定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

会所歳時記

今年のスイカ

0823スイカ2

 収穫した今月上旬にも記事にしたが、カミさんが特にかわいがっていたスイカは、お盆休みに一族が集まったときにみんなで食べる予定だったが、天気が悪かったことや果物が色々あったため切りそびれてしまった。

0823スイカ3

 スイカはやはり暑くないと食べる気にならないが、ここへ来てようやく条件が整い、ついに切る運びとなった。
 少々空洞はあったけれど、甘くてうまい。これなら合格である。結局娘のところと息子のところに分けた。カミさんは、来年は一株ではなくもう少し作ると言っている。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

今年のヤマユリ

0722ヤマユリ00

0722ヤマユリ01

 畑に水を撒いている間にヤマユリが終盤になってしまった。今年のピークは先週末から今週に掛けてだったと思う(7月中頃、例年より少し早めか)。ヤマユリについては、交配作業から種取りをしてそれを蒔くなど、色々やってきているけれど、そうしたことに簡単には応えてくれない。結局、自然にあちこちに増えてきていて、家の中からみてもアチラコチラに咲いているという状況になっている。カミさんは、あまり草を刈らないから育ってきたんじゃないかという指摘をしているが、種から始めて花を咲かせるまでには4~5年かかるというから、それも事実に近いかもしれない。

0722初夏の花

 庭のヤマユリが一番集中しているエリアには、カンゾウやギボウシも花を咲かせており、なかなかいい感じだ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

今年もヤマユリが咲き始めた

0712ヤマユリ1

 7月の今頃、ヤマユリが咲き始める。今年も咲き始めた。いつもだと目の前のモミジの下の大きな株が最初に咲くのだが、今年は田んぼ側の庭の2株が先に咲いた。いつの間にかユリの数は増えているので、これから順次咲いていくことになる。ただ、モミジ下の株は4本のうち2本がシンクイムシにやられて折れてしまったので、例年ほどではないようだ。

0712ヤマユリ2

モミジ下のヤマユリももうすぐだ
0712ヤマユリ3


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

梅雨は明けたか

 毎年今の時期になると、夕方周りの山で「ヒメハルゼミ」が一斉に鳴き出す。森中が蝉の声であふれるのだ。そしてこれは梅雨明けを告げる自然のサインだと考えている。日本全体でみると、九州・中国地方などで大雨が降って大勢の方が被害を被っておられるが、ここ大多喜町会所では今週水曜日くらいからヒメハルゼミが鳴いており、梅雨明けがやってきている、と毎年の結果から断言してもいいと思う。

0708ホダ木1

 それにしても今日は暑かった。午前中、懸案だったホダ木の置き場への移動や草刈りを済ませ、午後は珍しくカミさんもミコシをあげて大多喜まで買い物に出かけた。そろそろ真夏シフトにして、毎日の仕事を絞り込んでいくことにしよう。ただ、出かけるのも暑いから昼寝が一番かもしれない。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

農場では春の恵みが色々

0421タケノコ掘り

 南房総なのに少し寒い農場周辺でもようやく春が本番となって、春の恵みが一斉にやってきている。昨日はタケノコを掘った。この数年、竹やぶが荒れている上にイノシシが食べに来ていたので、なかなか我々には回ってこなかったのだが、今年はイノシシが少しおとなしい。今日行ってみたら新しい食べ跡もあったから来てはいるらしいが、いつものように手当たり次第ではないので残っているというわけだ。昨日は希望に応えて生のまま送ったものもあったが、残りを茹でたらちょうど羽釜一杯分。ここに来た当初は一日に2杯位楽に採れたが、それに比べるとかなり減っているようだ。

0421ワラビ採り

 ワラビも順調に採れている。うちの下の畑にワラビ用の自然のままの部分を作ってあるが、年々密度が上がっており、この2年ほどは他に取りに行かなくても直売所の分は間に合うようになっている。さらに、数年前にワラビの根をもらってきて植えた新しい場所にもワラビが出始めている。こういうのはなかなか楽しいことだ。

0421これはなに

 山に行けばゼンマイとかコゴミもあるんじゃないかと思うが、このあたりのものは残念ながら基本的知識が乏しく商品化はできていない。まあ、直売所でもあまり売れないと思うけれど。ただ、こういう春の息吹を都会に持っていくのは重要な仕事だと思っている。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

足跡

 田んぼをキレイにして水が澄むと、田植えまでの間には色々な楽しみがある。まずは水生動物で、この時期はドジョウやメダカが出てはこないかとかなり頻繁に見て回っている。どちらも自然のものではなく私が入れたものだが、メダカはこの冬を越せなかったようなので再投入準備中だ。ドジョウは屋内で飼っているものをそろそろ出そうと考えているが、自力で越冬した個体もいたのを先日確認した。あとは自然発生のアカハライモリ、水生昆虫などもそろそろ出てくるが、いまはなんといってもオタマジャクシの天下だ。最も多いのは、冬の間に冬眠を中断して繁殖活動を行うヤマアカガエルのオタマジャクシだが、最近、シュレーゲルアオガエルも産み始めたようだ。

width="720" height="540" border="0" alt="0415足跡1" hspace="5" class="pict" />


0415足跡2

 足跡もなかなか興味深い。これは一昨日発見したものだが、4本指が残っているところを見ると、どうやらタヌキのものらしい。田んぼを横切り畦際をずっと向こうまで歩いたあとがあった。ちょっと離れた畑にも掘り返したあとがあったが、その犯人はこのタヌキかもしれない。田んぼに残る足跡で多いのはトリで、いつもの年はアオサギがよく来ていたが今年は少なめだ。前は冬の間も水を張っていたからドジョウなどがいて、それを目当てにアオサギがきた。代わりにカラスの足跡が多いように思う。

20110106アオサギ
      これは以前の写真

 今年はいつもより余裕があるようで、いつも今頃はやったことがなかった田んぼの周りの草を刈ったが、この仕事のときは田んぼの観察のチャンスであり、今年も楽しんでいる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

春の訪れいろいろ

0412タケノコ

 先週、相当量の椎茸が穫れてびっくりしたが、これも春の訪れだ。しかし、今週は急降下で、ピークは短いのである。今日はカミさんが竹やぶに降りていってタケノコを掘ってきた。相変わらず小さめだが、4本穫れてイノシシを出し抜いたとご機嫌であった。それにワラビも穫れた。先週初物が穫れているが、今週は量も増えそうだ。今年は春の標しがやってきた。

0412わらび
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。


今年のタケノコ

0407最初のタケノコ

 今年は、意外なことにいろいろなモノの時期が少し遅いようだ。サクラもそうだけれど、このあたりではタケノコが遅い。一昨日、カミさんが竹やぶに様子を見に行ってこんな小さな筍を掘ってきた。どうやら孟宗竹ではなく真竹ではないかと思われる。私はタケノコ目当てではなく、田んぼの配管工事で行ってみたが、イノシシが掘ったあともあるけれど、まだタケノコは本格的に出ていないようだった。まあ、うちの竹やぶはかなり荒れているので、時間が経てば出てくるとも限らないのだが。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

定例:春の前触れ

0223カエルたち1

 昨日、ハウス内でブドウ棚を作っていた時、聞いたことのある鳴き声がした。ハウスの裾に水が溜まっていて、そこにヤマアカガエル(♂)が2ひき入り込んで出られずに鳴いていたらしい。それともう一つ、山の上をトンビの集団が舞っていた。どうやらこれらが前触れの前触れだったらしい。
 夕方買い物から帰ってきたら、いつも車を置く場所に小さなものがいて動いている、相手を探すカエルたちだ。田んぼの方からはカエル集団の声が聞こえてくる、彼らは相手を見つけたカエルたちである。いつもの賑やかな繁殖活動が始まった。

0223カエルたち2

 今年はカエルたちにとってちょっと厳しい状況だ。水が溜まっている部分が少ない。田んぼでいうと2号の東半分くらい。それと上・下の池が産卵可能な場所だ。暗くなってから見に行ったが、どこもカエルの団体が占拠していた。しかし、卵を産むのはいいがかなりの高密度であり、大丈夫なんだろうかという疑問も湧く。池のドジョウが窒息するんじゃないかな。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

蘭?

0215蘭の1

 普段、なかなか山には入る時間がないのだが、シーズンオフには余裕も出てくる。今のところ刈払い機を担いで整備中だが、山の中でこんな葉を見つけた。

0215蘭の2

 葉だけでは判別は難しいが、なんとなく蘭の仲間のような気がして、ネットや山野草図鑑でみたけれど、特定はできない。花が咲かないとわからないかも知れない。山には既知の蘭が何種類か存在しているので、明日見に行ってその状態を確認してみよう。まあ、もともと植物は不得意なのでどこまで推定できるかについては自信がないのだが。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    • ライブドアブログ