量には明らかに影響が出ている。充電しなければならないときは、置き場から前に出してソーラーパネルに直接陽の光を当てる必要がある。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

えすかる6)その他設備と装備品

 結構細々したものを買っていて、装備品関係の合計金額は電気設備系よりも多くなっている。

0620折りたたみベッド

 装備品のメインは寝るためのものだ。カミさんは、こんな狭いところに泊まる気はないといっているし、一応単独走行で一人のみ就寝が基本だが、2名まで就寝できるようにしてある。まずサブベッドだが、造作寝台の横にぎりぎり置ける幅60cmの折りたたみベッドを購入した。だが、2人の場合一人は床に寝ることでいいじゃないかと今は思っている。折りたたみベッドは結構嵩張るのだ。それに、この狭い空間に二人はやっぱり無理がある。マットは2セット買ってあるが、そんなことで、一人で2枚重ねで寝るのが快適だろう。寝袋も2組だが、真冬用と冬用の2組で、状況によって使い分けるようにする。

0620装備品01

 防寒用では、カセットストーブと電気毛布を揃えた。毛布は、弱で一晩使用した場合、ポータブルバッテリーの3~4割を使うくらい。これは翌日の午前中3時間程度で満充電となる(ソーラー+走行充電)。カセットストーブは、狭い空間だからCO中毒が懸念される。よって、COチェッカーは購入した。
 夏用では、扇風機と(気化熱利用)クーリングファンを購入。ちょっとあやしい後者は、まだ中国から届いていない。

0620装備品02

 それから、ポータブルトイレは購入した。寝台下にちょうど収まっている。しかし、あと始末が面倒なので、なるべく使わない。あとは、トラックに本体を固定するラッシングベルト、乗り降りに使うステップ台、掃除機、スピーカーといったものを装備している。
 運転補助用としては、ドライブレコーダーとリアビューモニターといったところ。リアビューモニターは、前進時も点いたままで、バックミラーの補助としても使っている。これは便利だ。
 
 こうしたものは、品物自体を選んだり、購入先を選んだり、結構楽しめる。やっぱりアマゾンが圧倒的に多かったが。まだまだ色々欲しくなる気もするなあ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

えすかる5)電気設備

0616ソーラーパネル


 えすかる号の製作の中で最も力を入れたのが、ソーラーシステムを中核にした電気設備だ。基本的に、外からの電力供給なしにある程度の生活を送れるようにしたつもりだ。それは、どこかに旅行にでかけたときのみではなく、災害などで電気供給が絶たれたときのことも想定している。えすかる号は、絶好の災害対策なのである。そんな時は来ないほうがいいけれど。
 えすかる号には大きなサブバッテリーを積んでいる。マリン用M31Fのディープサイクルバッテリーだ。ソーラーパネルは、当初100Wを2枚並列で載せていたが、走ってる時は軽トラの発電機からも充電できるようにしてあるので、上部の重量を減らすためもあって1枚に減らした。コントローラーについては mttp方式 という効率の良いものを使っている。ソーラーパネルと軽トラからの充電併用は、アイソレーターという機器で実現している。実際に電気機器使用にあたっては、バッテリーを直接使うのではなく、それにリチウムリチウムイオンのポータブルバッテリー(Anker PowerHouse)をつけて、AC100V、DC12V、USB 出力という3種類の出力を利用。ポータブルバッテリーのいいところは、現在の電気容量が何パーセントと表示されるので、管理がしやすいところにある。 例えば、冬には防寒対策として電気毛布を使ったりするが、一晩でどのくらい使ってるとかがわかり、充電と使用の細かいマネジメントも可能になる。

0616電気機器類

 当初から、農閑期の利用中心と考えて、夏暑いときの使用はあまり考えていなかった。よって、ソーラーパネルも1枚に減らしているが、専用軽トラの導入で載せ替えもほとんど不要になったり、リアサスの強化によって重量増も可能になりそうなので、ソーラーの再増設やバッテリーの増強を行い、暑さ対策も織り込むことを考えるつもり。

0618えすかる電気

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。
プロフィール

房総で百姓やってる...

アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    月別アーカイブ
    • ライブドアブログ