定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

田舎暮らし

環境整備(ドブさらい)

 うちの前の道は町道である。道路沿いは町の所有地になっているが、人口9000人ほどの町だから貧乏だし、とてもじゃないが普段の管理までは手がまわらない。なので、そのへんは住民が補完せざるを得ない。年に何回かゴミを拾って回ったり草を刈ったりという地域行事がある。これがなかなか重要な集まりだ。普段はあまり顔を合わせないご近所さんとの情報交換の場になる。大体ケモノの話題になるんだが。

0405ドブさらい1

 今日は風は強かったが、仕事日和。カミさんが道路脇の側溝を掃除するというので、私も手伝いをした。うちのヒノキ林の下なんだが、落ち葉だけでなく土も大量に入っている。それに腐葉土になってしまった落ち葉も混じっている。もったいないので、土の多いものは畑(里芋予定)、落ち葉の多いものは堆肥入れに積んでおいた。

0405サワガニ発見

 側溝の底の湿った泥の中にサワガニが住んでいた。どんどん出てきて20匹ぐらい集まった。これは上の池に放した。ちょっとしてから見に行ったら1匹もいない。泥に潜ったんだろうか。先日池の中にメダカとドジョウを放したが、最近見当たらない。昨日、下の池にメダカが2匹泳いでいたから、塩ビ管を潜って脱走したと思われる。春なので生き物にもいろいろ動きがある。

0405サワガニ発見2

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


一番近い食事処

0319もみの木庵

 農場の400mほど手前に、平成13年に廃校になった老川小学校会所分校がある。ここは、ご近所さんの有志が土曜と休日に蕎麦屋兼そば打ち教室をやっているところ。ソバやネギは近所の畑で栽培し、近所の人達が蕎麦打ちもやっているし、予約すれば蕎麦のウチ方も教えてくれる。千葉の地方紙で経緯などをまとめたものがあったので、リンク貼っておきます。

大多喜町会所「もみの木庵」

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


サルと遭遇

 今朝は鴨川に買い物にでかけたが、県道経由ではなく勝浦ダムのところから小湊に抜ける林道内浦山線を通ると10分弱早いので、大抵このルートを使う。ただ、しばしば路肩が崩れて通行止めになるのが難点である。1ヶ月ほど前までの数ヶ月間、実際に通行止めになっていたばかりだ。
 この林道を抜けて小湊の街に出る前ではよくサルに出会う。清澄の東大演習林あたりに根城があるのだと思う。まあ、二山北のうちのあたりにもよく顔をだすのだが。今日は集団で道を横断していた。すぐにスマートフォンを出したのだが、あっという間に山に逃げていった。20枚位撮ったのだが、かろうじて映っていたのは2枚だけ、残念。

0316小湊の猿0

0316小湊の猿1


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


今年の味噌作り終了

 昨夜、うちの味噌作りが終了した。例年使用している小糸在来が不作で、今年は特に問い合わせのあった方にのみ大豆を分けたのだが、最後の残りがうちの分となり、いつもよりかなり少ない4Kgの大豆とちょっと多めに残った麹で作ることになった。出来上がりは18Kgといったところだろうか。

0206ミンサー

 写真は毎年使っているミンサーを掃除のため分解したときのもの、先々代の農家さんが使っていたもので、ステンレスの板でたくさんの大豆を送り込めるようにしてある改造品だ。今回も近所の人達(4組)とウチの大豆を潰すのに活躍した。本体と6個の部品で構成されている。一つでもなくすと使えない大事な部品だ。まあ、新しいものを買えるのだが、昔のを使い回すのも大事なことである。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


干しいも作り

 まだ安納芋がかなりあるので、カミさんは干しいも作りを始めた。おそらくこれまで作ったことはないんじゃないかと思うが、いつの間にか網に入れて干してあった。実は私もこれまでほとんど食べたことがないので、週末の出来上がり時期が楽しみだ。

0116干しいも


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


会所農場10大ニュース(2018年)

 今年は話題が少ないかなあ、とも思ったが昨年の10大ニュースを読むと、同じようなことを冒頭に書いていた。10年も経つといろいろなことがルーチン化するし、大きな問題なども事前に潰すことも可能になっているので、まあ破綻のない1年と言っていいのだろう。

では10大ニュースを挙げてみよう。

1228天日干し全体


1.長雨で天日干し難航
 今年一番大変だったのがこれ。イネ刈りは九月前半に無事完了したのだが、それから雨模様の天気が続き、脱穀以降の作業が例年より一ヶ月以上遅れた。秋から冬にかけての農作業はすべて遅れた感じ。できたコメは、いつもと同じうまいものだったが、くず米がかなり出たし、われ米も多かったようだ。
 イネについては、まだ苗がうまく作れない。コメ作りについては、10回位では入り口を入った程度かもしれない。まだまだ研鑽の余地はある。

イネは全然乾かない

1228天日干しの苦労
  長雨のついでに台風が来た、2回も。 写真は台風養生中でパイプやロープで補強中


2.ハイゼットトラック購入
 ついに軽トラにも衝突予防装置がつく時代になった。歳取ると(もう取ってるが)、これは絶対に必要と思っていたので、発売日に購入。納車は1ヶ月半くらいあとだった。
 これまでえすかる号を載せていたキャリイは、これにより農作業専用車となり、ハイゼットトラックはえすかる号専用台車となった。軽トラ2台というのも乙なものだ。
 
ついに軽トラに衝突回避機能がついた

えすかる号の足:注文

1228ハイゼットトラック


3.田んぼの裏作に成功
 前にもイネ刈り後の田んぼに冬野菜を植えたことがあったが、今年ほどうまく行ったことはなかった。長雨で天日干しは大変だったが、代わりに野菜にとってはありがたかったようだ。
 今年は今までとは違う工夫をしている。それはタネを播いたあとの3種混合資材だ。すなわち、GS酵素・液肥・メネデールである。これらを混ぜた水をやるのである。これがよく効く。小松菜などは巨大化して売るのは無理なものも出る始末。4回に分け、ずらして播いたのも効果があった。正月以降も葉物はある程度穫れそうだ。

葉物野菜の増産

畑の様子(小旅行から帰って)


4.えすかる号本格供用開始
 1・とも関係があるが、昨年11月から年末にかけて作成した軽トラ用キャンパーユニット「えすかる号」は今年から利用のフェーズに入った。ただ、農作業が優先でありなかなか使う機会はない。本格的に使うのは11月まで待つことになった。
 11月に2回出かけたが、かなり消極的だったカミさんは、最初のテスト(静岡川根温泉)で結構気に入り、次の碓氷峠行きにも同行、2人泊がスタンダードになるかもしれない。

軽トラキャンパー「えすかる号」製作記

1228


5.エアコン購入
 一体何だと思われるかもしれないが、説明しておこう。これまで農場の家にはエアコンが無かった。古いエアコンが付いていたけれど、リモコンがなくて使うことができなかったのである。房総半島南部といっても森に囲まれた標高200mほどの山の中なので、入居当初は無しでも全く平気だったが、しばらくたってから年に数日位エアコンがほしいと思うほど暑い日になることもあった。しかし、今年は全くレベルの違う暑さが続いた。耐えかねてとうとうエアコンを購入した。設置したのは9月に入ってからで、今年はあまり出番がなかったなあ。

ようやくエアコンを買う



6.4号田んぼに暗渠設置・トラクターゲート建替え
 今年のシーズンオフ工事は、この2点。4号田んぼは、以前は湿田でイネ刈りの機械(バインダー)もなかなか入らず、手刈りを余儀なくされるような困った田んぼだった。東西50mの縦断暗渠を1本設置しただけでその状況は大きくかわり、他の田んぼ並みに近づいた。しかし、西側端部にはまだ水たまりが最後まで残るので、そこの水を吸わせる横断暗渠を設置する。(埋戻し作業が残っている)
 もう一箇所は上の畑の町道側で、以前設置したゲート(門扉)が壊れかけたため、更新するものだ。(作業中)

シーズンオフの実施項目(検討案)

暗渠工事も停滞中

1228施工中のゲート


7.pixel 3 XL と ThinkPad PCとスマホの代表交代
 pixel 3 XLは、久しぶりのgoogle謹製スマホ。androidと付き合い長いし、飛びついた。そうしたら当たりで、なかなか楽しいものだった。3年はOSのアップデート対応なので、それまで使い続けることにしよう。

pixel 3 XL 到着

 PCは、最近中華のものなど怪しいものが続いていたので、久しぶりにthinkpadを買ってみた(でもこれ中華)。BLOG書きの有力な助っ人である。今もこれで書いている。

農場のノートがダウン

ノートPC到着


8.イノシシ侵入といちごのハクビシン被害
 最近では、ほとんどケモノの被害を受けていない。特にかぼちゃを狙うサルは、姿もあまり見せなくなっている。ただ、被害はなかったがイノシシが数回入った。他に、いちごをハクビシンにやられて、すぐに電柵で防御した。という具合に、いつも周りに連中はいる。油断は禁物だ。

対ハクビシン(?)戦、次の段階へ


9.格安SIM・ファミリー割引導入
 友人にガラケーがいて、gmailなどのPCメールで連絡できないなどの理由でスマホとガラケーの2台持ちだったカミさんが、先の問題がなくなったということでスマホ1台にすることになった。これに合わせてiijMioのファミリー割引に変更した。現在、5枚のSIMを二人で使っているが、12Gはとてもじゃないが使い切れない。今月は4Gくらいだったな。

SIMの入れ替え


10.自前サーバーに挑戦・挫折
 以前やったことがあるlinux上のXoopsという万能のコミュニケーションソフトを入れようと思ってトライしたが、結局挫折して再開はまだ。どうも、以前とはセキュリティのレベルが圧倒的に変わっており、そのあたりの壁を抜け出せないのである。
 
自前サーバーを立ち上げることにした

自前サーバーの近況


これまでの10大ニュース

会所農場10大ニュース(2017年)

2016年会所農場10大ニュース

会所農場2015年10大ニュース(前編)

会所農場2015年10大ニュース(後編)

会所農場10大ニュース 2014年を振り返る


  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


BLOGを振り返る(1)農場用地の評価のようなもの

 昔のBLOG記事をパラパラ見ていたのだが、入植後半年弱が経過した2009年の初夏に、今の農場を選んで(住むようになって)よかったことや悪かったことをまとめたものが見つかった(自分で書いたんだが!)。同じように田舎暮らし用の物件を探す方に対して、私が感じたことをまとめて判断の目安としてほしいということで書いたのだった。ずいぶん時間が経過しているので、現状とは違うところもあるが、その時の評価も一理あると思うので概ねそのまま引用する。
 
 大体のところは、最初の方にも書いているが、色々なものを先々代のオーナーさんから引き継いだということに尽きるだろう。何しろ、この場所は戦後の開拓地であって、山の隙間の木の根だらけの土地を開墾して田んぼにしたのだから、会ったことはないけれどそのご苦労は偲ばれるのである。定年後の10年間を振り返る(4)では、色々工夫したようなことを書いたが、その先々代さんのことを思うと足元にも及ばないと感じるのであった。
 そのあとに、農業者ではない人が8年ほど住んでいたので、田んぼは姿を消して単なる草原にはなっていたが、一応草刈りなどはやってくれており、最低限の作業で田んぼや畑を復旧することが出来たのは幸運だった。
 
 
農場のよかったところ・悪かったところ

良かった・悪かった・整理の前に

よかった① 農家継承(全ての要素が詰まっている)

よかった② 農家継承(施設と資機材)

よかった③ 農家継承(住まい)

よかった④ 農家継承(水)

よかった⑤ 農家継承(その他)

よかった⑥ 自宅からの時間的距離が近い

よかった⑦ 家の敷地内に農地がある

よかった⑧ 農地もたっぷりある

よかった⑨ 素晴らしいご近所さんたち

悪かった点① 害獣と害虫

悪かった点② 駅や町から遠いこと

1219田んぼができる前2
    入植直後、山から見た農場


  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


ムカデ退治

 テーブルに座っていたら、おヘソのあたりがチクンと痛んだ。点検してみるが特に異常はない。少し経つと、今度はもう少し強く「ヂグン」と痛んだのでもう一度点検すると、ちょうどパンツのゴムの裏側あたりに体長12cmほどのムカデがいて、どうもそのあたりを噛まれたようだった。ムカデは瞬殺、すぐに器具で吸い出して薬を塗った。4時間ほど経ったが、鈍い痛みとかゆみが残っている程度で済んだ。
 先日の道普請の際にムカデのことは話題になっていて、手袋や長靴を履くときには注意したほうがいいとご近所さんたちから注意を受けたばかりだった。数日前にカミさんの腕にもいつの間にか止まっていて、ちょっとした騒ぎになったものだった。
 しかしどうやって侵入したのかは不明だ。一番ありうるのは寝ている間に忍び込むパターンだが、今日の私は起きてから7時頃に田んぼの方に出てドジョウを集めて回ったし、それから2時間もしてようやく発見するというのはいかにも変である。まあ、古い家だしまだまだいるはずなので、煙の殺虫剤を買ってきて今日の夕方から締め切ってこれを焚き、他の虫も含めて退治しようと思っている。
 
0826害虫対策
   うーーん、これじゃ効果ないかも。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ますます危険な酷暑とその対策

IMG_0065


今日もまたひどく暑そうな日が始まった。カミさんは梅干しを干し始めたが、すぐに暑さに攻撃される。ということで、今日も作業を放り出してやってきたつるんつるん温泉。昨日の夜、念のために他の温泉を探していたのだが(館山方面)、やっぱり近さと気楽さでつるんつるんに勝るところはないとの結論となり、連日の利用となった。カミさんによると、昨日はポイントがたまっていて一人はタダとなったらしい。それで7時間いて風呂に3回。まあ、ここにまさるところはないだろう。

IMG_0064

ここにきたとき、必ずかき揚げ丼を頼むのだが、さすがに二日連続はない。勝浦といえばタンタン麺なので、今日はこれに挑戦したが、以前専門店で食べたタンタン麺に比べると辛さは控えめ、だが暑い時に辛いものもいいもんだ。

ところで私は3人兄弟だが、考えてみるとそれぞれ行きつけの温泉がある。すぐ下の弟は藤野やまなみ温泉というところにしょっちゅう行っているし、下の弟は甲府の掛け流し温泉付き(激安)ビジネスホテルに行っているらしい。爺さんの楽しみはこの辺りに収斂するのだろうか。エスカルゴ焼肉号の目的地は大体が温泉地になりそうだ。


酷暑対策

昨日茂原往復を敢行したが、帰ったらカミさんが熱中症(?)で寝ていた。いつもの昼休みの居場所が暑かったらしい。今日は元気になっていたが、昨日なみの暑さになるということで、つるんつるん温泉に避難してきている。混むのではないかと早目の9時半頃着いたらガラガラ、風呂は一番乗りだった。

IMG_0063

いつもと同じ貝柱かき揚げ丼を食べて風呂は既に2回、暑さが緩む5時頃までは居るのであと1回は風呂に入ろう。寒い冬も暑い夏も、そして雨の日も逃げ場にはもってこいだ。会所農場では、これまでエアコンは不要だったが、今年の暑さの中ではあった方が良いだろうということになり、ジヤパネットたかたのWebで調べたら、工事は9月、其れでは間に合わない。秋になったら売れ残りでもつけるか、もうこれからは必要になるだろう。

IMG_0062

台風一過(?)

 今回の台風はちょっと変わっているのだろうか、昨日のうちに過ぎたはずなんだが、今日になってもスッキリとした晴れ空にはならなかった。朝から区域の草刈りだったが、ちょうど集合時間の8時頃は土砂降り、あまりやる気のないスタートになってしまった。それでも、約2Kmほどの町道脇をみんなで刈払い、先ほど終了。湿度100%近い状況だったし、蛭やハチとの戦いだった。それにしても、今年の草の勢いは半端ではない。いつもの年とはずいぶん違う気がする。

0729草刈り

 ところで台風の被害だが、ピークでは瞬間で20m/s以上の風は吹いたようだが、ハウスや諸施設・装置に問題はなかった。東風が強かったから、田んぼの東端のイネがちょっとかしいだ程度、自力で簡単に起きるだろう。被害はなしと言っていいだろう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

田舎のリゾート

0621つるんつるん0

 昨日の雨はけっこうひどかったので、いつもの「勝浦つるんつるん温泉」に出かけていった。10の日はワンコインデー(500円)だから混んでいるんじゃないかと心配しながら行ってみた、10時半頃到着。駐車場は混んでいたけれども館内はそうでもなく、いつも同様中広間(カラオケがない)に陣取った。そして、風呂+昼食+風呂で16時頃までのんびりゴロゴロ。私はBLOGの記事(えすかる号関連)がはかどった。

0621つるんつるん壁伝言

 10組くらいは入れる中広間は、我々を入れて3組。隣のおばあちゃん団体のおしゃべりはカラオケより賑やかなので、amazon music に没頭する。それでも聞こえるおしゃべりの内容から80歳以上のおばあちゃんたちらしいとわかる。送迎バス利用と思われるが、雨でなければ畑で草取りなどやっているのだろう、なかなか素晴らしい老後の生活だ。建前は持ち込み禁止なんだが、テーブル上はおばあちゃんたちが持ち込んだおにぎりや漬物などが並び、どうやら味噌汁だけ頼んでいるらしい。おじいちゃんたちも来ているが、こちらはそれほど賑やかではない。風呂に入っても難しい顔をしてジーッとお湯に浸かっている。私自身もそんなおじいちゃんの一人なんだが。
 送迎バスが出る15時ごろをすぎると、一瞬静寂が訪れるが、今度はお姉さんたちが掃除を始める。それでも構わずにもう少し頑張る。普段はもう一回風呂にはいることもある。日帰り入浴の終了時間はわからないけれど、宿泊客がいないときはここ自体が18時で終わりになるようだ。旅館ではあるけれど、我々が行く平日は泊り客がいないことも多い。

0621つるんつるん1

 冒頭に書いたように車が多かったので、普段は入らない奥の方に駐車していたが、帰りに車に戻って風景を見たら、向こうの山に不思議な構築物があった。勝浦にJAXAの施設があることは知っていたが、「ああ、あれがそうなんだな」ということで60年前は宇宙少年の私はちょっと気になった。(続く)

0621つるんつるんJAXA-b

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

子どもたちの大冒険(GW)

 田んぼの水をチェックしていたら、竹やぶの方から子どもたちの声が聞こえた。うちの孫や弟の孫たち(計5名)は、娘が引率して2匹の犬姫の散歩にでかけたはずだから、竹やぶや川の方に居るはずはないと思ったが、念のために竹やぶへの降り口まで行ってみた。すると、崖下の川から聞こえていた声はどんどん近づき、うちの子供達が次々と現れた。あとから犬姫2号を抱いた孫と犬姫1号を抱いた娘が登場。竹やぶはかなり急な崖で、普段使っている通路以外は四つ足の鹿や猪しか到底通れないはずなんだが、みんなは四つ足になって上がってきたらしい。それに、やけに興奮していた。
 聞いてみると、犬の散歩だから普通の道路を歩いていたが、途中から林道に入ってうちの川下の橋から川に降り、じゃぶじゃぶと歩いてきたんだそうだ。アウトドアとは正反対の娘は、竹やぶから川まで降りたこともなかったようで、子どもたちの「ここからうちに上がれる」という声に従って崖をよじ登ったらしい、だがそれは通常の上り口とはちょっと違うところだった。娘も孫も犬姫抱っこだから大変だったと思う。川の途中にはヤマカガシの巣もあるはずだし、山蛭には襲われたようだ。10歳から4歳までの都会ぐらしの子どもたちには特別な体験だったようで、日記に書くと騒いでいたらしい。まあ、無事でよかったがたまには冒険もいいだろう。

GW恒例のBBQと、今年はタイミングぴったりだったイチゴ狩り 
0508GWBBQ

0508GWイチゴ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

フクロウの棲む森での生活

 千葉県大多喜町の山間部での生活が10年目に入っている。自然に囲まれているので色々な出来事があるが、中でも最も印象深かったのはフクロウとの出会いだろう。うちの田んぼの隅で網に羽根を絡ませて瀕死の状態になっていたのを保護し、回復して森に還るまでの2週間、我が家でリハビリ生活を送ったフクロウ(フクちゃんと呼んでいた)との生活は、本当に忘れられないエピソードだった。

0415かごの中で
発見時は左の翼を痛めていた、県と相談して治るまで預かった

 
 定年帰農その7:森の精霊と過ごした2週間(1) 
 定年帰農その8:森の精霊と過ごした2週間(2) 
 
 繁殖シーズンの春は、夜外に出るとフクロウの鳴き声を聴くことができる。場合によっては複数の声を聴くこともある。先日は、田んぼの水を見回りに出たときに、5mほど先の柱の上から音もなく飛び立つフクロウをみた。うちに居候していたフクロウかどうかはわからないが、それほど近くに寄るまで逃げなかったから、きっと彼(女)に違いないと思うのであった。

0415止まり木1

0415二本の止まり木

 そんなこともあったので、この前止まり木を作ってみた。上に書いた接近のときは、田んぼの向こうの柵の柱だったが、夜中にやってきたフクロウは畑や田圃を見下ろせるところに柱状のものがあればとまるらしいのである。もちろんその柱でもいいのだけれど、もっとこちらのそばで電気やWiFiが届く場所に来てもらい、観察したいという下心もあるのだ。1週間ほど経つが、毎日のように足元をチェックしてフンが落ちていないかみているけれど、まだフクロウさんは来ていないかもしれない。
 そんなとことに暮らしているので、実はフクロウ用の巣箱を作ったこともあった。フクロウを預かるよりももっと前である。しかし、肝心のフクロウは住んでくれず、ハチが中に巣を作るという結果にとどまり、朽ち果ててしまった。このあたりは基本的に杉林が多く、巣に使えるような樹はさほど多くない。だから使ってくれると期待したが、設置場所などに問題があったかもしれない。次のシーズンオフにはまた巣箱作りに再挑戦しようと考えている。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

会所農場10大ニュース(2017年)

1231農場


 いろいろ振り返ってみたが、例年に比べると話題は少ないように感じた。まあ、落ち着いた年だったのだろう。収穫については夏の天候が不順だった割には順調だったが、唯一コメには来たようで、刈る前の姿に比べて明らかに少なかった。イモなどは天候不順の影響は少なめだったようだ。
 
1.軽トラハウス「えすかる号」完成
 今年の2月頃、軽トラ・キャリイくんの走行距離があまりにも少ないし、活用手段としてキャビンを載せられるようにしようと思い始めた。収穫などが一段落した11月頃から作り始め年末に完成。図面などの事前準備を省き思うままに作ってきたので満足ではないところもあるが、すでに車中泊テストもやってみて使えることを確認済み。それにしても、軽トラというマシンの懐は深い。
 
 関連ページ
 関連ページ2

2.籾摺り機交代
 入植後にご近所(借り畑の地主さん)からもらって、8シーズン使ってきた籾摺り機が昨年不調を訴えたので、更新した。200∨動力線仕様の先代に比べ100∨で小型になったが、零細農家にとっては能力的に十分。ただ、モミがとれていないものが若干出ているかな。
 関連ページ

3.井戸ポンプ更新
 我々が住み始める前からの井戸ポンプは、一度不調になって修理したことはあったが、一応動いていた。そろそろまた壊れそうなので省エネタイプ(インバーター)に交換した。家の中で使う水を供給するこの深井戸は、40mほどと結構深い。省エネタイプということだが効果ははっきりはわからない。ただ、畑に使う水はほとんどソーラー利用だからトータルでは省エネ化出来ているはずだ。
 関連ページ

 
4.PCの不具合と交換
 いろいろあるので、年中何かが起こって入れ替わったりしているのだが、横浜で使っていたacerのPCが壊れ、gole 1 なんていう変態PCを使っていた。しかし、ディスプレイも不調になったりして、最終的には、農場にintelのスティックPC、横浜に cube i9 、どちらも第6世代 core m3 を使ったPCになっている。
 関連ページ
  
5.端末の変更
 この頃はスマートホンの方が身近である。こちらも2年弱使用したnexus 6P が壊れ、一時 huawei P9(ライカスマホ) を使っていたが、このほどhuawei mate 10 pro が出たので、これを買ってメインにしている。今度は、ライカスマホに加えてAI強化型ということだが、あまり具体的なメリットは感じない。しかし、買って直ぐ馴染んだ感じだ。こういうのが本物なのかもしれない。気に入っている。
 関連ページ

6.農場のTV購入
 農場では弟から貰った古いTV(一応32型液晶)を使っていたが、とうとう入れ替えた。TV購入は10年ぶりくらいだったが、その間の進歩は著しく、すっかり端末化(インテリジェント化)されていることに驚いた。
 関連ページ
 
 なんだかいろいろなものを交換しているな。そろそろ色々なものの交換時期が来ているようだ。自分と奥方は替えられないが。
 
7.町道脇土手の整備
 入植以来、一度も手を入れていなかったヒノキ林下の土手を刈ったが、実生の雑木なども結構大きくなっており、なかなか大変だった。通常一番の問題は処分だが、うちは幸いにして敷地内に捨てられるので助かった。山裾のススキなどもなんとかしなければ。
 関連ページ
 
8.納屋道具棚増設
 道具は結構増え続けているが、効率的に使うにはきっちりしまうことが必要。それで棚を作ったが、きっちりしまえているとはいい難い。でも、前より便利になっている。
 関連ページ
 
9.山の時計移設
 サラリーマンを引退したときに仲間からもらった時計は、ずっと農場のリズムを刻んでくれているのだが、山の手入れ不足で枝葉が茂り見えにくくなってきたので、山から下におろし田んぼの脇に設置し直した。最初の設置以来2度ほど電池交換はしたけれど、健康に時を刻んでいる。セイコーは素晴らしいね。
 関連ページ
 
10.コメの不調
 終盤まで、イネ自体は元気だと感じていたが。刈って脱穀してみると想像(期待)よりは少なかった(去年の70%程度)。8月の日照時間が少なかったことが原因で、モミの数/穂が少なかったようだ。ただ、今年は従来のミルキークイーンから姉妹種のミルキープリンセスに変更しており、それも影響している可能性がある。プリンセスは、同じ食味ながら稈(茎のようなもの)が短く、台風などに強いということで採用したが、短い分肥料は余分にやる必要があるらしく、費用のやり方にも問題があったかもしれない。
 関連ページ
 

以前の農場10大ニュース

2016年

2015年(1)
2015年(2)

2014年


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ようやく一段落かな

 昨日に続いて今日もコメの出荷、今日は5個で今年の累計は30弱となった。収穫した分の半分ほどを玄米にして、ある程度ずつ精米して出荷しているが、今年は今までになく早いペースでなくなっており、明日一番で3回目の籾摺りをやることにした。新しい籾摺り機はコンパクトで掃除も簡単だから、籾で保存して必要になったら玄米にしようと思っていたが、そんなのんびりした状態ではなさそうだ。

0929つるんつるん

 しかしまあ、なんとなくホッとした感じはあり、今日は天気が良かったにも関わらず、郵便局のあと勝浦つるんつるん温泉に立ち寄った。いつもはたいてい雨降りで作業ができないときに行っていたのだが。温泉は、天気が良いせいで空いており、じいさんばあさんたちのカラオケ合戦もいつもほどではなく、のんびりしたものだった。ここではいつものとおり、入浴2回と貝柱かき揚げ天丼。まあ、30分以内にこんな温泉があるのもいいものだ。
 しかし、コメは一段落だし、これから芋の収穫も始まる。なので、そのあたりが一段落するであろう来月終わりごろに温泉に行くことにした。硫黄の温泉に行きたいと思って調べたら、福島の高湯温泉というところが良いらしい。2泊だが、1泊ずつ別のところに泊まることにしている。何しろ様子がわからないものだから。

0929旧郵便局

 ところで、つるんつるん温泉そばの田舎の郵便局に立ち寄ったのだが、郵便局自体は普通なのだが、隣の建物が不思議な雰囲気を醸し出していた。郵便局の人に聞いてみると、昔はその建物が郵便局だったということだ。今の局舎より数段いいのである。

0929蜘蛛


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

草刈りの一日

 田んぼが一段落したので、今日は刈払機を担いで草刈りだ。月末に道普請(環境整備活動)があるので町道脇をまず刈って、次は田んぼの周りを刈った。途中疲れて昼寝もしたし、ここまでやると夕方だ。それにしても前回刈ってから3週間しか経っていない。次回は6月中頃だろうか、梅雨が始まっているのでひどいことになるだろう。

0520田んぼ周り草刈り完了0

 田んぼは土手がかなりあるので、畦の上から屈んで下を刈る。不安定で危険な要素もある作業だから、いつまでもできるわけではないだろう。あと5年は平気そうだが10年経つときついかもしれない。

0520田んぼ周り草刈り完了

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

GW大集合

0504BBQ1

 長い休みは家族が集ってBBQというのが半分決まりのようなものだ。先週は、家族ではなく昔の仕事仲間一家がタケノコを掘りに来てBBQ2回、今週は家族がやってきて回数不明のBBQ 。

0504川遊び

 だんだん子どもたちも大きくなってきて、BBQだけでなくいろいろ楽しみができてきた。竹やぶを降りていった川が良い遊び場になってきている。ただ、自然に住む魚は子供が網ですくえるほど容易なものではない。そこで、今年はセルビンを仕掛けることにした。セルビンについては以前書いたこともあるが、意外なほどの漁になることもある仕掛けだ。うちの下を流れているのは、養老渓谷のそのまた源流だが、こういう田舎の川で魚を取る方法にはいくつかの方法があり、そのうちの一つがセルビンだ。2L以上のペットボトルがあれば簡単に作れるもので、普通の釣りに使う寄せ餌などがあれば仕掛けるのも容易だ。少額5年生の孫を筆頭とする子どもたちは興味を示し、代わりばんこにいつ仕掛けをあげるのか聞いてきたほどだったが、結局翌朝となる今日になって引き上げた。

0504ナマズなど

0504ナマズ2

 2つのセルビンには、珍しいことに2匹のナマズが入っていた。うち1匹は結構大きい。他はアブラハヤ5匹、それとドジョウが2匹にサワガニ2匹。いずれもみんなで成果確認をしたあと上の池(沼)に放流した。ナマズは他の魚を食べるから少々心配もあるが、沼の主になるのなら愉快である。子どもたちには大変好評だったので、次回(おそらく盆休み)は魚のとり方(ガサガサ)を教えてやることにしよう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

今年の味噌作り終了

 去年作った味噌がまだかなり残っていることから、今年の味噌作りは少なめ、大豆が2.5Kgに麹が3Kgほど。去年の大体3分の1だったが、このくらいだと(手伝いの私としても)かなり楽である。横浜の家はカミさんの仲間の味噌作りの場と化していたが、最後はうちの味噌。

0213味噌作り5

 農場の納屋にあった伝来の古いミンチ機が大活躍する。味噌玉を投げ込んだあと、表面に塩を振るのは前からやっていたが、去年あたりからその上に酒粕を置くというコツを教わった。これにより、往々にして表面にできるカビはほとんどでなくなった(昨年仕込んだもの)。

0213味噌作り1

0213味噌作り3

0213味噌作り4


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

こんなアウトソーシング

 毎年、シーズンオフの実施予定項目を洗い出してきているが、どうしてもやりきれないことがある。それは庭木の剪定だ。あいまにちょこちょこやる程度で、次のシーズン開始がきてしまう。まあ、あまり得意項目ではないのである。
 そんな状況なので、暮れのうちにご近所さんに伐ってくれと頼んでおいた。「この辺からこの辺まで、適当に上を詰めたりして散髪してよ」というようないい加減な頼み方だったが、帰ってきたらちゃんとやってあった。一番顕著なのは屋敷裏の柿の木だ。もともと樹高は軽く10mを超えていて、結構な数のカキはなるのだが、とても食べられたものじゃなかった、サルは食べていたが。大きな木だったから、足元は暗くてジメッとしていた。それがバッサリと切られていた。その他も色々なところに手が入っており、相当風通しが良くなった。

0104庭の景観2


0104庭の景観1
          これは1ヶ月前、写真がちょっと暗いが、屋敷左側に柿の木が立っている

 前にも頼んだことがあるシルバーの人に依頼しようと思っていたのだが、そのご近所さんが仕事をやめたと聞き、とっさに頼んだのだった。おそらく、仕事で植木に関わったことはないと思うが、小さい頃から山に囲まれて育っているからお手のものなのだろう。これからは、木の剪定は頼むことにした。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

正月が終わりました

0103オドメーター

 農場に還ってきた。暮れの25日に横浜に帰ってから9日目になる。結構長かったが、8年もやっているのでシーズンオフの仕事も少し余裕が出てきており、気持ちはのんびりしている。今日は犬姫とマイカルまで散歩に行ったりしたあと、向こうを午後の少し遅めにでてきた。木更津あたりを過ぎて山道に入ると、どんどん外気温が下がり始め、会所についたらなんと3度である、まちなかに比べると7~8度は低い。風邪がようやく治ったところだが、今晩の流星群観測はやめておこう。明日は霜で一面真っ白になるだろう。

0101おせち

 さて、毎年の正月には兄弟の家族が集まるのだが、今年も例年通り10数人が集まってかなりの騒ぎだった。今年はカミさんがおせちを作らずに取り寄せにするという大きな変化があったが、正月の直前が楽そうだから、来年以降もこうなる気配だ。弟のところは数年前からおせちの取り寄せをやって持ってきているから、今回は三段が2組となり、合わせるとなかなか立派に見える。しかし元日でほとんどがなくなった。ただ、連中の大半は2日の夜までいるから、頻繁に食材の買い出しやトイザらスに行くなど、正月から極めて賑やかである、私も付き合うのだが。車も、普段の倍の4台を駐めなければいけないから、中古車屋の店先状態だ。実はこの他に泊まらない娘と息子の車も加わる。

0103中古車屋


0103道具箱1
 
 ところで、私はおせちの入れ物(白木の三段重)に注目した。常に増殖するケーブル類の収納に都合がいい。スマホなどのケーブルは、昔の携帯やデジカメほどひどくはないが、それでもandroidとiPhoneの違いやUSB type C の出現で、まだまだ厄介である。高規格なものの出現や断線などの傷みなどで入れ替わりが激しく、余裕も必要だ。そこでこんなものもいるようになる。とりあえず横浜の予備ケーブル入れが出来た。

0103道具箱2

 だが、PCや端末関連の付属品はケーブルだけではない。メモリーカードやシム、カードリーダーや様々なアダプター類などを結構な数持ち歩いているのだ。なので、そうしたものは100円ショップのプラケースに入れている。よく見ると、最初に設定した収納場所と現在はかなり入れ替わっているようだ。今年も、農業はもちろんだけれど、PCや端末との付き合いは続きそうである。こうした工夫も同様に続くはずだ。

0103犬屋で


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ちょっと一息

 明け方前からかなりひどい雨が降っていた。やることがないわけではないが一応農閑期に入っており、こういうときは勝浦つるんつるん温泉とほぼ決まっている。土砂降りの雨の中を温泉に向かう、30分弱で到着。10時半ごろ着いたが、駐車場には車がいっぱい、大広間はいつものおじいちゃんおばあちゃんたちで満員状態、もちろんカラオケ合戦も始まっている。いつもカラオケがない別室(椿の間)に陣取るのだが、こちらにも3組ほど先客がいた。居場所を決めて風呂にいく。
 ここの風呂はいわゆる黒湯である。名湯百選に千葉で唯一選ばれたということだが、入ると海藻の成分でもついたかのようにつるんつるん&ヌメヌメとなる。そしてほっこり暖かい。農場のそばに温泉はいくつかあるが、このお湯の良さによりここにくる割合がもっとも多い。回数券を買ってからはほとんどここという感じになった。

1119貝柱丼

 いつも昼前に到着して、一度風呂に入ったあと昼飯を食べるのだが、私は大体これ、貝柱丼だ。ホタテの名産地ではないけれど、ボリュームのあるかき揚げの存在感はなかなかのものである。あと何年、私の胃が受け付けてくれるだろうか。他に定食メニューもいろいろある。ただ、食事は15時までだったと思う。この温泉、普段は老人(我々もそうだが)が多い。畑をやっている人も多く、雨だと混む傾向がある。ほとんどの人たちは大広間でカラオケを楽しんでおり、別室にも結構声が漏れてくるが、15時頃に送迎バスが出るので一斉に引き上げてくれ、ようやく静寂が訪れる。夜まで居られるはずだが、大波が去って少し経つと掃除が始まり、大体そこでこちらも引き上げる。夏は老人集団と入れ替わりに海水浴帰りの親子連れがやってくる、こちらは休日限定。
 せっかく農閑期に入ったので、月末には草津温泉に出かける予定。今回は何も考えず、温泉なら草津だろうということで行き先を決めてみた。次回は色々研究してみたい。
 
 
   勝浦つるんつるん温泉HP

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ウシさんたちのご馳走(?)

1028牛のご飯


 昨日、サツマイモ畑の蔓などを集めて燃やそうとしていたら、地主さんが帰ってきて「燃やすのは大変だから隣に持っていけば」という。隣は乳牛が50~60頭ほどいる牧場だが、いつも道路沿いの空き地に何頭かのウシが出ているのだ。日向ぼっこをさせているのかもしれない。
 さっそく蔓を荷台に載せて隣に向かう。実は他の誰かが置いた蔓がすでにあったのだが、隣にドサッと降ろした。ウシたちは結構物見高く、普段から道路を歩いていると寄ってくるのだが、すぐにかなりの勢いで食べ始めた。今日は前を通っていないが、たくさん食べただろうか。

1028牛のご飯2


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします

衝突

 動物人口密度が高い農場のあるエリアでは、車と戦って討ち死にしたケモノがよく転がっている。私は夜間走ることも多いのだが、危ないところではスピードを緩めるなどの対策はやっているので、これまでのところ正面からぶつかることはなかった。農場の1Kmほど手前で横にシカが突っ込み、リアタイヤの前の泥除けにぶつかったことが一度あったくらい。
 先々週のこと、この日も夜間走行だった。飼料を運んでいる大型トラックのすぐ後ろを走っていたのだが、トラックのすぐ後ろ(つまり私の直前)にタヌキが飛び出してきた。避けることも出来ず、右側バンパーにぶつかったショックがあった。あまり気分のいいものではない。

1012タヌキと接触

 その日は深夜の到着だったので、翌朝車の状態を確認してみた。異常は1箇所のみで、フロント右側のパネルの接続部が浮いていた。木切れを当ててゴムハンマーで叩いたら無事元に戻った。タヌキだったからこれで済んだが、シカヤイノシシなどの大型獣だとこれでは済まないだろう。以前、久留里から南に走る国道で横たわるイノシシを見たが、ドラム缶サイズでおそらく100Kg級、大型トラックでなければかなりの被害だったのではないか。まあ、夜間走行時は気をつけよう。
 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします

ここにも「古屋のもり」

 今日の雨の最高潮(?)は昼ごろだったが、ちょうどいつも私が座る一角の真上の天井で「ポタッ」という音がし始めた。この家での雨漏りは初めてではなく、2年ほど前に本格的なヤツがやってきており近所の大工さんに修理を依頼した。その記憶が蘇ってきてちょっと嫌な気分になり、隣の部屋に移動してごろりと横になったら、そっちの方の天井でも音がする。じっと様子を見ていたら、やがて雨が小降りになり音もやんだ。
 前回は、屋根の谷に敷いてあった銅板が腐食して穴が開いたという致命的なものだった。今回は、滅多にない大雨が屋根瓦のちょっとしたズレなどから漏れ出したというところだろうか。軽微なものと思いたい。ということで、またまた「古屋のもり」という昔話を思い出してしまった。私より4年後に出来たこの家は、ずいぶんとしっかりした造りで、入居時にも手直しは殆どいらなかった。このまま元気でいてほしいものだ。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします

ひさしぶりに渋滞に巻き込まれた

 この3連休は子どもたち・兄弟・甥姪の家族が集まるし、なんといっても最大のイベントは娘の飼っているワンちゃんの農場デビューである。娘夫婦はゴルフに行くというので、前夜からワンちゃんを預かり、今朝は直売所も配達のみで閉店とし、11時頃横浜を出て農場に向かった。しかし、湾岸線は東扇島の手前から渋滞が始まる。特に左車線はほとんど動かない、おそらくアクアラインがボトルネックになっていると思われた。

0503マリンちゃん田舎へ.JPG

 結局、埒があかないということで真ん中に寄り、羽田まで行って∪ターンすることにした。ここまでで2時間以上経過していた。しかし、反転しても同じ4Km渋滞が待っていた。湾岸線環八入り口の料金所にはトイレに並ぶ人達がいっぱい。我々は羽田での反転の際にターミナルビルによっていたので大丈夫。しかし、こんな調子ではみんな大変である。

0503マリンちゃん田んぼ.JPG

 アクアラインに入ったら、今度は事故が発生という放送があったが、幸い大したことにはならなかった。とっくにプレーが終わっていた娘のいるゴルフ場についたのが16時半、そこから45分ほどで農場に到着、なんとか暗くなる前に入ることができた。さっそくワンちゃん(マリンちゃん♀)を連れて巡回、普段の散歩とはまったく違う反応をみせたリードをしっかり持っていないと田んぼに入りそうになる。娘が持っているときは、土手を駆け下りあと少しで田んぼに突入というところまで降りた。やっぱり、水の中で仕事をする先祖の血がそうさせるんだろう。明日は、朝のうち雨が降るらしいが、いろいろ経験させることにしよう。

0503マリンちゃん田んぼ2.JPG


 マリンちゃんが家に泊まるときは私が一緒に寝るんだが、たいてい5時頃顔を舐められて起きることになる。今朝もそうだった。もうそろそろ限界だ、寝ることにしよう。

0428まりんちゃん.JPG




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
href="http://lifestyle.blogmura.com/retirelife/ranking.html" target="_blank">にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

再びおとなり(のまたとなり)さん

 今日は、燻炭を撒いておいた借り畑の耕耘を行った。ついでにニンニク畑の草も取った。冬の草はそれほど大きくなく成長も遅めなんだが、地上部分に比べて根がとても大きく、養分を全部吸い取りそうだ。ニンニクは、反対に根は貧弱だけれど肥料食いだから、草をとったあとで肥料もやっておいた。

0205ニワトリたち.jpg

 ニンニク畑の横には鶏小屋があるのだが、そこには名古屋コーチン(♂×3+♀×3)がいる。クリスマスや正月前に、地主さんは「減るかもしれないよ」といっていたが、一応無事で生き延びている。そこから突然鳴き声が聞こえてきた。時折、家まで聞こえてくる声そのものだが、スマートフォンを手に小屋に近づいてみた。実は、ちょっと前にも鳴いていたことがあったのだが、その時は近づいたらやめてしまったのだった。
 今回は、ニワトリも機嫌が良かったのだろうか、声だけではなく鳴いている姿も収めることができた。ニワトリのトキの声なんて、だれでも頭のなかでは認識はあると思うが、鳴いている姿など滅多に見るものじゃないか youtube にアップしてみました。どうぞご覧ください。鳴き声は結構大きく録音されています、仕事場などではご注意を。
 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

お隣さんたち

0201隣人1.jpg

 先週は2軒先(といっても400mほど向こう)の借りている畑に燻炭を撒きに行ったのだが、運搬車に積んで3往復もしたものだから、(お隣の)牧場の牛たちが興味津々という風情で道路際までのぞきに来た。牛という動物、どうやら好奇心は旺盛らしい。よくよくみると、表情もいろいろで興味深い。横目で見たりするやつもいる。

0201隣人2.jpg

 お隣りでは乳牛を60頭くらい飼っているはずだが、天気がいいと交代で日光浴をさせているようだ。普段は軽トラで通り過ぎるだけだから交流はできないが、歩くより遅いくらいの運搬車だとこんなこともある。もちろん、彼女たちがそばに寄ってきたので、こちらも運搬車を停めてのぞき込むのだが。まあ、どちらも物見高いということだろう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

昨日は取材

 昨日はほぼ半日ほど取材対応だった。またかとお思いでしょうが、今回は珍しく単行本である。ムック本の取材を受けたこともあったが、そのようなものかもしれない。定年後の新生活で成功している人(22軒)を訪ねてまとめるらしい。蕎麦をやっている人のところにもいくとのことだから農業だけではないようだ。実は3か月くらい前に版元から打診があったのだが、ずっと具体的にならなかったため、企画倒れになったのかと思っていたものだ。取材時間も短いし、11月中に全体の原稿をまとめるそうなので、相当あわただしい。本当にできるんだろうかと思ったが、昨日来たライターさんは元新聞記者で、22件のうち半分くらいを担当するそうだから、まあ大丈夫かも。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

秋の一日は(ゆっくりと)過ぎていく

 横浜宅に残っていたカミさんから、「銀杏が売れちゃったから採っておいて」という指示があり、今朝は起きたらすぐ借り畑に行き、今年最後の獲物が来たと騒いでいる蚊に襲われながら這いつくばってバケツ2杯半ほど採った。この後の作業はカミさんがやるんだが、正味はバケツ半分くらいだろうか。そのあとは、戻って管理機を引っ張り出し借り畑でにんにくの植え付け。いつも貧弱なものしか穫れないので、今年は米ぬかと肥料をたっぷりやっておくことにした。

 そんなことをやっているうちに、アクアライン経由のバスでやってくるカミさんを迎えに市原鶴舞バスターミナルに出かけた。もちろん、先日緑に盗られた田舎ポータルを通りがかるので奪還した。

 という感じで、秋は何となくほっとする時間が流れていく。もちろん、日曜からずっと teclast X98 Pro は暇さえあれば触っており、ようやく手になじんできたように感じる。android の方で問題だった電池消費はいろいろなアプリを設定で抑え込み、一応何とか落ち着いてきた。android のCHROMEで、検索結果が中国版になる不具合も、いつの間にか解消している。windowsの方も、キーボードや日本語入力の調整も終わり、使えるようになってきた。あとはSDカードを2パーティションにして、一番目をwindowsの内部記憶にして、そこにクラウドのバックアップを入れるようにすれば実用になる。この記事は新windowsで書いているが、今までのテキストや写真などは OneDrive に入っているので、これが使えないときわめて不便なのである。

1013marshmallow.jpg

 ところで、デュアルブートタブレットの陰に入った感があるが、nexus 5 に android6.0が降りてきた。一見地味なバージョンアップだが、電池消費抑制などの実質的な改善があったようで、これも楽しみなのである。さて、明日は農夫に戻って芋掘りだな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

暑さをしのぐ(人間編)

 ここに住みはじめてから7年目、今年の暑さはどうも最高だといってよさそうだ。例年だと、昼でも家に入れば田んぼを渡ってくる風で涼しく感じたものだったが、今年はそうはいかない。使ったことがない古いエアコンはあるけれど、扇風機をつけてなんとかしのいでいる。夕方になると、さすがに周りの森から冷気が降りてきてホッとするけれど、先週は一度ガラスを開けて網戸だけにして寝たこともあった。

0804つるんつるん1.JPG

 そんな状況だから、先週はほとんど休養状態。土曜日は30分ほど走ったところにある勝浦つるんつるん温泉に避難した。これまで何回か行ったことはあるが、それほど有名な温泉というわけではないけれど、千葉県では唯一「名湯百選」に入っているらしい。黒湯だが、確かに入ってみるとツルンツルンとする感じがある。我々は昼前に出かけ、とりあえず温泉に入ったあと大広間に席を取り昼食にした。大広間はお年寄りたちに占領され、カラオケが鳴りやまない状態。それにしてもみんなうまいから常連さんたちなのだろう。

0804つるんつるん2.JPG

 お昼を食べたあとは、座布団を敷き並べて横になる。と、当然昼寝が始まる。1時間ほど眠っただろうか、2時半には送迎バスが出るようで、周囲ではざわざわと支度をする音や足音が聞こえる。少し静かになったと思ったら、今度は家族連れがどんどん入ってくる。どうやら勝浦・御宿などで海水浴を楽しんだ人たちが帰りに寄っているらしい。ただ、食事を出すのは14時までのようで、おなかをすかした人たちは玄関で売っているキュウリやアイスを食べて何とかしのいでいたらしい。
 いくら暑くても我々には仕事がある。そう、ハウスの中の野菜に水をやらねばならない。ということで、16時過ぎにはエアコンの効いたツルンツルン温泉をあとにして農園に戻った。ときどきはこういう休養も必要だ。
 

ツルンツルン温泉公式サイト


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

雑誌に載りました

0702田舎暮らし1.jpg

 ちょっと前に取材を受けていましたが、本が送られてきました。田舎暮らしの本(宝島社刊)8月号です。この本は、サラリーマン時代に先輩が定期購読していて、読み終わったものを読んでいたのですが、当時は田舎暮らし物件情報誌そのものという感じだったものが、今回読んでみると田舎暮らしそのものを色々紹介するというように幅が広がった感じがしました。それで、「定年後移住のコツ」という特集の中で2ページで取り上げられていました。

0702田舎暮らし2.jpg

 最近は、私どもが田舎暮らしに飛び込んだ6年半前と少し雰囲気が変わってきたように思っています、ちょっと下火になったような感じ。団塊の世代の中心が65歳前後になってきたこと、65歳まで雇用するという方向への変化などがその原因でしょう。実は、65歳位になってから大きく生活の枠を変えるのはちょっと難しいと思っています。それなので、50歳位から準備を始めたら、というメッセージを入れてもらいました。しかし、定年後の田舎暮らしは実に楽しいです。私についていえば、組織に浸かって過ごしていた以前とは異なり、自分で全て考えて決める毎日は充実していますね。挑戦する方々が増えるといいんですが。
 内容は今までのものとあまり変わらないかなあ、同じような説明をしてそれをまとめているから当然だろうか。明日7月3日に書店に並ぶようです。それほど数が出ているとも思えないから大きな書店だけかもしれません、ついでがあったらみてください。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

身近な釣り場(実践編)

0427アブラハヤ1.jpg

 少し前に、うちの竹藪のちょっと下流が釣り場になりそう、という記事を書いた。この週末に、サラリーマン時代の仕事仲間一家が来たのだが、昔から釣りが好きな人達なので実際にやってもらった。
 釣り竿・仕掛け類は弟が揃えてくれたのだが、その中には練り餌の袋も入っており、最初はコレを利用。しかし、ずいぶん練ったにも関わらずあまり小さくならない。アブラハヤの大群が突きに来るのだが、舐める程度でなかなか針掛かりしない。そのうちに餌が落ちてしまう。そんな状況で、昼前の1時間程度で6匹程度という釣果。
 午前中1度だけだったが、河原の石をめくって虫を探し出してそれをツケたところ、大きな反応があってすぐに餌を取られたということがあった。なので昼食を終えたあと、ミミズを掘ってそれで釣ってみたらという提案をしてみた。午後、私は参戦しなかったが、2人で実質1時間程度で15匹程度の釣果。まあまあ満足できる結果だったらしい。
 アブラハヤにはそれほど大きなものはおらず、食べられるシロモノではないため、釣れたら池に入れるくらいのものだが、一応釣りになることはわかった。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

身近な釣り場

 この前、息子&孫と釣りに行った話は書いたが、農場のそばで手軽に釣れる場所が見つかったので書いておこう。
 今日の昼前、山菜を採りに国有林に入る林道に行った。この林道の途中に川を越える橋があるのだが、この橋の200mほど上流はうちの竹やぶになっている。その橋を通りがかると、一人の老人(私も老人だが)が釣りをやっている。この場所自体に魚がいることは既知であり、孫や甥のところの子供が来た時などセルビンを沈めてとったりしていたが、まさか釣りで取れるとは思っていなかったから、釣りになりますか? と声をかけた。
 そばにおいてあるバケツを見ると、10cmをちょっと越えるくらいのアブラハヤが10数匹入っていた。セルビンでは数センチサイズしかとったことがなかったので、釣りになるようなものとは思ったことがなかった。このおじいさんは、細い渓流ザオに小さな浮きをつけたシンプルな仕掛け、川魚用の練り餌で釣っていた。このあたりの道具類はさっそく用意しておこう。
 ところで、今日はスマートフォンの調子が悪く、とったはずの写真が見つからない。いよいよ電池がダメになってきたようだ。先週、アリババで購入したNEXUS5の交換電池(本物?)が届いたので、工具も注文してある。今週後半に電池交換をする予定だ。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

房総のローカル鉄道:久留里線

 千葉県は、首都の隣に位置するにも関わらず公共交通機関が貧弱なところである。私の農場も、最寄りの鉄道駅まで10Kmほどあり、2番めに近いところまでは12Km、そのいずれまでもバスの便すらない。今回横浜からはいつもと違うルートでやってきた。このルートだと久留里線の終点である上総亀山駅の傍を通るのだ。ここまで農場からは21Km、列車+出迎えルートには何とか使えそうと考えているが、まだ実施はしていない。
 ところで、このルートをたどってきたには理由があった。房総半島の真ん中にあるこの駅は(ingressの拠点)ポータルになっており、ここのキーを持っていると海辺のポータルからリンクを張れる可能性があるのだ。ハックしたついでに調べてみたら、鴨川のローソンまでリンクでき、ポイントを稼ぐことができた。という具合に農閑期の隙をイングレスがずいぶん埋めている。


0206上総亀山.jpg


 駅の先はここで線路が途絶えている。本来ならば大多喜を経由して外房の大原まで繋ぐはずだったらしいのだが、諸般の事情でここで止まってしまったらしい。のちに上総中野から大原までは木原線(JR時代)として開通し、その後いすみ鉄道となっているが、結局上総亀山から上総中野までは鉄道がない地域になってしまった。もしできていれば農場のあたりも少しは変わっていただろうか。とはいうものの、千葉では鉄道は全くあてにされていない。高校の通学に使う以外、一体誰が乗っているのだろうという感じだ。久留里線が予定通りできていたとしても、閑古鳥だったに違いない。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

モミガラ舗装

 今週は横浜でいろいろ用があったため、今日農場にやってきた。雨も降っていたからいまやろうとしている土をいじる仕事もやりづらいし、ちょうどいい休みだった。お陰でイン活(ingressをやること)は進んだが、それは別項にしよう。

0123モミガラ舗装前.jpg

 それで、今日の仕事は農場内の滑り止め対策だ。先週、カミさんがスッテンコロリンと転んだが、どうやら肋骨にヒビが入ったようで痛いらしい。滑るから気をつけて歩くようにと注意した直後のことだったから、注意などは効果が無いらしい。まあ、粘土質の土である上に、霜・霜柱ができて陽に溶けるので、たしかに危険な状態になる。ということで、今日やってきて最初の仕事はスッテンコロリン対策だった。いくつか方法は考えていたが、結局モミガラを撒くことにした。一番危なくて、時には運搬車のクローラですら滑ることがある上の畑へのスロープを中心に撒いたが、なかなか具合が良さそうだ。

0123モミガラ舗装後.jpg

 一段落したあとは、先週作った燻炭を燻炭ボックスに入れて新しく燻炭を作り始めた。今週は止まっている境界柵には取り掛かれそうもないため、もう少しモミガラを貰いに行こうと考えている。軽トラ3杯貰ってきたモミガラも残り少なくなってきたし。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

会所農場10大ニュース 2014年を振り返る

 大晦日だからこの一年を振り返ろうと、まず考えたのはBLOG記事をざっと読もうということだった。せっかくだから新しいlivedoorの機能で電子ブック(EPUB形式)を書き出してみようと始めたが、これが簡単には進まない。ファイルの書き出しについては問題がないのだが、これを読めるソフトは今まで使ったことがなかったので探すのだが、なかなか適当なものが見つからない。結局windowsでは適当なソフトが見つかっておらず、androidのgoogleブックリーダーで読むことができている。またgoogle依存度が上がってしまった。nexus9は、画面が大きく精細度が高いこともあって、結構快適に読むことができる。と、本題ではない話が長くなってしまった。
 それで、1年分のBLOG記事を斜め読みして、今年の10大出来事をピックアップしてみたら次の通り。
 
2月大雪


(1) 大雪(2月)
 私は、ハウスを護るために農場にいたが、数十年ぶりの大雪はすごかった。1時間半おきに下からトントンと叩いて雪を落として何とか無事だったが、停電に加えて電話(通信)が止まり、陸の孤島になってしまった。

(2) 農民車交代
 アメリカから帰国した娘夫婦に前のプリウスαを譲り、フィールダーハイブリッドに交換。最近運転技術が低下したので、幅の狭い車に替えたかったのが本音だ。
 
(3) 乗用管理機(トラクター)交代
 農業用の機械(メイン)も交代した。前のウルトラポチはまだ使えたが、うちの湿田に適したアグリカという機械の中古の出物があったためだ。
 
(4) 天井裏にケモノ
 サルにかぼちゃをやられたが、畑や田んぼの被害は例年発生している。今年は天井裏にアライグマかハクビシンが住み着いた。業者に依頼して何とか駆除。
 
(5) ビニールハウス2号棟建設
 ハウスの有用性を確認したので、2棟目を建設した。出来栄えを見たご近所さんから、ハウス3棟の建設依頼も舞い込んだ。
 
(6) 水源地のダムを作り替えた
 以前からの懸案事項だったダムの改修を行った。イノシシにひどく壊され、ちょっとの手直しでは復旧不可能となったため、作り替えた。
 
(7) 溶液栽培に挑戦
 1号ハウスの中に溶液栽培の実験プラントを設置し、トマトときゅうりの試験栽培を行った。出来栄え(見栄え)はいいが、食味がもうちょっと。虫や病気の問題がありそうで、来年は、本格実施ではなく拡大試験栽培を行うつもり。
 
(8) 雑誌「野菜だより(2015/1)」に記事掲載
 雑誌には結構毎年載っています。家庭菜園をされている皆さんを対象とした雑誌に載りました。ライターさんのご要望により、経済面の話題も提供しました。

(9) ふるさとネットワークに連載記事
 田舎暮らし不動産情報誌に1年間の掲載を依頼され、田舎暮らしのあれこれをまとめて記事(12本)にしました。粗点に並ぶ本ではないので、BLOGに転載しています。

(10) FM東京ホンダスマイルミッションに出る
 全国の頑張っている人にインタビューして回るという番組に取り上げられました。カメラマンの甥がこの番組に加わっていることもあって引っかかったもの、ラジオは初めてでした。
 
 という具合で、6年目を迎えていろいろな施設などを更新・追加する必要が出ている状況が浮かび上がります。定年帰農という動きもちょっと山を越した感があるのですが、相変わらずマスコミなどには登場しています。さて、来年はどうなるでしょう。
 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

大多喜町の将来は

3814b9f6.jpg


 毎月配布される「広報おおたき」の12月号を読んでいたら、町の人口がついに一万人を切っていることに気づいた。転出入はほぼ同数(10月)だが、出生5名に比べ死亡22名が多かったための減である。私がやってきた6年前は一万一千人ほどだったから、6年で1割ほど減ったわけだ。この号には総元小と上瀑(かみたき)小が廃校となるということも書かれており、もともとからの町民の皆さんには寂しい号になっている。私はここに片足を突っ込んで6年、自然に包まれながら近所の人たちとの交流を重ねて、すっかり馴染んでいるから、最近話題になった消滅自治体にならないでいて欲しいと願ってしまう。
 もちろん、そんな場所はここだけではなく全国にたくさんあるはずだ。すくなくとも仕事に縛られなくなったら、町を離れて野に乗り出そうじゃないか。野を耕して自分が食う分ぐらいは作り、たまには狩人になって肉も獲ろう。


 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

借り畑の風景

5bdeac14.jpg


 入植2年目に使ってくれといわれ、それからだから5年もここの畑を利用している。ここで畑をやっていたおばあちゃん(といってもそれほど歳は変わらなかった)が急に亡くなり、息子さんは勤め人だからやらないということで依頼があったのだが、1反歩弱のうちの畑ではなかなかやれない作物をここで作らせてもらっている。例えばうちにしては作付け面積の多いイモ類とか大豆などだ。面倒をみる頻度が少ないもの、収穫もまとめてできるものというものでもある。
 向こうに太陽光発電を載せた家が見えるが、そこが敷地のほぼ中央で、うちは手前側の大部分(約1反歩)を借りている。家の向こうには3反歩くらいの畑があるが、とてもそこまでは手が回らず、地主さんが草を伸ばさないためにトラクターでときどき刈る程度、休耕中である。手前には大きな公孫樹の樹があるが、毎年大量のギンナンを落としてくれる。これは私の格好のおやつになる。
 当初は主要な畑を電気柵で囲っていたが、延長150m以上となり草刈りなどの管理が行き届かず、有効な電圧を確保しづらいため、今はやられそうな作物の周りを囲うというやり方に変更している。地主さんが外周の柵(パレット利用)をメンテしてくれており、昨年今年とも目立った被害は出ていない。
 今日は真ん中の畑と向こうの畑の左側部分を耕耘した(茶色い土が見えている部分)。小麦と大麦のタネを貰ったので、この冬はその2枚の畑で栽培する予定だ。実は麦を作るのは初めてで、ちょっと楽しみにしている。特に大麦は今のはやりらしいが、私は呑まないのでアルコール類を作る予定はない。
 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

 

ふるやのもり

 朝起きたらかなり雨が降っている音がしていたので、エイヤッと起きて門の外に出て、山から来ている水を側溝に流すようにした。せっかく播いた種が水没してしまったら困るのだが、田んぼだから外からの水がなくても水は溜まってしまう。控えめに降ってほしいものだ。

e7e23743.jpg


 家に戻って空腹を満たそうと台所に入ったら、床一面に水が溜まっている。1週間ほど前から雨漏りには気付いていたが、風の向きなのか雨が強いのか、これまでにない漏れ具合である。点検口を開けて覗いたら、屋根裏から水がしたたり落ちていたので、バケツを2杯並べて応急措置を行った。思わず「ふるやのもり」という昔話を思い出してしまった。

f205e5e0.jpg


 この家は昭和27(1952)年に建てられたものだが、昭和61(1986)年に和室を1室と台所や水回りを増築したらしい。今回の漏水個所はそのつなぎ目の部分らしいと推測された。最初と増築は違う大工さんの手になるものだが、どちらも農場のある会所地区の方である。増築の方の大工さんは私と同世代の人だが、連絡したらすぐにやってきてくれた。自分の仕事だから原因はすぐに見つけてくれて、どうやら新旧両方の屋根の谷間に張ってある銅板が腐食して穴が開いており、そこがあやしいとのこと。用意していたルーフィングの切れ端をカッターで切ってその部分に差し込み、応急修理完了。板金屋に頼んでちゃんとした金物を作ってもらい、後日直してもらうことになった。古い家は色々不具合も出てくるな。
 
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

意外にウマいマクワウリ

55f3f7e5.jpg


 今年のハウスの中ではマクワウリが大豊作、今週は40個ほど穫れている。穫れはじめのころ食べて、デジャブ-感に浸っていたのだが、今日食べたものは少し印象が違っていた。盛りになってきたこともあるんだろうが、今日食べたものはオシリにひびが入ったもの、直売所ではちょっと売りづらいかなというものだった。

b7db93ee.jpg


 これがなかなかおいしい。今の甘いメロンとはちょっと違うが、さっぱりしたといえばいいのだろうか、いい感じの甘さなのである。もう一つのプリンスメロンはツルからポロリと取れたときに収穫しているが、完熟で収穫して食べることができるのは素晴らしいとあらためて思う。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

今年の梅仕事

b81d225b.jpg


 先週、雨に見舞われた水曜日に梅干しと梅ジュースを作った。(といっても、実際に作ったのはカミさんだが) どちらも梅の重量で4Kg位、昨年はご近所さんに収穫済みの梅を大量にいただき、たしか40~50Kgほど作ったのだが、今年は常識的な量になった。

32a76cfe.jpg


 梅は、例によってうちの梅にはほとんどならないので、いつも農業機械で世話になっているKさんのご厚意で採らせてもらった。そろそろうちの梅も剪定して、ちゃんとなるようにしたいものだ。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

定年帰農その4:田舎暮らしの醍醐味の一つ:米作り

以前執筆依頼があったということで紹介した連載コラムについては、1~3回目のものを当BLOGの記事にしてきました。ここでは6月号分を掲載します。

以下月刊ふるさとネットワーク2014/06からの転載

タイトル:定年帰農生活はまるでテーマパーク
4:田舎暮らしの醍醐味の一つ:米作り

b99618f6.jpg


 農的生活に無縁の私をこの世界に引込んだのは、私と正反対で農的生活指向の家内が屋上田んぼで作っていた古代米でした。水だけでコメを作るイネの不思議さは心惹かれるものだったのです。だから定年を前にして探し始めた田舎暮らし物件の重要要件としてコメ作り適地を入れました。しかし、不動産市場には農地(特に田んぼ)の売り物はなかなか出ないようで、簡単には見つかりませんでした。
 関東中を探し回り、ようやく今の土地を探し当てるまで何か月もかかりました。ただ昔あったはずの田んぼも、農業と無縁の所有者が持っていた約10年の間に姿を消し、傾斜した草原があるだけでした。山の中で携帯もダメ、ケモノや山蛭もでるし、広くて手に余ると家内は尻込みしましたが、何とか説き伏せて買うことになりました。
 乗り込んだのは2009年2月、さっそく田んぼ作り開始です。土地の測量、断面や平面のスケッチでの検討などを1カ月半位行い、3月末に10日ほどの休暇を取って作業用のバックホーを借りました。12日間の突貫作業で約1反3畝(実質)の棚田が完成したのです。田んぼにとって重要な水も、昔のことを調べて山の絞り水と川からの揚水を復活させOKとなりました。この年穫れたコメは320Kg。山からの水を使い天日で干した無農薬のコメは、なんともうまいものでした。まあ、自分で作ったコメというものはそうなんでしょうけれど。
 実は私は建築屋で一級建築士でもありますが、田んぼは専門外です。サラリーマン時代はゼネコン勤めでしたが、実際に自分の作業でもの作るのはこれが初めて。けれど幸いなことに、インターネットには私のBLOGを含め様々な情報や方法が転がっています。探せば専門家でなくとも大抵のことはできるでしょう。百姓は、何でも自分でやるからきっと百姓なんですよ。


   この記事は田舎暮らしの総合情報誌「月刊ふるさと
   ネットワーク」のコラムとして掲載されたものです。
   この本は、田舎暮らし向け物件を扱う「ふるさと
   情報館」が発行しているもので、全国の物件情報や、
   田舎暮らしに関連する色々な話題が掲載されています。
   将来の田舎暮らしを目指す方には役に立つ情報誌だと
   思います。書店では販売しておらず、年間購読の
   会員誌となっています。下記で無料の見本誌を入手
   できます。
    電話:03-3351-5601(ふるさと情報館・代表)
    HP:http://www.furusato-net.co.jp

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

定年帰農生活はまるでテーマパーク(3)街と田舎を往復する二重生活

以前執筆依頼があったということで紹介した連載コラムについては、一回目のものを当BLOGの記事にしたあと転載を忘れていました。その後、4月号と5月号に掲載され、6月号についてはすでに原稿提出済みです。4月号についてはさきほど記事としてアップしました。5月号の内容を転載します。

以下月刊ふるさとネットワーク2014/05からの転載

タイトル:定年帰農生活はまるでテーマパーク
3:街と田舎を往復する二重生活

de7373ec.jpg


 我々夫婦は、サラリーマン時代から暮らしていた横浜の家と定年後に購入した大多喜町の家付き農地を毎週往復しています。農地は田んぼと畑が2反歩ずつで零細農家ですが、収穫は我々だけで消費しきれませんから、横浜の家の玄関先でご近所の皆さんに販売しています。ミニ直売所ですね。1年半ほど前からは、木更津の農家さんが仲間に加わり、品物の種類と量も充実してきています。
 農業あるいは農的生活をやってみたい方は多いと思いますが、収穫物の処分はかなり重要な課題です。我々は農業従事者になるための町役場との相談の中で、生産物の販売処分の必要性を感じ、入植した年の春から自家直売を始めました。無農薬で作っていることもあってか、幸いなことにご近所の皆さんには好評で、毎週ほぼ完売という状態です。もう5年も続けていますがすっかり定着した感があります。
 最近ではコメ・野菜だけでなく、梅の実の時期には梅干し用・梅酒梅ジュース用として販売したり、大豆の収穫後には味噌用として販売し、作り方もお教えするといったこともやっています。都会の皆さんは(我々もちょっと前まではその一員でしたが)、自分で作るよりは買ってしまうことが多いものですが、自分自身で作ってみることの楽しさをお伝えしているのです。特に味噌はとてもおいしいものが出来上がるため、翌年にはほとんどの方が作る量を増やすようです。
 そんな感じで、都会の中に田舎の生活の良さとか楽しさ、また自然の産物を伝えるというようなことをやっています。横浜の家には50年以上住んでいますが、サラリーマンでしたから家内とは違いご近所との交流がほとんどありませんでした。直売所を通じて知り合いがずいぶん増えました。これも実は大きな収穫です。


   この記事は田舎暮らしの総合情報誌「月刊ふるさと
   ネットワーク」のコラムとして掲載されたものです。
   この本は、田舎暮らし向け物件を扱う「ふるさと
   情報館」が発行しているもので、全国の物件情報や、
   田舎暮らしに関連する色々な話題が掲載されています。
   将来の田舎暮らしを目指す方には役に立つ情報誌だと
   思います。書店では販売しておらず、年間購読の
   会員誌となっています。下記で無料の見本誌を入手
   できます。
    電話:03-3351-5601(ふるさと情報館・代表)
    HP:http://www.furusato-net.co.jp

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

定年帰農生活はまるでテーマパーク(2)田舎を作ろう

以前執筆依頼があったということで紹介した連載コラムについては、一回目のものを当BLOGの記事にしたあと転載を忘れていました。その後、4月号と5月号に掲載され、6月号についてはすでに原稿提出済みですが、4月号の内容を転載します。

以下 月刊ふるさとネットワーク2014/04 からの転載
2:田舎を作ろう

62e42e2c.jpg


 私の父は公務員でしたから、2年に一度以上の頻度で転勤があり全国を移り住みました。ですが、毎年夏休みに行くところは兵庫県の父の田舎に決まっていました。瀬戸内海沿岸の町からバスで一時間ほど入った山の中ですから、山間に田んぼがあり川も流れて神社の森ではセミやカブトムシがいくらでも獲れるという、子供にとってはどれだけ逗留しても遊びには不自由しないような場所でした。サラリーマンになってからその田舎とはすっかり疎遠になっていましたが、定年を迎えるころになって田舎暮らしを始めようと思った背景には、そうした子供のころの記憶があったわけです。
 適当な場所を探し始めてから数か月、毎週末のように色々な物件を見て回りましたが、心のどこかでは子供のころの田舎暮らしの再現を求める気持ちがやはりあったようで、ついに今の場所を見つけました。少々不自由な場所ではありましたが、森の中にある敷地には昔風の家があり、少々手間をかければ田んぼも畑もできそうでしたが、何よりのことに裏山と川まで揃っていました。
 それから5年が経ち、田んぼでは毎年コメが穫れ、畑にはいろいろな野菜が育ち、生き物たちも住み着くようなところになりました。もちろん子供や孫、兄弟や甥姪たちとその家族などが田舎として四季折々に訪れるようになっています。60歳を過ぎた爺さんでももちろん田舎暮らしは楽しみが多く、先月号で紹介したカエルの大騒ぎがあったり、1年前には怪我をしたフクロウを保護して元気にして山に帰したりといったこともありました。そうした自然との関わりがいつも起きています。つくづく第二の人生をこのような形にしてよかったと思っています。

   この記事は田舎暮らしの総合情報誌「月刊ふるさと
   ネットワーク」のコラムとして掲載されたものです。
   この本は、田舎暮らし向け物件を扱う「ふるさと
   情報館」が発行しているもので、全国の物件情報や、
   田舎暮らしに関連する色々な話題が掲載されています。
   将来の田舎暮らしを目指す方には役に立つ情報誌だと
   思います。書店では販売しておらず、年間購読の
   会員誌となっています。下記で無料の見本誌を入手
   できます。
    電話:03-3351-5601(ふるさと情報館・代表)
    HP:http://www.furusato-net.co.jp

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ゴールデンウィーク終了

 毎日・毎週がGWの我々にはあまり実感がないのだが、キセルのような今年のゴールデンウィークは終了した。我々は無関係でも、周囲にいる人たちにとっては大事な休暇であり、毎年訪ねてくれるグループもある。今年は、後半に弟たちや甥一家などの身内と、以前の仕事仲間一家が来てくれ、特に4日(日)は双方のグループが重なるという賑やかな日となった。

7ee94892.jpg


4b25231a.jpg

  竹藪も川も、2月の雪のため荒れている

 昼間は大人たちタケノコ掘りで子供は川遊び、それが終わるとお決まりのBBQで、かなり密度の濃い休日となったのだった。一応「みんなの田舎」作りが重要なコンセプトの一つだから、こういう休みは実にうれしい。集まった子供たちは瞬間的に仲良しとなり、夜中まで大騒ぎだったが、こういう経験も大事だろう。次は夏休みかな。

af925007.jpg

  これまでの場所から、新設のウッドデッキに場所を替えてBBQ

a8530a56.jpg

  この日のためにとっておいたシカ肉、燻製になった
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

山の春はいろいろ

debfff44.jpg


 春の山ではいろいろなものが採れる。ワラビやタケノコ、タラの芽や山ウドの新芽、それにシイタケなど。特にシイタケは当たり年のようで、量・期間ともに例年を上回っていると思う。家の裏に置いてあるホダ木からは、こんな大きなものまで採れた。大きければいいというものではないが、雨のためにチェックしなかったらこんなになってしまった。それじゃ山の置き場にも行ってみようと見に行ったら、そちらは小さなものが数個、本当に環境によってずいぶん違うのである。

a93d9325.jpg


 食べ物以外の見どころもたくさんある。まずはこれ、エビネである。うちの山にも咲いているが、これは敷地外。ちょっと場所を書くわけにはいかないけれど。探せばいろいろなところにありそうだ。
 
ef2357cf.jpg


 こんなものも咲いている。クマガイソウという日本では最も大きな花を咲かせる蘭だ。ここに来るまで存在すら知らなかったもの。こんなものを毎春見ることができるというだけでもなんだかうれしくなる。こんな具合だから、山に入ってする仕事なども全く飽きずに楽しくできる。
 
0fa5ff5d.jpg

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

上総亀山ルート

 大多喜町の最南部にあるうちの農場へのアクセスはすこぶる悪い。京浜地区からアクアライン経由となる自動車はまだいいが、公共交通機関となると、もう悲劇的としか言いようがない。電車の場合、最も近いのは安房小湊(外房線)で約8.5Km、次は養老渓谷(小湊鐡道)約13Km。鉄道が少ない房総の重要な交通手段であるバスは全く縁がない。
 今週は、私のみ月曜に農場に戻ってきて、カミさんは今日横浜からやってきた。横浜発茂原行のアクアラインバスで市原鶴舞BTに来る予定で、私が車で45分ほどのバスターミナルに迎えに行くことになっていた。ところが、バスに時間が変わったらしく、そのバスに乗り遅れてしまったらしい。次のバスは3時間ほどあとで道にもならないため、急きょ運行数の多い横浜発木更津駅行に乗ることになった。

b3f07c65.jpg


 私は結局1時間強かかる木更津駅まで迎えに行くことになったのだが、早くついて待っていたカミさんが駅内をうろうろしてリサーチした結果、久留里線上総亀山まで行くのがいいんじゃないかという話をしてきた。のんびり走る久留里線だから2時間くらいかかるかと思ったのだが、実際には1時間10分しかかからない。それに、上総亀山駅から農場までは20Km25分しかかからない。トータルではちょっと時間がかかるのだが、横浜からの交通手段としてはなかなかいいぞ、ということになった。
 私もアクアラインバスやローカル線的雰囲気の久留里線にぜひ乗ってみたいと思うけれど、いつも運転手でありその希望はなかなか叶えられることはない。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

川の惨状

f1c12832.jpg


 タケノコの季節になったので竹藪に降りていった。先日の雪のあと初めてだったが、竹藪も川も荒れていた。何本もの丈が通路をふさぎ、川には両側から竹や木が倒れ込み、ちょうどうちの前の川はせき止められて淵になってしまっていた。

c3de0914.jpg


 竹藪はもともと結構荒れていたが、そこに前からあったポンプ小屋はだいぶ傾いており、これは何とかしないといけない状況。皮に沈めてある水中ポンプの出番も間もなくやってくるが、それへのケーブルとスイッチがこの小屋に付けてある。そろそろ山蛭が出る時期だが、どこかでちゃんとしないといけない。

6598c566.jpg


大事なことを書き忘れるところだった。タケノコは、カミさんが3本掘った。私は鋸を持って倒れた竹や木を伐る係。まあ、元からタケノコ掘りは得意ではない。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

定年帰農生活はまるでテーマパーク(1)春の訪れ

前に、連載コラムの執筆を依頼されたと書いたことがありました。その一回目が発行されたので、ここでもアップしてみます。

16e16b11.jpg


以下転載
タイトル:春の訪れ
 私の農場は山の中ですから、色々な形で春の兆しがやってきます。中でも一番早いものはカエルの産卵です。ここで農業を始めてから5年が経過しましたが、まだ田んぼを作っていなかった最初の年をのぞくと、早いときで1/23(2010年)、遅い方では2/26(2011年2回目)に起こっています。まだ春には早すぎる時期ですが。
 いったいどういうものかというと、大体夕方くらいからですが、外でニワトリのような鳴き声が始まります。玄関を開けて外に出るとあたり一面にカエルが並んでおり、田んぼの方からは大合唱が聞こえてきます。まるで養鶏場のような騒ぎです。そのカエルはヤマアカガエルで、普段から山の中などで生活しており、冬になると当然冬眠に入ります。それが、ちょっと暖かい日だったり雨が降ったりすると一斉に這い出してきて、田んぼの中で繁殖行動を行うのです。始まりから収まるまでは大体一日半くらいでしょうか。終わるとカエルたちは再び土の中に潜って二度目の冬眠に入り、あたりには静寂が戻ります。他の種類のカエルたちはずっと後に産卵しますが、うまく時期がずれるようになっているようです。
 ヤマアカガエルが産卵する冬の間は雨が少なめですから、沢水を通年引いているうちの田んぼでは干上がることも当たり前のようにあります。親たちはそんなことお構いなしで冬眠していますから、乾いた田んぼから卵をすくい出して水のある田んぼや池に移すのは私の役目になります。そんなことを4年もやっていますので、うちの田んぼはカエルだけでなく生き物の楽園状態になっています。もちろん、そんな田んぼに農薬は撒けません。ですからおいしいコメというご褒美が秋にはやってきます。自分でコメを作るというのは。田舎暮らしの中でも最高の楽しみかもしれません。

   この記事は田舎暮らしの総合情報誌「月刊ふるさと
   ネットワーク」のコラムとして掲載されたものです。
   この本は、田舎暮らし向け物件を扱う「ふるさと
   情報館」が発行しているもので、全国の物件情報や、
   田舎暮らしに関連する色々な話題が掲載されています。
   将来の田舎暮らしを目指す方には役に立つ情報誌だと
   思います。書店では販売しておらず、年間購読の
   会員誌となっています。下記で無料の見本誌を入手
   できます。
    電話:03-3351-5601(ふるさと情報館・代表)
    HP:http://www.furusato-net.co.jp

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。
プロフィール

房総で百姓やってる...

アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    月別アーカイブ
    • ライブドアブログ