定年後・田舎作って・コメ野菜

定年に到達した2008年末、房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、配達もやっていたが、古希を迎えたこともあり、2019年春に毎週の直売をやめた。不定期の直売と宅配便利用のコメやイモ類の販売に移行している。

ドローン

富士見プロジェクト(3)

1115仁右衛門島と白浜

 あきらめずに方法を探っている。
 一つの進歩は任意の地点間の地形断面図を表示するWEBページが見つかったことだ。埼玉大学教育学部人文地理学教室(谷謙二先生)のサイトだ。

1115富士山までの標高確認

 これで見ると、標高200mの農場と富士山の間には標高200mを超える地形が続いており、最も高いところは290mあることが判明した。ドローンの高さ(農場の標高+120m)は320mだから、ギリギリで頂上部分が見えるかどうかということが判明した。このツールは役に立ちそうだ。
 どうも農場周辺では厳しそうなので、google earthを出して、付近の高いところを探した。農場の奥に麻綿原というところがあり、ここのお寺(妙法生寺)のあたりが思ったより高いことがわかったので、とりあえずドローン持ってそこに向かった。前にも行ったことがあり元旦に初日の出をみた高いところもあるので期待できそうだった。

1115天拝園

 まずその高いところのお堂のそばから飛ばしたのだが、道の反対側にさらに高いところがあるので、移動。ここは天拝園という立て札があり、364mという表示もあった。これなら問題なく見えるのではないかと飛ばしたんだが。
 
 そこから120m上げてじっくり探したのだが、残念ながら富士山は確認できない。富士山も見えないが、方向の判断材料になるような建物・施設などもあまり確認できない。かろうじて、鴨川仁右衛門島のあたりと白浜付近が直線状ならんで見えるくらい。不思議だが、今日は空気の状態が悪くて見通せないのだろうとあきらめて一旦戻った。
 帰ってからドローンが撮影した写真を見てみたが、やっぱり全く富士は見えない。そこで、先程の断面図ツールを引っ張り出してみた。

1115天拝園から富士
 
 やはり、この364mの天拝園の上空120mからは遮るものはないようだ。そうすると、今日見えなかった理由は天気(空気の状態)のせいだろう。冒頭の写真は、仁右衛門島の向こうに白浜付近が見えるものだが、白浜も霞んでいるくらいだから、白い富士が見えないのもありうるわけだ。これから冬にかけて、空気が澄む日は増えるはずだから、ときどき行ってみることにしよう。
 
                         続く
                         
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

富士見プロジェクト(2)

 昨日は、朝・昼・夕・晩 何度もドローンを飛ばして西の空を狙ったんだが、残念ながら富士山の姿を収めることはできなかった。TVのニュースでは、都内から一日中富士山を見ることができたと言っていたんだが、実に残念である。

1114ドローン画像3B
 
 この写真では、ずっと続いている房総の丘陵地帯のなかに、ほんのちょっと色の薄いところが見えている。ここが三浦半島なのか、それとも箱根や丹沢あたりなのか、ちょっと情報量が少ないため確認は無理だが、糸口にはなりそうだ。左も右も、手前の丘が高くなっているが、富士山はそのあたりに隠れているんじゃないかと思う。
 このドローンは、デフォルトでは116m位が上昇の限界らしい。航空法などの規制では、150mあたりが上限のようなので何とかそこまで上げたいと考えて調べている。電波もまだまだ大丈夫のはずだ。そうすれば視界が広がり、海の向こうの山や富士山を見ることができる可能性がある。
 高いところから飛ばすという方法もある。となりのお宅の山は15mくらい上がっているから、今日はそこに行ってみるかな。勝浦ダムとの間の山には遊歩道があり、その途中にはもう少し高いところがありそうで、挑戦してみたい。
 あと一つ、この場所から富士山までの断面を調べるという切り口もある。そうすると、何mぐらい上げたら視界に入るかという見当を調べることができるだろう。地形データを使う方法だが、誰かやったことがあるはずだ。あきらめずに頑張るぞ。
 
 そうそう、晩にも飛ばしたと書いたが、街の明かりが見えないかどうかを調べたのだった。暗いところにどの程度対応できるかは不明だが、かすかな光の点は写っている。しかし、明かりがたくさん見える方向は無かった。やはり山の中で街は遠いようだ。真っ暗な中でも「戻るボタン」でちゃんと元の場所に帰ってくる。なかなか賢い可愛いやつである。


   一箇所、道路のような光の列が認められる。 


   暗闇でもちゃんと帰ってくる

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


富士山かな(一回目)

 今日の夕方、ちょっと気になってドローンを飛ばした。気になったこととは、富士山である。農場は標高200m、そこから100m上げると海抜300mとなる。房総の山はそれほど高くないから、西の方に富士山が見えるかもしれない。

1113富士山か?

 ということで、飛ばした様子はyoutubeにアップした。とにかくドンドンあげたら、120mくらいで上昇が止まった。そこで西から右回りに撮影していく。1分5~30秒あたりの画面中央、最後の1分50秒あたりに再度写っている三角の山がもしかしたら富士山だが、どうも他の房総の山と同じような感じだ。富士山だと、雲の向こうに見えている遠くの山のようなもののなかに見えるんじゃないかと思う。ということで、今日のところは確証はなかった。明日朝にでも日があたって白く輝く富士山を探してみよう。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


ドローンは借り畑に出張

 芋畑の電柵を外しに行った際にドローンも持っていった。どっちが主目的かわからないが、仕事もちゃんと完了した。今年は、自作の電撃装置ではなく市販のものを買ったので、電気ショックもかなり強くなり(もちろん死ぬようなものではない)、海苔網を外側に敷いたこともあって、芋は守られた。ただ、電気柵を張る前に、一部の葉をシカに食われたが、幸い、」大きな影響はなかった。

1026借り畑1

 さて、ドローンだが、畑の配置はよくわかっているため、家の影になってしまう北側の元田んぼも簡単に撮影できる。現在は南側だけ使っているが、家の北側にも広い畑があり、以前はそこにも葉物野菜を植えたりしていたのだった。何に使っているのかはわからないが、電柱のようなものが立っている。

1026借り畑3

1026借り畑4

 私自身も写っているが、離着陸は芋畑の横の草原にした。写真の右側は芋畑跡。大きな銀杏の木があるが、その南側は毎年里芋畑だったが、今年はうちの畑だけにしたので、使わずじまいだった。
1026借り畑5

 今日は、地主さんは仕事で不在。今度タブレット持っていって、ドローンの撮影画像を見せることにしよう。









にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


本日のドローンの映像

 天気がいいと仕事はいくらでもやってくる。しかし、隙間を縫ってドローンは飛ばしてみる。一応上限を135mに設定してみているが、今日も上限まであげて回りを撮ってみた。

1024会所から海が見える

 東西は山が見えるだけだが、南を向くとなんと海が見えた。その手前には勝浦ダムが光っている。
 
1024東の空
    西の方角

1024西の空
    東の方角、富士山は見えない、130mでは無理か

 
 明日時間があったら、敷地外にも出てみよう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


空撮再開

1022農場全景
  真上から、地上100m以上にも挑戦した

 先日、ドローンの初飛行をやったんだが、上空からの動画は少々揺れているし、質的にはもうちょっとという感じだった。一応、カメラに衝撃吸収機能はつけているようだが、万全なものではなく、また操縦の不安定さも影響しているらしい。まあ、3万円以下の機械に多くを望むのも無理があるかもしれない。

1022農場家周辺
  家のあたり(えすかる号は横浜に出張中)

 雨がふらなかったので、今日は2回めの飛行に挑戦した。動画よりも普通の写真をきっちり撮ろうということで、農場を周囲から・真上から撮影。動画も撮ったが、全部というよりは一部を切り出してアップすることにしよう(後で)。

1022農場南から
  南の山の上から

 このドローンは、HolyStone という中国の会社のもので、型番はHS270である。操縦は極めて容易である。GPS機能を持っているので、飛び立った場所にワンボタンで戻ったり、地図で経路を指定してそのとおりに飛ばすといったことも可能である。あまりに簡単なので、操縦することはあまり目的とならず撮影を楽しめると言っていいだろう。カメラの画像は、WIFIでつながった手元のスマホでモニターできるし、必要な機能は漏らさずついていると思われる。


1022農場北から
  北側隣地上空から

 まだまだいろいろためしてみよう。

1022西から見た農場
  西側の川の上空から
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


プロフィール

房総で百姓やってる...

アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    月別アーカイブ